ボルボ 480
高く売却・買取

ボルボ 480イメージ

愛車の買取価格に満足していますか?ボルボ 480とは

480は1986年から1996年までボルボが製造していた前輪駆動の3ドアハッチバック。日本への正規輸入は300台。その内、295台が左ハンドルMT車、残り5台が右ハンドルAT車。正規輸入された480は1989年型のターボモデルのみ。ボディサイズは全長4,300mm全幅1,695mm全高1,330mmコンパクトカーのカテゴリーに分類されます。現在ではこのくらいのサイズの車がちょうど良いと人気がありますが、導入された時代はバブル絶頂期でした。480はリトラクタブルヘッドライトを採用。後ろ姿は水平基調でブラックアウトされたライト回りで独特な後ろ姿を演出。現代のボルボC30やV40にもこのデザインが継承されています。480が販売された時からボルボのコンパクトカーデザインは完成していて、進化してきたと言えます。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ボルボを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ボルボ 480の買取相場の傾向

ボルボ480の相場情報はインターネットの中古車検索でも見つからない貴重な車です。タイミング良く見つけられたらラッキーです。レア車ということもあり、買取価格は期待できます。

買取査定時のボルボ 480のセールスポイント

ボルボ400シリーズの一部としてラインナップされていた480。日本に導入されたのは480のみでしたがその他にも5ドアハッチバックの440、4ドアセダンの460のラインナップが存在していました。5ドアハッチバックの440からすでに四角いグリルに斜線というデザインが導入されており、ボルボのアイコンとなるフロントフェイスをしています。目立つ存在ではなかったもののボルボデザインの核となる要素が多く詰まっています。日本に導入された480は他のボルボとはひと味違ったユニークなデザインを採用しています。アイコンとなるグリルはナンバープレートの位置よりも低いところにひっそりと存在し控えめにボルボのアピールをしています。ボルボだけどちょっと変わったボルボが欲しい人にはおすすめな車です。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ボルボを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。