フォルクスワーゲン タイプ2
高く売却・買取

フォルクスワーゲン タイプ2イメージ

フォルクスワーゲン タイプ2の買取相場の傾向

1953年に発売されたフォルクスワーゲンタイプ2は、空冷・リアエンジンのタイプ1(ビートル)をベースに開発されたワンボックスタイプの商用車です。一般的には、13ウィンドウが特徴の第1世代(T1)「ワーゲンバス」とキャンピングカーベースとして人気の第2世代(T2)をタイプ2と呼びますが、買取相場は1960年代後半~1970年代のレストアされた個体が高値で取引されています。とくに、ビビットカラーにオールペイントされた第1世代(T1)の人気が高く、逆に第2世代(T2)は、クリーム色などの地味な単色が人気で、キャンピングカー仕様が定番のカスタムになっています。そして、どちらもしっかりとレストアされた個体は、オリジナルコンディションを上回る買取額で取引されるケースが多く見られます。

タイプ2の
買取・売却満足度

お喜びの声がたくさん届いています!
かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。