オペル
高く売却・買取

あなたは愛車オペルの買取り価格に満足していますか?

オペルの高級車を買取に出すなら外車王へ。シグナムやアストラといった日本でもおなじみの高級輸入車を多く扱っているのがオペルで、たとえ中古であってもかなりの金額が必要となる人気メーカーとしても知られています。

逆に言えばオペルの中古車を買取に出せばかなりの高値が期待できるということですが、国内需要が高いオペルの車を売るなら国内販売をメインにした中古車買取店に売るべきだということなのです。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

オペルの買取相場の特徴

日本ではあまりなじみのないオペルですが、オペルのスピードスターは世界でも高い評価を得ている人気のスポーツカーです。ロータス・エリーゼと共同開発され、製造もロータスで行われていました。しかし、エリーゼと共用のコンポーネンツは1割り程度と公表されており、車重もエリーゼよりは100kg重いものの、 870kgという2シーターオープンモデルではやはり超軽量ボディで設計され、内外装のオプションを自分の好みで選ぶことができ、82通りのカラーバリエーションで好みの仕様に仕上げることが可能な魅力的な車両です。国内ではシルバー、白、黒などの一般的なカラーが好まれる傾向が強いので、売却の際はそういったカラーの車両が高値で取引されることが多いです。

日本国内にもオペルのマニアは多く、ヴィータなども人気車種として上げられます。そのため売却はしやすいと言え、査定価格も安定してる車両です。ヴィータの外装カラーはブルー、ブラックなども好まれています。査定ポイントは、改造などせずに長く愛用し続けるファンが多いので外装・内装ともに奇麗な状態であることが重要となります。その他には禁煙車、無事故車両、フルノーマル車などは査定の際には高ポイントです。売却を考える場合にはそれらの点の確認をおすすめいたします。

オペルの歴史は古く、1862年設立のドイツの自動車メーカーである。元はミシンメーカの製造会社としてスタートし、1899年からライセンス生産を行い、1902年からオリジナルモデルを発表。1929年以降はゼネラルモータースの子会社となった。その後は、GM傘下としてヨーロッパの販売網を担ってきた。車種としては、コルサ、メリーバ、ティグラ、アストラ、オメガ、スピードスターなどがある。2009年に親会社であるゼネラルモータースのアメリカでの破産法適用を陰性して、一時オペルは売却される予定であったが、結果としてGMはこれを撤回した。その後はオペルはGMのヨーロッパ地区の限定ブランドとして残ることを表明して現在に至っている。

オペルの
買取・売却満足度

お喜びの声がたくさん届いています!
かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。