ルノーを納得できる査定額で高価買取してもらうなら

外車の買取価格納得度No.1の外車王

※2018年8月〜9月 Fastask調べ 外車の買取価格 納得度第一位 (実査委託先:株式会社ジャストシステム)

lp_btn01

ルノーの買取相場での人気車種

21255アルピーヌアヴァンタイムウインドカジャーカングーカングービボップキャプチャーグランセニックコレオスサフランスポールスパイダーセニックRX-4

ルノーの高価査定・買取は外車王にお任せください!
お客様のルノーの買取は、輸入車・外車買取専門店の外車王にお任せください。ルノーの中古車買取ですが、カングーは安定した人気です。メガーヌやゴルディーニなどの限定車も人気があります。希少車ゆえに、日本車の買取りがメインの業者では見極めが難しいモデルもございますので、価値が分かる輸入車買取専門店で査定をおすすめいたします。

バナー

lp_btn01

ルノーの買い取り価格実績、査定事例

2012年式 ルノー メガーヌ (RB7) 走行距離2.0万km

査定時期:2015年6月

他店の査定価格

240万円

外車王査定価格

270万円

その売却買取額の差は30万円!

1999年式 ルノー クリオスポールV6(フェーズ1) 走行距離5.9万km

査定時期:2015年9月

他店の査定価格

150万円

外車王査定価格

170万円

その売却買取額の差は20万円!

2017年式 ルノー ルーテシア インテンス 走行距離0.5万km

査定時期:2017年8月

他店の査定価格

120万円

外車王査定価格

150万円

その売却買取額の差は30万円!

1988年式 ルノー 4 走行距離9.3万km

査定時期:2017年2月

他店の査定価格

5万円

外車王査定価格

15万円

その売却買取額の差は10万円!

lp_btn01

ルノーを買取査定、売却いただいたお客様の声

東京都 M.N様 2013年式 ルノー メガーヌ RB8
ガレージカレントさんからも大変きれいにのってらっしゃいますね~といただきましたオプションに少しこだわって、ハンドルやシートベルトなど替えてみたのですが、気に入っていただければ大変うれしいです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

千葉県 H.T様 2015年式 ルノー ルーテシア ゼン
大事に乗っていたつもりです。エンジン系のトラブルは一切ないです。納得のいく査定金額でしたので、すぐに決断することができました。ありがとうございました。

神奈川県 清水様 1970年式 アルピーヌ(A110)
8社に査定してもらいましたが、外車王さんが一番高値を付けてくださいました。こちらの希望通りの取引となり、大満足です。ありがとうございました。

広島県 F.T様 2016年式 ルノー トゥウィンゴ インテンス
難しい車種だったと思いますが誠実に対応して頂きました。価格も希望の値段近くになりました。ありがとうございます。

などご紹介しきれないほど、たくさんのお声をいただいております!

lp_btn01

ルノーの買取相場について

フランスを代表する自動車メーカーの一つであるルノー、実用的な大衆車の生産をメインに行いますが、モータースポーツ活動に熱心であるのも同社の特徴です。特にアルピーヌなどのクラシックなモデルでは一部高い価値が残っている車もございます。ただ、大衆車メーカーだけに相場の変動も早いのも特徴です。早めの乗り換えの際はそういったところも考慮する必要があるでしょう。

ルノーを一括査定やディーラー下取りに依頼する前に

重要なのはまず買取査定に出して自分の車の価値を知ることが大切です。ルノーの査定について、下取りや一般買取店ではその価値を査定してもらえず、期待通りの金額にはならないでしょう。特に専門店以外ではなかなかお値段のつかないことも多いです。ルノーの希少性を適正に評価できる、輸入車専門店に依頼をするのが高価査定を狙うのにベストな方法ではないでしょうか。

▼30秒でカンタン入力!無料査定依頼フォーム

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。
No
事業者名
メーカー名(通称)【必須】
車種名(グレード名)【必須】
年式【必須】
走行距離(km)【必須】
お名前【必須】
希望連絡先(TEL)【必須】 ※外車王または提携買取店より、電話またはメールにてご連絡します
e-mail【必須】
住所(都道府県)【必須】
住所(詳細)
備考
※チェックを入れて下の緑ボタンを押してください。

※外車王は、JPUC(日本自動車購入協会)の厳正なる審査を通過し監修認定を受けております

※年式・地域によって外車王の提携買取店からの連絡・査定となります

STEP1査定依頼のお申込

Appraisalstepimage1

メールフォーム、フリーダイヤル、LINEお好きな方法でご依頼ください。お急ぎの場合はお気軽にフリーダイヤル0120-1960-35までお電話ください。

STEP2担当者より連絡

Appraisalstepimage2

お電話またはメールにて、外車王または提携買取店の担当者より連絡いたします。必要に応じておクルマの詳細の確認を行わせていただきます。

STEP3買取額の算出

Appraisalstepimage3

お客様のご希望の場所にて無料出張査定いたします。また、ご来店による査定も大歓迎です。

STEP4売却のご成約

Appraisalstepimage4

買取額にご納得頂ければ、提示した買取金額で買取りをさせていただきます。諸手続きまでサポートいたします。

ルノー買取や売却のポイント

スポーティだけではない、幅広いユーザーにモデルを展開するルノー

ルノーの歴史は1898年のクリスマス・イヴに始まります。そして、1945年、ルノー社はド・ゴール将軍の行政命令によって国有化され、「ルノー公団」として新たなスタートを切ります。その後、1990年に株式会社となり、1996年には完全に民営化されました。1999年に日産自動車との提携したことは記憶に新しいできごとです。

ラリーやF1などのモータースポーツにも参戦し、スポーティなイメージの強いルノー。いまや伝説のドライバーとなりつつある、アイルトン・セナが生涯最後に所属したチームもウィリアムズ・ルノーでした。

現行モデルではルーテシア、キャプチャー、カングー、メガーヌ、コレオスの各モデルが正規輸入されています。

そんなルノーの高額査定・買取のポイントとは?

ルノーは、メガーヌに代表されるスポーティなモデルや、カングーのようなファミリーユースとしても使えるモデルなど、幅広いラインナップとなっています。少量ながらメガーヌ等の限定モデルが日本に輸入されているため、このような限定車は高額査定・買取の際に有利となるはずです。なかでも「ゴルディーニ」モデルは高い人気を誇ります。また、カングーも非常に人気があり、代々乗り継ぐユーザーも多いのが特徴です。ビビッとなボディカラーを纏った限定車など、すぐに完売するケースもあります。多少、走行距離が延びた個体でも、限定車としての希少価値が有利に働くこともあります。

lp_btn01

ルノーは買取相場も安定!ヨーロッパ最大の自動車メーカーの歴史と今

ルノーは、ヨーロッパ最大の自動車メーカーです。ルノーの歴史から現在のラインナップまで、どのような流れで現在に至るのでしょうか。

ヨーロッパ最大の自動車メーカー、ルノー
フランスはパリに住むルイ・ルノーが1898年(明治31年)に創業。3輪車を改造して4輪車に改造したルノーの初期の車がヴォワチュレット。ルノーの1900~1930年頃のクラッシュクカ―はエンジン後部にラジエターを置いたため、フロント部分はラジエターグリルがなく、つるんとした独特な形状をしています。これは、強制式でなくサイフォン式のラジエターを使用していたことからでした。

順調に業績を伸ばしてゆき第1次世界大戦前には、小型大衆車から大型高級車、そして軍用トラックや戦車まで生産する大企業に発展しました。しかし、第2次世界大戦勃発とともにドイツに占領されたフランス。

ルノーの暗黒時代ですね。戦後、ルノーは国営化されルノー公団になりました。その後、1996年に完全民営化され現在に至っています。現社長はカルロス・ゴーン氏で日産の社長も兼任。1999年に日産は業績不振からルノーからの資本を受け入れルノー傘下の会社になったのです。

2016年には、燃費不正問題で業績が悪化した三菱を日産傘下にしていることから三菱もルノー傘下の自動車メーカーになります。第2次世界大戦後に復活し大ヒットさせた4CV。今は大型トラックを手掛ける日野が1953年からノックダウン生産を行い国産乗用車の製造開発のノウハウを学んだのは間違いありません。ルノー4CVは、日野ルノーの車名で販売されタクシーなどに多く使われました。

モータースポーツとルノー
自動車の黎明期からモータースポーツ活動を行ってきたルノー。そんなルノーの名車を紹介しましょう。

■自動車黎明期のレースカー 14CVルノー
自動車黎明期は、まだサーキットもなく公道レースが盛んに行われていました。1902年6月に開催されたパリ~ウイーンレースは、全長1700kmに及ぶ都市間マラソンラリーのレース。35HP最高速度125kmをマークする14CVは、並居る大排気量車をぶち抜き見事に優勝!

■アルピーヌ
アルピーヌは、1956年レーシングドライバーのジャン・レデレが創業者。元々ルノーの販売店を営んでいたことから1973年にはルノー傘下になりました。ヨーロッパ地方で単発的に開催されていたラリーイベントがWRCとなった黎明期の1972年のチャンピオンマシンがルノー・アルピーヌA110。A310やA310V6などのルノー製スーパーカーを製作しています。

■グループBのモンスターカー
WRCが隆盛を極めたのが80年のグループB時代。現在までに続く、ターボ+4WDの源流がそのころ確立されました。アウディ・クアトロターボやランチア・デルタSなどのモンスターハイパワーマシンに対抗するために登場したのがルノー・サンクターボです。FFファミリカ―のエンジンを運転席後ろに搭載して、4WD化したモンスターマシンはマニア垂涎のモデル。

■レッドブル RB9 (搭載エンジン ルノーRS27-2013)
2400ccV8のルノー製F-1エンジンを搭載したレッドブルのRB9は、現在の1600ccV6エンジンにレギュレーション変更されるまで絶頂を極めたエンジンです。セバスチャン・ベッテルを4年連続チャンピオンの座に導いたのはルノー製F-1エンジン抜きには語れないでしょう。

ルノーの現在のラインナップ
ルノーのエントリーカーは、2016年にモデルチェンジされたばかりのトゥインゴ。RR駆動で、軽自動車並みの最少回転半径は驚きモノです。ルーテシアは、フランスで一番売れているコンパクトカー。4ドアでありながら流麗なスタイリング。使い勝手ばかりもてはやされるどこかの国とは違う美意識の高さに脱帽してしまいます。日産・ジュークがベースになっているとか。

カングー2は、ルノーを代表する使い勝手の良い商用車。国産商用車にはないおしゃれ感覚は絶妙です。メガーヌは、ルノーを代表するスポーツハッチバックで、国産車にはなくなってしまった刺激的な走りが期待できます。グラン・セニックは、3列シートのミニバン。フランス生まれのミニバンは、人も荷物もいっぱい積めるのに実にオシャレにです。

実はルノーがダウンサイジングターボの生みの親?
最近よく聞くようになった「ダウンサイジングターボ」という流れですが、簡単にいうと排気量の大きいエンジンを排気量の小さいエンジンにし、その代わりターボチャージャーで加給することで、元の排気量と同等、もしくはそれ以上の性能を得られるように各メーカーが開発している、現在主流のパッケージです。

元々はドイツ系メーカーから生まれた流れ(実際に初めに売り出したのはVW)ですが、ルノーはモータースポーツに深く携わっていたことから、古くからターボチャージャーの開発に取り組んでいたメーカーです。実際に1970年ごろからルマンやF1に参戦し、ルマン制覇やF1ではターボエンジン搭載のマシンで初優勝している実績からも間違いないと言えます。また、有名なルノーのラリーカーであるルノー5ターボ(通称:サンクターボ)にも1.4リットルのターボエンジンが搭載され、ここから市販車に向けて技術がフィードバックされていったことでしょう。

現在のルノーには、トゥインゴ、ルーテシア、キャプチャー、カングー、メガーヌがラインナップしていますが、ほぼ全てのグレードがターボエンジンを搭載しています。特にメガーヌはルノーのフラッグシップモデルとして、FFではニュルブルクリンク最速を常に争っているメーカーです。実際に最速記録は7分54秒36(2014 年当時FF最速)で、その記録はポルシェの先代ボクスターを凌ぐタイムです。ここからも、いかにメガーヌの性能が優れているのかがよくわかります。また、腕さえあれば、ドライバーが慣れていない格上のスポーツカーでさえ楽々にカモれるわけですから、その性能は本当にお見事です。

その結果、メガーヌは市場でも高い水準を維持しており、レッドブルエディション(先代)やRSトロフィーシリーズは生産台数も少なく、リセールにも期待が持てます。メガーヌだけでなく、フランス車らしいおしゃれなデザインと、痛快なハンドリングながら快適な乗り心地が魅力のルノー。是非一度手に入れてみるのはいかがでしょうか。

lp_btn01

外車王は全国展開の外車買取専門店

外車王ではお客様のお車の年式やエリアによって、それを得意とする買取専門店で対応しています。高額査定に定評のあるパートナーと協力させていただくことで、より早く全国どこへでもすぐに対応できる環境が整っております。 ただし、全国にあるからといって同時に数社配信されているような一括査定システムではありません。業者からの鳴り止まない一斉電話に巻き込まれることなく高価査定を獲得できます。また、外車王のサービス規定に準ずる厳しい審査を通過した、優良買取店のみがパートナーとなっておりますのでご安心くださいませ。

ルノー買取査定のQ&A

ルノーの査定は無料ですか?
もちろん無料です。外車王の査定では、ルノーの日本全国へ出張査定・店頭査定などすべて無料で実施させていただいております。
ルノーの買取手続きにかかる費用は無料ですか?
無料で対応させていただいております。名義変更手数料、その他の手続きもすべて無料です。
ルノーの購入時のローンが残っていますが対応可能ですか?
ご相談可能ですのでご安心ください。クレジット会社への確認や所有権解除など、お気軽にお申し付けください。また、残債ローンもご用意しております。
ルノーは大切に乗ってきたクルマです。大事に乗ってきたのですがプラス査定になりますか?
お車をどれだけ大切にされていたかは大きなポイントになります。次のオーナーさまにアピールをしたいので、ぜひ詳細を教えていただけますと幸いです。