フィアット X1/9
高く売却・買取

フィアット X1/9イメージ

愛車の買取価格に満足していますか?フィアット X1/9とは

X1/9は、フィアット128ベースで着脱式のタルガトップを備えたスポーツ・スパイダーです。1972年に発表され、1982年からはベルトーネに販売権を移行しつつ1989年までに16万台以上が生産された、量産ミッドシップスポーツカーのパイオニア的存在です。日本では1974年よりロイヤル・モータースによって輸入されました。日本仕様は基本的にアメリカ仕様と同等で890kgの車重に66馬力の出力そしてトップスピード160km/hとされています。その後東邦モーターズが輸入権を得た1978年モデルからは1.5Lエンジンとなって多少のパワーアップがなされています。さらに、ベルトーネとなった1982neンモデルは、代理店がBICS三晴となり排出ガス規制をクリア。パワーは85馬力のままとされ、2トーンカラーのボディと本革製のインテリアとなり、稀少モデルながらも300万円を切る販売価格となっています。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

フィアットを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

フィアット X1/9の買取相場の傾向

意外に安いと思われるかもしれませんが70年代に300万円以下で販売されていたため、買取相場としてはかなり高値を維持しているのです。年式の割に流通する台数も多く、今でもそのスタイリングとコンセプトに魅了されるファンも多く、需要もあることから程度次第では高価買取の可能性もあります。注意点としてはタルガトップの不調がないことなど特徴的なこともありますが、ガレージで大事に保管されるなどされているなど、プラス要素が加われば相場以上の価値があるはずです。買取相場:130~250万円(2019年9月現在)

フィアット X1/9のセールスポイント

魅力的なスタイリングと手の届くミッドシップスポーツがセールスポイントとして注目されましたが、日本市場では絶対的パワー不足に加え、高温多湿下での不十分なボディ防錆処理、夏の渋滞でのオーバーヒート、1983年にアメリカの倉庫で水難にあった車両が大量に日本へ輸入されるなど負の方向のイメージに拡大し、消費者の評判を悪くした不遇のフィアットX1/9。でも、そんなことは抜きにして、子供心にこれほどカッコよく目に映った車は多くはありません。今でもマツダロードスターの横に並べれば「こっちの勝ち」であるのは言うまでもありません。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

フィアットを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。