マセラティを納得できる査定額で高価買取してもらうなら

外車の買取価格納得度No.1の外車王

※2018年8月〜9月 Fastask調べ 外車の買取価格 納得度第一位 (実査委託先:株式会社ジャストシステム)

簡単30秒無料査定を依頼する

  • また外車王を利用したいと思いましたか?

  • 外車王の利用者に聞きました!

  • 利用者の92%以上が「また外車王を利用したい」と答えました。

  • アンケート画像、査定スタッフの対応はいかがでしたか?

  • アンケート画像、なぜ外車王にてご契約いただいたのですか?

簡単30秒無料査定を依頼する

マセラティの買取相場・下取り相場での人気車種

2222283200GT430カリフギブリクアトロポルテクーペグランカブリオグランスポーツグラントゥーリズモシャマルスパイダースパイダーザガートレヴァンテ

マセラティの高価査定・買取は外車王にお任せください!

マセラティの買取は外車王にお任せください。マセラティの中古車売却ですが、やはりスポーツモデルに人気が集まっています。新車でも人気なクアトロポルテは、中古車買取でも人気です。ぜひ輸入車買取専門店で査定してみてください。オーナー様が大切に乗っていたマセラティを丁寧に買取査定させていただきます。

マセラティの買い取り価格実績、査定事例

2010年 マセラティ クアトロポルテ 4.5万km

査定時期:2019年6月

他店の査定価格

500万円

外車王査定価格

550万円

その売却買取額の差は50万円!

1995年 マセラティ ギブリ 7.5万km

査定時期:2019年7月

他店の査定価格

120万円

外車王査定価格

150万円

その売却買取額の差は30万円!

2011年 マセラティ グラントゥーリズモ 3.5万km

査定時期:2019年5月

他店の査定価格

670万円

外車王査定価格

700万円

その売却買取額の差は30万円!

2003年 マセラティ クーぺ 7.7万km

査定時期:2019年1月

他店の査定価格

80万円

外車王査定価格

100万円

その売却買取額の差は20万円!

簡単30秒無料査定を依頼する

マセラティを買取査定、売却いただいたお客様の声

-----お客様の総合満足度-----
  • 奈良県 50代 男性 H様 2003年式 マセラティ クアトロポルテ エボルツィオーネ V8

    電話の対応 5.0


    査定の対応 5.0


    おすすめ度 4.0


    対応が早くていねいで安心できた。即日引き上げのため、大変おどろきました。

    愛車との思い出について。家族での旅行

  • 神奈川県 男性 K様 2008年式 マセラティ クアトロポルテ GT S

    電話の対応 3.7


    査定の対応 4.0


    おすすめ度 4.0


    数社査定後、利用させていただきました。スタッフの対応や接客で決定させていただきました。

  • 福岡県 30代 Y様 2003年式 マセラティ スパイダー カンビオコルサ

    電話の対応 4.0


    査定の対応 5.0


    おすすめ度 5.0


    親切・丁寧。査定スタッフの対応が素晴らしいです。

  • 神奈川県 川崎市 30代 男性 S様 1995年式 マセラティ クアトロポルテ

    電話の対応 5.0


    査定の対応 5.0


    おすすめ度 5.0


    たすかりました。

  • 東京都 世田谷区 30代 男性 S.O様 2011年式 マセラティ グランカブリオ

    何もしないで時間もスピーディーでパッパッパッという感じで手放す時のとくゆうの不安感はなく、すっきり安心でした。

  • 千葉県 千葉市 男性 K.A様 2003年式 マセラティ クーペ カンビオコルサ

    電話の対応 5.0


    査定の対応 5.0


    おすすめ度 5.0


    とにかく多忙な為、こちらの事情を理解し、スピーディーに対応して頂くことが重要でしたが、電話対応の方も査定スタッフの方も親切に素早く対応して頂きました。

などお喜びの声をいただいております!

マセラティの買取相場について

イタリアの優雅なデザインが特徴なラグジュアリーカーといえば、マセラティに違いないでしょう。イタリアには優れたデザインのものやメーカーであふれていますが、その中でもマセラティの豪華さは一線を画していると言えるでしょう。古来より人気のクワトロポルテやグラントゥーリズモが人気ですが、生まれ変わったギブリがよりマセラティを身近にしてくれた存在であるといえます。買取相場ではやはり変動が激しいので、早めの手放しが高価査定につながるコツではないでしょうか。

マセラティを一括査定やディーラー下取りに依頼する前に

重要なのはまず買取査定に出して自分の車の価値を知ることが大切です。マセラティの査定について、下取りや一般買取店ではあまり価値をわかってもらえず、査定額には期待できないでしょう。また、クラシックなモデルも人気が高いのもマセラティならではです。以上を踏まえて、マセラティの希少性を評価できる、輸入車専門店に査定依頼をすると高価査定も期待ができるのではないでしょうか。

▼30秒でカンタン入力!無料査定依頼フォーム

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。
No
事業者名
メーカー名(通称)【必須】
車種名(グレード名)【必須】
年式【必須】
走行距離(km)【必須】
お名前【必須】
希望連絡先(TEL)【必須】 ※外車王または提携買取店より、電話またはメールにてご連絡します
e-mail【必須】
住所(都道府県)【必須】
住所(詳細)
備考
※チェックを入れて下の緑ボタンを押してください。

※外車王は、JPUC(日本自動車購入協会)の厳正なる審査を通過し監修認定を受けております

※年式・地域によって外車王の提携買取店からの連絡・査定となります

STEP1査定依頼のお申込

お好きな方法でご依頼ください

メールフォーム、フリーダイヤル、お好きな方法でご依頼ください。お急ぎの場合はお気軽にフリーダイヤル0120-1960-35までお電話ください。

STEP2担当者より連絡

お電話またはメールで

お電話またはメールにて、外車王または提携買取店の担当者より連絡いたします。必要に応じておクルマの詳細の確認を行わせていただきます。

STEP3買取額の算出

無料出張査定いたします

お客様のご希望の場所まで無料出張査定いたします。また、ご来店による査定も大歓迎です。

STEP4売却のご成約

買取させていただきます

査定額にご納得頂ければ、提示した金額で買取りをさせていただきます。諸手続きまでサポートいたします。

マセラティの買取や売却のポイント

マセラティは本国イタリアでは大統領の愛車メーカーとして名が知れており、広範囲に渡って愛される自動車メーカーです。起源は1914年にイタリアのボローニャにて誕生した、老舗スポーツカーメーカーです。設立後何度も経営難に陥ったが、現在はフィアットグループの傘下として存在しています。そんなマセラティのエンブレムは、創業地のボローニャにあるかの有名な「ネプチューンの噴水」にちなんで三叉の槍“”トライデント”がモチーフとなっています。また、それだけでなくマセラティ三兄弟の結束も表しているという説も有名です。

マセラティの中で最も有名な車種はやはりクアトロポルテでしょう。初代クアトロポルテ(1963–1969年)は1963年に誕生、最高速度230km(当時)を誇るスーパースポーツサルーンとして誕生した。その後、2代目(1974–1978年)、3代目(1979–1990年)、4代目(1994–2000年)、5代目(2004年-2012年)、現行モデルは6代目(2013年-)である。特に3代目はジウジアーロデザイン、4代目はガンディー二デザイン、5代目はピニンファリーナデザインとして時代ごとに優美なデザインを具現化している。特に5代目はピニンファリーナデザインとフェラーリの技術を取り入れており、デザイン性の高さと信頼性の高さから市場にいても人気が高い車両でした。

次に、マセラティの中で最も性能が高いモデルは、グラントゥーリズモに違いないでしょう。5代目クアトロポルテ(4ドア)をベースに、2ドアモデルのスポーツカーに生まれ変わったのがグラントゥーリズモの生い立ちです。ならびに、グラントゥーリズモのカブリオレのモデルをグランカブリオといい、マセラティのフラッグシップモデルとして展開しています。デザイナーはかの有名なピニンファリーナで、ロングノーズショートデッキなボディラインは古典的かつスポーティーなプロポーションです。グラントゥーリズモは2ドアモデルながら、クアトロポルテをベースにショートホイールベース化しているので、後席にも余裕がありグランドツアラーとしての要素を兼ね備えています。また、大柄ながら前後の重量配分もほぼ50:50に近く、スポーツカーとして申し分ない性能を持ち合わせています。なお、グレードによりトランスミッションの位置を若干後ろよりにすることで、差別化を図っています。

近年では、ギブリやレヴァンテ(SUV)のモデルも出ており、以前のマセラティよりは敷居が低くなったと言えますが、やはり優美なデザインと高い性能はどのモデルにおいても違いなく、特にギブリは価格帯が800万円ほど〜ということもあり、市場において人気の高いモデルです。グランツーリスモをはじめ最近のモデルはスタイリッシュなデザインが目立つようになっており、高額な査定結果を期待できる傾向が強くなっています。特にオープンモデルは売却の際に高価買い取りを期待することができます。

では、マセラティの高価査定および買取のポイントとは?一口に高額査定および買取といっても、基本的なポイントは他のメーカーとそれほど違いはありません。

・ボディカラー:ブラック・ホワイト系が人気です。内外装の組み合わせも重要となってきます。
・グレード:クアトロポルテ、ギブリ、グランツーリスモが人気ですが、クラシックなモデルも人気上昇中です。
・必須装備:カーナビ(できれば純正)本革シート、サンルーフ、ETC
・その他:禁煙車、低走行、事故歴・修復歴・パネル交換・板金塗装なしであれ尚可。

しかし、ご売却を検討されているマセラティ車が、この条件にあてはまらないからと言って高価査定および買取が期待できないのか…?いいえ、そんなことはありません。「程度の良いマセラティに乗りたい」と、日々、中古車情報をウオッチしている方も少なくないのです。ただ同じ車種でもモデルチェンジでフロント部分の「顔」が大きく変えられることも多く、モデルチェンジ後に市場価格が下がることもあります。そのため、売却を考えるのならできるだけ早い時期にご検討いただくことが高価査定・買取の秘訣となっています。

我が子のように大切に乗られてきたマセラティ。スペソャルなモデルはもちろん、希少色、レアな装備を選択したモデルなど、ぜひ私ども外車王に、査定および買取のご依頼をいただければ幸いです。オーナー様からのお問い合わせをお待ちしております。

簡単30秒無料査定を依頼する

マセラティの歴史とは

2014年に創業100周年を迎えたマセラティですが、その歴史は順風満帆なものではありません。マセラティの歴史は1914 年、マセラティ家の3兄弟であるアルフィエーリ、エットーレ、エルネストが、エンジニアリングビジネスをイタリアのボローニャで創業したことが起源です。創業地のボローニャにちなんで「ネプチューンの噴水」にある三叉の槍“トライデント”が同社のエンブレムとして採用されました。

また、マセラティ兄弟はメカについても知識が深く、モータースポーツの熱狂的な信者でした。彼らがモータースポーツに参戦し始めることは、必然の流れといえるでしょう。彼らはすぐに自分たちで車を作り始め、成功を収めるための努力を怠りませんでした。そんな彼らに成功の瞬間が訪れます。そして1926年タルーガフローリオでマセラティ ティーポ 26 はクラス優勝を収めたのです。

ここからマセラティにモータースポーツでの栄光の時代が到来します。インディ500での勝利、F1での勝利、ツーリングカー世界選手権など、数え切れないほどの勝利を様々なカテゴリーで獲得し、モータースポーツの世界で最も恐れられ、かつ尊敬されるレーシングカーとなりました。そして、モータースポーツで獲得した技術を市販車に惜しみなく投入し、ごく少数の顧客層に向けて、「世界一美しい」と称される市販車を数々生み出しました。

しかし、ごく少数のマーケットをターゲットにしたことから、マセラティは経営難に陥ります。結果として1937年、アドルフォ・オルシという実業家に経営権を譲渡します。その際に10年間はマセラティ3兄弟が残ることを許されていましたが、1947年に3兄弟が離れたことにより、関連会社として「Fabbrica Candele Accumulatori Maserati S.p.A.」が設立されました。

そこで自動車関連部品やオートバイも生産、後に「Officine Specializzate Costruzione Automobili」を創立しました。しかし1960年には「Fabbrica Candele Accumulatori Maserati S.p.A.」が倒産、そして1965年にはシトロエン傘下に参入することとなります。さらにシトロエンを買収したプジョーと事業提携を結び、1993年以降フィアット傘下になりました。そしてさらに1997年にフィアット傘下に参入したフェラーリ傘下となり、再び2005年に完全にフィアット傘下となり現在に至ります。

マセラティの大きな方向転換

2005年、フィアットの傘下となってからマセラティは大きく方向転換をし始めることとなりました。フィアット直轄の管理下となったことで、販売と生産体制が大幅に強化されたのです。この変化は必然的にマセラティを売らねばならない状況へと変化しました。

マセラティは少量生産の体制を脱却しなければなりませんでした。クアトロポルテ、グラントゥーリズモ、ギブリなどのヒットにより年間販売台数が5000台ほどだったのが2014年当時で約4万台近くまで成長しました。さらにはギブリにディーゼルエンジン搭載のモデルが投入され、完全に今までのマセラティとは違うことを明確にしました。また、ポルシェカイエンに対抗するため、2016年1月にはマセラティ初のSUVである「レヴァンテ」が投入されました。

マセラティは今転換期にあります。それはフィアットのCEOであるマルキオンネからも明言されており、ボローニャの少量生産メーカーは「made in Italy」を付加価値としたブランドへと変貌を遂げようとしています。舵を切ったマセラティが今後どのような車種をラインナップしてくるのか、目が離せそうにありません。

マセラティの現行モデル

現行モデルは4ドアのギブリ、クアトロポルテ、2ドアのグラントゥーリズモ、グラントゥーリズモのオープンモデルのグランカブリオ、そしてマセラティ初のSUVモデルとなる、レヴァンテの5モデルで構成されます。

Eセグメントに分類された4ドアセダンのギブリには、3.0リッターV6ターボエンジンを搭載します。マセラティ初のディーゼルエンジン搭載グレードもラインアップされます。また、ギブリより一クラス上のフラッグシップ4ドアセダン、クアトロポルテには3.0リッターV6ターボ、3.8リッターV8ターボエンジンが搭載されます。

2ドアモデルのグラントゥーリズモはグレードによって4.2リッター、4.7リッターのV8エンジンが搭載され、どちらのエンジンも自然吸気エンジンとなります。オープンモデルのグランカブリオにも同じく4.7リッターV8の自然吸気エンジンが搭載されます。

マセラティ初のSUVモデル、レヴァンテには3.0リッターV6ターボエンジンと、ギブリと同じく、ディーゼルエンジンもラインアップされます。

簡単30秒無料査定を依頼する

官能的な音を奏でるギブリ、クアトロポルテ

ギブリ、クアトロポルテなどの4ドアセダンは、ドイツの御三家メーカーと比較しても遜色なく、逆にスポーツセダンという立ち位置から考えると、御三家メーカーのセダンよりも優位性を感じます。エンジン音一つとってみても、流石イタリアの自動車と思うような官能的な音を奏でるので、エンジンをかける度、アクセルを踏み込む度、オーナーは心地よい気持ちになることでしょう。

もちろん、2ドアモデル、もしくはオープンモデルとなる、グラントゥーリズモ、グランカブリオモデルも、イタリアらしさを十分に堪能できるモデルとなるでしょう。エンジンが、自然吸気のV8となるので、回転を挙げた際のエンジン音は、セダンのV6ターボ、V8ターボとは、また違った甲高い音色を奏でてくれることでしょう。

2016年に登場したマセラティ初のSUVモデル

2016年に登場した、マセラティ初のSUVモデルのレヴァンテですが、流行のSUVに乗りたいという方や、セダンよりも広々とした空間のマセラティが欲しい方にも、十分満足できるモデルといえるでしょう。

マセラティを大陸横断的に、ゆったりとのんびりと乗りたいというにはもってこいのモデルになります、しかもアクセルを踏みこめば、伝統的なマセラティらしさを十二分に感じることも可能です。

正統派のセダンを選択するか、伝統的な2ドアクーペを選択するか、はたまた流行のSUVを選択するか、はたしてそのどれを選択したとしても、マセラティの伝統やらしさを堪能することは可能です。ただ、現在の自動車流行事情から考えると、非伝統的なSUVのレヴァンテを選択しても間違いではないということです。

簡単30秒無料査定を依頼する

マセラティの買取査定の強化車種一覧

2222283200GT430カリフギブリクアトロポルテクーペグランカブリオグランスポーツグラントゥーリズモシャマルスパイダースパイダーザガートレヴァンテロイヤル