オペル ヴィータ
高く売却・買取

オペル ヴィータイメージ

愛車の買取価格に満足していますか?オペル ヴィータとは

オペル・ヴィータは、ゼネラル・モーターズ傘下のオペルが製造・販売していた小型のハッチバックです。ヨーロッパでは「コルサ」という名前で販売されていて、現在も生産が続けられています。「コルサ」の名前は、日本においてすでにトヨタが使用していたため、ヴィータという名前に改名されて販売されました。日本においては、2代目モデルと3代目モデルが輸入されていましたが、2006年にオペルが日本市場から撤退して以降は正規輸入がストップしています。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

オペル ヴィータの買取相場の傾向

オペル・ヴィータは、その親みやすいデザインと安価な価格、充実した装備、右ハンドル車ものちに設定されたことも相まって、日本に導入されてからは非常に好調な売れ行きを記録しました。しかし、2006年にオペルが撤退してから10年以上が経過した現在、日本の中古車市場に出回っている数も極めて少数となっています。ヴィータの買取相場はそもそも存在しないと言っても良いかもしれません。高額査定を狙うのであれば、輸入車に強い買取専門店を探すのがベストな選択でしょう。

買取査定時のオペル ヴィータのセールスポイント

オペル・ヴィータが日本で広まったきっかけは、親みやすいテレビCMが放映されたことや、とあるテレビドラマの女性主人公の愛車として抜擢されたことなどが挙げられます。日本に輸入されていた2代目、3代目のデザインには、日本人デザイナーである児玉秀雄氏が関わっていました。愛らしいデザインに加えて、デュアルエアバッグやABSなどの安全装備が充実していたことも、幅広い層に受け入れられた一因と言えるでしょう。現在でもヨーロッパでは、フォルクスワーゲン・ポロやフォード・フィエスタのライバルとしてしのぎを削っています。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。