フォード プローブ
高く売却・買取

フォード プローブイメージ

愛車の買取価格に満足していますか?フォード プローブとは

マツダと共同開発を行い、EXPの後継車として1988年に登場したフォード プローブ。初代はマツダ カペラをベースとしていますが、そのカペラよりもクールな印象を持ち、さらにカペラにはない、リトラクタブル・ヘッドライトを採用し、スポーティさを演出します。エンジンは2.2L 直列4気筒OHC12バルブまたは3.0L V型6気筒OHVが用意されており、それぞれ110馬力と140馬力を発生します。その後、1992年にフルモデルチェンジし、今度はマツダ MX-6の姉妹車となりました。先代よりもさらにスタイリッシュになり、またエンジンも2.5L V型6気筒DOHC24バルブへと変更になりました。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

フォード プローブの買取相場の傾向

販売終了から20年以上経った現在、フォード プローブの姿が消えつつあり、全国で中古車を探してみても、なかなか入手困難となっているのが現状です。ですので、価格相場はこれくらいではないかとはっきり言うことはできませんが、もし所有されている方がいれば、今が売れどきかもしれません。なぜなら、レア車として価値が認められ、高額査定となる可能性もあるからです。ぜひご相談ください。

買取査定時のフォード プローブのセールスポイント

この車の魅力はなんといってもスタイリッシュなボディでしょう。初代プローブが発売される前の1970年代、コンセプトカーとして存在していた「プローブ」は、空力的デザインをこれまでもかというほど考慮されたものでしたが、その考えがのちに生産されたフォード プローブにも採用されており、過去に恥じない、空力にこだわり抜いたデザインとなっています。また、2代目はボディサイズは拡大されたものの、さらに美しくなったデザインは世界から評価されていました。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。