ジャガー Eタイプ
高く売却・買取

ジャガー Eタイプイメージ

愛車の買取価格に満足していますか?ジャガー Eタイプとは

ジャガーEタイプは、1961年から1975年の間に販売され、流麗なデザインと卓越した性能、それでいてライバル車よりも安価でEタイプは大きな人気を博し、特にアメリカでは大ヒットとなりました。空力を意識したロングノーズ、ショートデッキは後のスポーツカーに大きな影響を与え、ボディタイプはオープン2シーターのロードスターとクーペの2種類がありました。ボディは全モデルを通じてモノコックとチューブラーフレームが併用され、エンジンは3,781ccの直列6気筒DOHC、後に4,235ccへと排気量が引き上げられ、最終的には5,343ccのV型12気筒SOHCが搭載されました。14年の歴史の中で、大きなモデルチェンジを3回行い、アメリカの安全基準を満たすためシリーズ2・シリーズ3へとモデルチェンジを行ったが、当初の美しいデザインは次第に失われたとされているものの、大排気量のEタイプも独特の存在感を示しています。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ジャガーを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ジャガー Eタイプの買取相場の傾向

1975年が最後のモデルであるにかかわらず、日本でも多くの台数が売れたために、試乗には予想を上回る台数が流通しています。価格がわかるものでも1000万円前後ですが、ほとんどが価格応談となっているために、程度のいいものはさらに高値となっていると予想されます。このような特別な車種の場合は専門知識のある買取業者に売却する必要があり、英国車専門の買取業者なら思わぬ高額が提示されるかもしれません。買取相場:615~1600万円(2019年9月現在)

ジャガー Eタイプのセールスポイント

軽量ボディを生かしてレースではフェラーリ250GTと死闘を繰り広げた猛者でありながら、路上では英国紳士そのものの、高貴で上品な佇まいを漂わせるEタイプ。そんな英国製スポーツカーの伝統の姿がセールスポイントです。中でもロードスターのスタイリングは美しく、lたしかにカルフォルニアの太陽の下で乗りたくなる雰囲気があり、当時のアメリカで大人気になったのがわかります。日本で乗るならクーペボディ。ほどよい包まれ間の中、非日常を味わえる車だと思います。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ジャガーを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。