ロータス エヴォーラ
高く売却・買取

ロータス エヴォーライメージ

愛車の買取価格に満足していますか?ロータス エヴォーラとは

ロータス エヴォーラは、英国の名門ロータス・カーズが80年代の「エクセル」以来久しぶりに登場させた4シーターのミッドシップスポーツです(※2シーターも選択可能ですが)。ロータス自慢のアルミバスタブシャーシ技術を活用した全長4344mmのミッドシップボディに2+2のシートレイアウトを載せ、当初のエンジンはトヨタ製の3.5L V6 DOHC。2011年にはスーパーチャージャー付きの「エヴォーラS」が登場し、2015年11月には大幅改良を受けて後期型へと進化しました。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ロータス エヴォーラの買取相場の傾向

希少な高額スポーツモデルのため、ロータス エヴォーラの中古車流通量は決して豊富ではありません。しかしそれなり以上の数が常に流通していることも確かです。買取相場は2015年11月のビッグマイナーチェンジを境に二極化していて、2016年以降の「400」や「410」はかなりの高値傾向となっています。その半面、2015年モデルまでのエヴォーラの買取相場は比較的安値傾向ではあるのですが、それはあくまでも「ロータスとしては」であって、一般的なメーカーの一般的なクルマと比べるなら、前期型であっても十分「高値傾向」と見ることはできるでしょう。特にエヴォーラSの好条件車はなかなかの高値となっています。

買取相場:約250万円~約800万円

買取査定時のロータス エヴォーラのセールスポイント

2016年モデル以降の「400 2プラス2シーター」の好条件車であれば、基本的には軒並み高値が狙えるはずです。ただ、このところ登録済み未使用車と思われる物件の数が増えているのが少々気になるところではありますが。前期型に関しては、走行2万km台までのエヴォーラSはまずまず有利です。楽しいクルマですので長く愛するのも素敵ですが、あまり距離が延びないうちに売却を検討するのもひとつの考え方ではあるはずです。前期型のベースグレードも3万kmを超えるとやや厳しくなる側面があるため、できれば距離少なめのうちに手放したいところ。このクルマに関しては、高品位なカスタムはプラス査定となるかもしれません。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ロータス エヴォーラの
高価買取実績

  • 買取時期:2019年06月

    買取額25万円 UP!

    ロータス エヴォーラ (ファーストリミテッドエディション)

    • 他店の買取価格

      305万円

    • 外車王の買取価格

      330万円

    年式
    2010年
    走行距離
    3.8万km

※このページに掲載している買取実績は、実際の買取額を保証するものではありません。あくまで過去の実績であり、実際の買取額は相場等により日々変動いたします。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。