アウトビアンキ
高く売却・買取

あなたは愛車アウトビアンキの買取り価格に満足していますか?

アウトビアンキの買取については外車王。アウトビアンキとはイタリア製の古い車好きには絶大な人気を誇る自動車です。アウトビアンキの状態の良い物を探しているオーナー様がいらっしゃいます。特に状態が良ければ良い値段で買取できる可能性もありますので、簡単無料の買取査定にてまずはお問い合わせください。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

アウトビアンキの買取や売却のポイント

アウトビアンキといえばA112の車種が有名です。小型でハッチバック型の作りのA112はいまだに多くのファンを持っています。しかしA112はすでに30年以上前の車となり、アウトビアンキ自体は消滅してしまいました。そのためパーツ不足が起きており、パーツを確保するための予備車として同じ車両を2台所有するオーナーも見受けられます。

こういった状況も影響し、査定額を決定するのは、確実に車体の状態です。消耗品全般はもちろんのこと、車の保管場所・保管方法までしっかりしていた場合には、売却額の上昇を期待することもできます。いかにオリジナルパーツのままで現状を維持しているか、綺麗に乗ってきたか、それがこの車両を売却する際にとても重要となるポイントです。

査定の際には的確に車の状態や保管方法、使用状況を伝えられるよう気をつけ、手入れをした状態で査定を依頼することが大切です。パーツを求めての車両購入の可能性も考慮して売却を考えることをおすすめします。

アウトビアンキは、1955年から1992年の間、37年間存在したイタリアの自動車メーカーである。1955年までは、ビアンキの自動車部門であったが、ビアンキが第2時世界大戦後に経営不振に陥ったが、当時フィアットとタイヤメーカーのピレリの資金援助を受けて、アウトビアンキとして生き残った。この資金援助でフィアットの傘下となったが、アウトビアンキは、小型車としてのニーズが高まり、日本でもホットハッチとして名声のあるA112やY10がある。Y10は、ヨーロッパの一部でランチアのブランドとして販売されたがY10が生産を終了して後継車であるイプシロンが発売されるとアウトビアンキのブランドも同時に消滅した。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。

アウトビアンキの
オススメ買取強化車種一覧