オペル シグナム
高く売却・買取

オペル シグナムイメージ

愛車の買取価格に満足していますか?オペル シグナムとは

オペル・シグナムは、ステーションワゴンに近いロングなシルエットを持つハッチバックです。シグナムは発表当時、オペル・ベクトラの上のモデル、つまり事実上のフラッグシップモデルとして発売されました。コンセプトは「スポーツ・リムジン・ワゴン」で、派手さのない質実剛健な作り・スタイリングながら、後席の快適性に重点を置いた設計となっています。日本へは2003年から、オペルが日本から撤退する2006年までの3年間、販売されました。生産は生産はオペル本社のあるリュッセルスハイム工場で行われています。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

オペル シグナムの買取相場の傾向

オペル・シグナムの日本でのセールスはあまり芳しくなく、かつ2006年にオペルが日本市場から撤退したこともあって、2018年10月現在、日本国内での中古車の流通量はゼロとなっています。また、すでに販売終了から10年以上が経過していることも、個体数の減少に拍車をかけているとも言えるでしょう。こうしたことからも、オペル・シグナムの中古車買取相場は存在せず、一台一台の状態によって中古車価格が決められていると考えられます。

買取査定時のオペル シグナムのセールスポイント

オペル・シグナムは、「スポーツ・リムジン・ワゴン」という、新しいジャンルのクルマとして開発された意欲作でした。もともとシャシー性能には定評のあったオペル・ベクトラをさらに磨きをかけたような高速での安定感は、同クラスの他車にはあまり見られない特徴です。エンジンは2.2リッターと3.2リッターの2種類が用意され、どちらも十分にパワフルな動力性能を持っていました。内装の作りもがっしりとしていて、特に広々とした後席は派手な演出こそないものの、シックで落ち着いた快適な空間となっています。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。