ジャガーを納得できる査定額で高価買取してもらうなら

外車の買取価格納得度No.1の外車王

※2018年8月〜9月 Fastask調べ 外車の買取価格 納得度第一位 (実査委託先:株式会社ジャストシステム)

lp_btn01

ジャガーの高価査定・買取は外車王にお任せください!
ジャガーの買取は、輸入車・外車買取専門店の外車王にお任せください。中古車市場でもジャガーは大変人気があります。当社のような買取専門店では、中古のジャガーを探しているお客の予約もあるほどです。外車王では、オーナー様が大切に乗っていた愛車を丁寧に買取査定させていただきます。

バナー

lp_btn01

ジャガーの買い取り価格実績、査定事例

2015年式 ジャガーFタイプ 走行距離0.2万km

査定時期:2016年7月

他店の査定価格

900万円

外車王査定価格

1000万円

その売却買取額の差は100万円!

1997年式 ジャガー XK8 走行距離5.0万km

査定時期:2017年6月

他店の査定価格

60万円

外車王査定価格

80万円

その売却買取額の差は20万円!

2014年式 ジャガー XJ プレミアムラグジュアリー 走行距離1.5万km

査定時期:2017年2月

他店の査定価格

350万円

外車王査定価格

380万円

その売却買取額の差は30万円!

1996年式 ジャガー XJS V12 走行距離8.0万km

査定時期:2017年4月

他店の査定価格

100万円

外車王査定価格

130万円

その売却買取額の差は30万円!

lp_btn01

ジャガーを買取査定、売却いただいたお客様の声

神奈川県 S.K様 2014年式 ジャガー XE
長山氏を前から知っていたのでお願いしました。長山氏の対応が、親切、丁寧なのもよかったです。価格も無理を言ってもらいましたが、希望通りでした。大満足です。

東京都 M.M様 2016年式 ジャガー XF(R)
営業の清水さんはとても感じが良く、丁寧な対応でした。会社と何度も交渉していただき、希望通りの値段にしていただきました。

神奈川県 N.Y様 2013年式 ジャガー Fタイプ(S)
高く買っていただいた良かったです。担当者の態度にもすごく誠実さを感じました。また乗り換えの際は、是非利用したいと思います。

埼玉県 T.Y様 ジャガー XJ(ラグジュアリー)
電話での印象も良く、売却が安心してできると確信しました。スマホにのっていたので大変わかりやすかったです。また利用したいと思います。

などご紹介しきれないほど、たくさんのお声をいただいております!

lp_btn01

ジャガーの買取相場について

ジャガーはイギリスを代表する自動車メーカーの1つで、近年のジャガーは恐ろしくダイナミックで洗練されたデザイン、乗り味を追求しています。特にF-PACEの登場で一気にシェアを拡大しました。現在のラインナップはジャガー得意のセダンXF(スポーツサルーン)、XK(ビジネスサルーン)、XJ(ラグジュアリーサルーン)、SUVモデルのF-PACE、E-PACE、スポーツモデルのF-TYPEのラインナップです。ただし、中古相場の変動が激しいジャガーですので、相場の変動には十分注意が必要でしょう。

ジャガーを一括査定やディーラー下取りに依頼する前に

重要なのはまず買取査定に出して自分の車の価値を知ることが大切です。ジャガーの査定について、下取りや一般の買取店ですと古いモデルになればなるほど、厳しい査定額になりがちです。加えて、新しいモデルではあまり市場に出回っていないことからも、価値のわからないところが大半です。以上を踏まえて、ジャガーの査定で高価査定を習うのであれば、その価値をしっかりと判断することのできる輸入車専門店に依頼することで間違いないでしょう。

▼30秒でカンタン入力!無料査定依頼フォーム

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。
No
事業者名
メーカー名(通称)【必須】
車種名(グレード名)【必須】
年式【必須】
走行距離(km)【必須】
お名前【必須】
希望連絡先(TEL)【必須】 ※外車王または提携買取店より、電話またはメールにてご連絡します
e-mail【必須】
住所(都道府県)【必須】
住所(詳細)
備考
※チェックを入れて下の緑ボタンを押してください。

※外車王は、JPUC(日本自動車購入協会)の厳正なる審査を通過し監修認定を受けております

※年式・地域によって外車王の提携買取店からの連絡・査定となります

STEP1査定依頼のお申込

Appraisalstepimage1

メールフォーム、フリーダイヤル、LINEお好きな方法でご依頼ください。お急ぎの場合はお気軽にフリーダイヤル0120-1960-35までお電話ください。

STEP2担当者より連絡

Appraisalstepimage2

お電話またはメールにて、外車王または提携買取店の担当者より連絡いたします。必要に応じておクルマの詳細の確認を行わせていただきます。

STEP3買取額の算出

Appraisalstepimage3

お客様のご希望の場所にて無料出張査定いたします。また、ご来店による査定も大歓迎です。

STEP4売却のご成約

Appraisalstepimage4

買取額にご納得頂ければ、提示した買取金額で買取りをさせていただきます。諸手続きまでサポートいたします。

ジャガー買取や売却のポイント

イギリスの高級自動車ブランドであるジャガー。最初の設立は、ウイリアムライオンズとウイリアムウォームスレーにより、スワローサイドカーカンパニーとして設立されました。193年には「SSカーズリミテッド」と社名を変え、このときにジャガーと呼ばれるクルマが世に出ました。ジャガーの特徴である豪華で高性能の車として、大変人気を博しました。そして、1945年にジャガーカーズリミッテッドに社名を変更しました。社名を変更して最初に発表されたのがXK120でと呼ばれるモデルです。安価にも関わらず、高性能がで魅力的な外観を持つXK120は、ジャガーのイメージを確立するうえで重要なモデルとなりました。1950年に発表したCタイプ、Dタイプの車種がメルセデスベンツやフェラーリを超えることとなります。その次に発売されたEタイプも人気が博し、アメリカ市場で成功を収めました。

現行モデルのラインナップは、フラッグシップモデルであるXJ、ラグジュアリーセダンのXF、スポーツセダンのXE、SUVのF-Pace、そしてジャガーの技術を集めたピュアスポーツのF-Typeとなっております。特に現行のモデルは楕円形のグリルが全モデルに装着されており、そのダイナミックなデザインが特徴的です。

フラッグシップモデルであるXJが登場した背景には、当時一般的になっていた大型サルーンが旧態化してきたことから、ジャガーの新たなアイコンとして1968年に初代XJが登場しました。モデル変遷はシリーズI(1968-72年)、シリーズⅡ(1973-78年)、シリーズⅢ(1979-85年)、XJ40系(1986-93年)、X300系(1994-2002年)、X350(2003-2010年)、そして現行モデルであるX351系(2010年-)が発売されています。先端のテクノロジー、スポーツカーのダイナミズム、贅を極めたラグジュアリー。そのすべてを完璧に融合したジャガー サルーンの最高峰、それが XJ です(公式HPより)。

また、最もスポーツ性の高いモデルがジャガーF-typeでしょう。特に最上級グレードのSVRはジャガーのSpecial Vehicle Operation(通称SVO)と呼ばれる施設で、エンジニア達が技術の粋を結集して、ベースモデルに新たな命を吹き込んでいます。トルクベクタリングやアダプティブダイナミクス、電子制御のアクティブディファレンシャルギア、カーボンブレーキ(※OP)などまさに装備はスーパーカーそのもので、刺激的なデザインと相まって唯一無二の存在となっています。

では、ジャガーの高価査定および買取のポイントとは?一口に高額査定および買取といっても、基本的なポイントは他のメーカーとそれほど違いはありません。

・ボディカラー:安定した人気を誇る、ブラック・ホワイト系。グリーン系も需要があり。
・グレード:XJ他、まずはご相談ください。
・必須装備:カーナビ(できれば純正)本革シート、ETC
・その他:サンルーフ、禁煙車、低走行、事故歴・修復歴・パネル交換・板金塗装なしであれ尚可。

しかし、ご売却を検討されているジャガー車が、この条件にあてはまらないからと言って高価査定および買取が期待できないのか…?いいえ、そんなことはありません。「程度の良いジャガーに乗りたい」と、日々、中古車情報をウオッチしている方も少なくないのです。

外車王では、クラシック、またはスペシャルなジャガーにこそスポットライトを当てたいと考えております。その理由は、オーナー様の思い入れの強い愛車であればあるほど、我が子のように大事に乗られている個体が多いことを常々実感しているからです。また、外車王ではショールームを併設しております。良質なジャガーの中古車を探し求める方にとっても、良質な個体が手に入れることができるので願ってもない話しなのです。

我が子のように大切に乗られてきたジャガー。希少色、希少な装備を選択したモデルなど、ぜひ私ども外車王に、査定および買取のご依頼をいただければ幸いです。オーナー様からのお問い合わせをお待ちしております。

lp_btn01

イギリスの老舗自動車メーカーのジャガー(JAGUAR)。最近では、輸入車が初めての初心者でも躊躇することなく購入できる価格設定になっているのが魅力的

ジャガーの正しい発音と歴史
イギリスの老舗自動車メーカーのジャガー(JAGUAR)。日本語で書き表す時は「ジャガー」が普通ですが、イギリス本国での発音を表せば「ジャギグヮ」でアメリカ英語では「ジャグヮ」。そして車オタクのジャガー通では、「ジャギュア」と呼び、自動車評論家の徳大二有恒氏は「ジャグァー」と書き表していました。こんなに色んな読み方が存在するメーカーも珍しいですね。

イギリスの老舗自動車メーカーで、設立は1922年。創業当時はバイクのサイドカーメーカーでしたが、やがて自動車のボディ製作会社に発展し、1935年には自社開発のエンジンやシャーシまで行う自動車メーカーになりました。当時の車名はSSカーズでしたが、第2次世界大戦後はドイツはヒットラーのSS(ナチス親衛隊)からマイナスイメージとなるため、車名をジャガーに変更したのです。

その後、ジャガーは国内メーカーを吸収合併していきましたが、経営状況は芳しくなく1989年にはアメリカのフォードの傘下になりました。しかし、2000年後半にはフォードグループも経営状況が悪化したため、2008年にインドのタタに売却されて現在に至っています。イギリスの自動車メーカーは数々ありましたが、かなりの数が消滅してしまった今、1920年代から続く古の自動車メーカーは貴重な存在です。

ジャガーの歴代モデルを紹介
■KX120
登場は第2次世界大戦後間もない1958年。たった3年で、スポーツモデルの販売が出来てスポーツモデルの需要があったことに驚かされます。車名のKXはエンジン型式で、120は最高速度が時速120マイル。1マイルは時速1.6kmに相当するので120×1.6=192キロです。ルパン3世が乗るようなクラッシュカーで、時速192キロと猛スピードが出ることに驚かされます。

■ジャガーMk1・Mk2
一般大衆向けに開発販売されたのがMk1です。それまでの高級セダンやスポーツカーのラインアップ以外に売れ筋になるファミリーカーを登場させました。第2次世界大戦から10年経過した1955年のイギリスでMk1は大ヒット!Mk2は、改良版またはマイナーチェンジ版になるモデルで1959年登場です。国産車では、光岡自動車がビュートでジャガーMK1・MK2風のデザインで販売しています。まさにクラシックカーファンならば所有してみたい典型的な一台でしょう。

■XJ6
1968年登場のXJ6は、私が子供の頃にイギリスの外車を思い浮かべるときに出て来るモデルです。1968年登場から1986年まで、モデルはシリーズからシリーズまで長く続きました。1970年代の日本では数多くの芸能界のスターが愛車にしていたことでも有名です。

現在のジャガーのラインアップ>
セダンではスポーツサルーンのXE、ビジネスサルーンのXF、ラグジュアリーサルーンのXJ。SUVでは、F−PACE。スポーツカーの2ドアクーペでは、F-TYPE。I=PACEは、シビれるジャガーの究極のエレクトリックパフォーマンスSUV。

ジャガー・XEの価格は約439万円からで、トヨタ・クラウン(ハイブリッド アスリート)で、同価格の約439万円です。もはや国産車も輸入車も、どちらも価格的にOKないい時代になりましたね。

英国車らしいジャガーの魅力とこれからのジャガー
最近のジャガーは、これまでのジャガーと一味違います。2008年にTATAモータースの傘下に入ってから、ジャガーは大きく方向転換をしました。それは、これまでのジャガーの英国車らしいクラシックでエレガントなスタイリングから、シンプルかつゴージャスなスタイリングへと変貌してきました。そして、この変化こそジャガーが本気で御三家(ポルシェ・ベンツ・BMW)へと挑戦していくという、意思の現れに違いないでしょう。

従来のジャガーの魅力は、いわゆる控え目なデザインでした。流れるようなボディライン、ホテルにいるかのようなインテリアを実現するが故に、少々使い勝手が悪いところも一つの魅力でもありました。英国車の最高峰といえばロールスロイスであり、ベントレーしかりアストンマーティンしかり、上を見ればきりのないほど高級なメーカーが存在しています。しかし、ジャガーだけは一般のユーザーにも手の届く車作りをしていたのですが、悪くいえば中途半端であったことから、何度も経営難に陥りました。これはユーザーからの人気だけでなく、ジャガーという会社自身があまり経営に力を入れていなかったのかもしれません(日本ではディーラーが少なかったため)。しかし、直近ではフォードグループからの独立、錦織圭がジャガーのアンバサダーに就任するなど、メーカーとしてとても攻めの姿勢を取っています。ジャガーのCEO(旧BMW社長)からも、実際にジャガーXEの対抗馬として3シリーズをターゲットにしていると言わしめるほど、その発言からは本気度が感じられます。

現在でも、やはりポルシェ・ベンツ・BMWは圧倒的な知名度を誇っています。しかし、この御三家たちに唯一一石を投じることができるメーカーこそ、実はジャガーなのかもしれません。アルミボディといえばアウディですが、ジャガーではXEシリーズを始め、徐々に下のグレードまでアルミボディの最新技術を投入するべく開発を進めています。さらには、スーパースポーツカーのF-type、スポーツSUVのF-paceと競合メーカーに真っ向勝負を挑むモデルを数多くデビューさせています。今までのジャガーとは一味違うかもしれませんが、本気を出したこれからのジャガーに今後は注目が集まりそうです。

lp_btn01

外車王は全国展開の外車買取専門店

外車王ではお客様のお車の年式やエリアによって、それを得意とする買取専門店で対応しています。高額査定に定評のあるパートナーと協力させていただくことで、より早く全国どこへでもすぐに対応できる環境が整っております。 ただし、全国にあるからといって同時に数社配信されているような一括査定システムではありません。業者からの鳴り止まない一斉電話に巻き込まれることなく高価査定を獲得できます。また、外車王のサービス規定に準ずる厳しい審査を通過した、優良買取店のみがパートナーとなっておりますのでご安心くださいませ。

ジャガー買取査定のQ&A

ジャガーの査定は無料ですか?
もちろん無料です。外車王の査定では、ジャガーの日本全国へ出張査定・店頭査定などすべて無料で実施させていただいております。
ジャガーの買取手続きにかかる費用は無料ですか?
無料で対応させていただいております。名義変更手数料、その他の手続きもすべて無料です。
ジャガーの購入時のローンが残っていますが対応可能ですか?
ご相談可能ですのでご安心ください。クレジット会社への確認や所有権解除など、お気軽にお申し付けください。また、残債ローンもご用意しております。
ジャガーは大切に乗ってきたクルマです。大事に乗ってきたのですがプラス査定になりますか?
お車をどれだけ大切にされていたかは大きなポイントになります。次のオーナーさまにアピールをしたいので、ぜひ詳細を教えていただけますと幸いです。

買取査定の強化車種一覧

ジャガー Eペイスの高価買取ジャガー Fタイプの高価買取ジャガー Fペイスの高価買取ジャガー Sタイプの高価買取ジャガー XEの高価買取ジャガー XFの高価買取ジャガー XJの高価買取ジャガー XKの高価買取ジャガー Xタイプの高価買取