フィアット ウーノを納得できる査定額で高価買取してもらうなら

外車の買取価格納得度No.1の外車王

※2018年8月〜9月 Fastask調べ 外車の買取価格 納得度第一位 (実査委託先:株式会社ジャストシステム)

簡単30秒無料査定を依頼する

  • また外車王を利用したいと思いましたか?

  • 外車王の利用者に聞きました!

  • 利用者の92%以上が「また外車王を利用したい」と答えました。

  • アンケート画像、査定スタッフの対応はいかがでしたか?

  • アンケート画像、なぜ外車王にてご契約いただいたのですか?

簡単30秒無料査定を依頼する

愛車の買取価格に満足していますか?フィアット ウーノとは

1983年から1995年まで発売されていた3/5ドアハッチバックと、3ドアバンです。元々は127の後継として開発され、燃費が良かったということで人気があり、1984年にはヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。最大トルクは15.0kgm/3,200rpmで最高出力は105PS/5,750rpmです。前期型と後期型に分かれており、後期型の特徴は車体のデザインが、より空気抵抗を減らすための変更がなされています。インテリアも変更されており、前期型の欠点と言われていた震えるダッシュボードも改善されました。しかしヨーロッパでの売り上げが下がってきたため販売終了してしまし、プントが後継車とされています。しかし人気の車種だったのでイタリアでの販売が終わっても、南米やアフリカなどで続けて製造、販売されていました。ウーノはダイアナ元妃が最期の事故死をした際に、追いかけていたパパラッチが乗っていた車として一躍時の車となりました。ラリーでもアバルトと共同で開発されたウーノターボ・アバルトが使われていました。

フィアット ウーノの買取相場の傾向

現在中古車市場ではかなり少なくなっており、希少性はかなり高くなっています。そのためデータはかなり少ないので査定額は予想できない部分もあります。しかし、修理歴があってもきちんと査定額がつく可能性があります。査定額がつかないと思うような状態でも、是非査定をしてみましょう。

買取相場:約10万円~80万円以上

買取査定時のフィアット ウーノのセールスポイント

日本では中古車市場でもほぼ見かけませんし、乗っている人もかなり少ないと予想されます。興味ある方は是非機会があれば乗ってみてほしいと思います。今後乗れる可能性はかなり低いと思うからです。派手さはないですが、さりげなくおしゃれなエクステリアはありそうでないです。加速も申し分なく、大きい車体ではないですが車内は広く、荷物もしっかり載せられます。

▼30秒でカンタン入力!無料査定依頼フォーム

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。
No
事業者名
メーカー名(通称)【必須】
車種名(グレード名)【必須】
年式【必須】
走行距離(km)【必須】
お名前【必須】
希望連絡先(TEL)【必須】 ※外車王または提携買取店より、電話またはメールにてご連絡します
e-mail【必須】
住所(都道府県)【必須】
住所(詳細)
備考
※チェックを入れて下の緑ボタンを押してください。

※外車王は、JPUC(日本自動車購入協会)の厳正なる審査を通過し監修認定を受けております

※年式・地域によって外車王の提携買取店からの連絡・査定となります

STEP1査定依頼のお申込

お好きな方法でご依頼ください

メールフォーム、フリーダイヤル、お好きな方法でご依頼ください。お急ぎの場合はお気軽にフリーダイヤル0120-1960-35までお電話ください。

STEP2担当者より連絡

お電話またはメールで

お電話またはメールにて、外車王または提携買取店の担当者より連絡いたします。必要に応じておクルマの詳細の確認を行わせていただきます。

STEP3買取額の算出

無料出張査定いたします

お客様のご希望の場所まで無料出張査定いたします。また、ご来店による査定も大歓迎です。

STEP4売却のご成約

買取させていただきます

査定額にご納得頂ければ、提示した金額で買取りをさせていただきます。諸手続きまでサポートいたします。

簡単30秒無料査定を依頼する

フィアットの買取査定の強化車種一覧

124スパイダー500(チンクエチェント)500C500Xウーノクロマクーペフィアットグランデプントティーポテムプラニューパンダバルケッタパンダブラビッシモプントプントエヴォプントカブリオムルティプラ

フィアットの買取査定の希少車一覧

X1/9