フェラーリ スクーデリア・スパイダー16M
高く売却・買取

フェラーリ スクーデリア・スパイダー16Mイメージ

愛車の買取価格に満足していますか?フェラーリ スクーデリア・スパイダー16Mとは

フェラーリ スクーデリア・スパイダー16Mは、F430のサーキット仕様である430スクーデリアがベースとなったオープンタイプのスポーツカーで、2008年11月に499台のみの限定車として登場しました。F1においてスクーデリア・フェラーリが16度目のコンストラクターズチャンピオンを獲得した記念に作られており、車名に獲得数の16が付き、また、テールに“F1 CONSTRUCTORS 16 2008 WORLD CHAMPIONSHIPS”のエンブレムが付けられています。4.3L V型8気筒エンジンをミッドに搭載し、トランスミッションには最短60msでのシフトチェンジを可能にしたF1スーパーファスト2ギアボックスを採用。最高出力は380kW/8,500rpmとなっています。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

フェラーリを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

フェラーリ スクーデリア・スパイダー16Mの買取相場の傾向

車名に「430」と付けられてはいないものの、実質的には430シリーズ中最も希少性の高いスペチアーレモデルであるスクーデリア・スパイダー16M。世界限定499台のうち、日本に正規輸入として上陸した個体は50台前後と言われており、中古車市場にその姿を見せるときは価格が公表されていないことがほとんどです。買取に関しても、参照されるべき相場が定まっていないことからプレミア価値の判断は取引店によりばらつきがあると予想されます。

買取査定時のフェラーリ スクーデリア・スパイダー16Mのセールスポイント

もともとベースとなった430スクーデリアも評価の高い車種であり、さらにメモリアルモデルの希少性が付加されることでより魅力を増しているといえるでしょう。オープンカーでありながらカーボンやチタンを多用して軽量化に成功。0-100km/h加速3.7秒以下、最高速度315km/h以上を発揮する高い運動性能を持ち、F50が保持していた当時のオープンモデルサーキット最速タイムを塗り替えたことでも知られています。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

フェラーリを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。