ランチア
高く売却・買取

あなたは愛車ランチアの買取り価格に満足していますか?

ランチアは高価買取が期待できる外車王へ。ランチアを一躍有名にしたのがラリーレースで、培われた確かな自動車技術が脈々と受け継がれています。

現在のところ、ランチアの正規輸入は行われていないため、並行輸入などで手に入れるのがメインです。そのため、中古車買取の需要は大変に高いです。そんな中古車買取の中でも、人気車種がデルタ、続いてテーマ、デドラが代表的です。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ランチアの買取や売却のポイント

ランチアはフェラーリやマセラティ同様にイタリアのメーカーで、デルタが日本では一番有名な車種としてあげられます。マニアックな車種であるため、デルタのほかにも、イプシロン、テドラなど聞いたことがないような車名のモデルも日本でファンがいます。20年以上昔の旧型デルタであってもいまだに100万円以上で取引きされているので、売却の際もある程度金額に期待が持てる車種だと言えます。いかに高品質であるかをこの取引値が物語っており、今も多くのファンを抱えています。

現在は正式輸入がないため、国内に入ってくるのは並行輸入の車両のみで全て左ハンドルです。左ハンドルは査定の際にも良い印象を与えます。輸入左ハンドル車という事もあり、ランチア全般が高値で取引される事が基本となりました。高値での売却も見込むことができます。各パーツにも価値がついている車両のため、とくにかく無茶な乗り方をしていない車が好まれます。

旧型車には古さと高品質ゆえのファンがいますので、査定の際には大切に扱っていることをアピールすることが売却額を上げる一番の条件です。メンテナンスの記録を用意して査定を受けることがおすすめです。

ランチアは、1906年にイタリアのトリノに設立した自動車メーカーである。その後、1969年以降は、イタリアのフィアットグループの傘下となっている。フィアットはイタリアでは巨大な自動車メーカーとして大衆車から大型の自動車まで幅広く、イタリアの自動車市場シェアの多くを占有していた。そのため、ランチアなどのメーカーは高級車やスポーツカーなどランチアの特性が活かせる市場で勝負をしてきた。

これまで排出してきた車種としては、テーマ8.32やデルタ・インテグラーテなどがある。その後ランチアは、2009年にフィアットがクライスラーグループを傘下に納めたため、クライスラーとランチアのディーラー網が統一されて今日がある。

ランチアの
買取・売却満足度

お喜びの声がたくさん届いています!





愛知県 40代 男性 Y様

具体的な説明で交渉も明確な理由を説明してくださいました。言葉づかい誠実丁寧な態度でした。

愛知県 40代 男性 Y様

1992年式 ランチア デルタ HFインテグラーレ エボルツィオーネ 4WD





かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。