アウディ RS2アバントイメージ

アウディ

RS2アバント特化
どこよりも高く売却・買取

アウディ RS2アバントイメージ

アウディ

RS2アバント特化
どこよりも高く売却・買取

外車王がお客様に選ばれる
3つの理由

  • 輸入車専門店のノウハウ

    輸入車専門だから高く売れる

    輸入車の専門知識があるから、仕様・装備などはもちろん、一台一台の個体差まで細かく評価し売却価格に反映できるノウハウがあります。また外車王独自の販売ネットワークも踏まえた高額査定で、お客様の“高く売りたい”に応えます。

  • 査定件数年間 15,000件以上

    手間なく安心の売却体験を実現

    外車王の厳格な基準をクリアした買取店がエリア1社限定で丁寧に対応しているほか、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。輸入車の査定数年間15,000件以上と実績も豊富で、安心してご利用いただけます。

  • 即日買取可能なフットワーク

    素早い出張査定、即日買取可能

    日本全国どこでもスピーディーに。最短当日、無料で専門スタッフが出張査定にお伺いします。ディーラーや中古車販売店・整備工場と違い、買取専門だからできる専門スタッフによる素早いフットワークで、査定から契約後のご入金まで対応スピードに自信があります。

アウディを
どこよりも高く売るなら

愛車の買取価格に満足していますか?アウディ RS2アバントとは

シトロエンDSは、1955年から1975年までの約20年間、改良を繰り返しながら合計で、約145万5,000台が製造されたシトロエンの主軸を担うモデルです。ボディは全長4.81m、全幅1.8m、全高1.47mという、1950年代中期のヨーロッパ車としては異例の大型で、先端は低く尖ったグリルレス・スタイルで、半埋め込みのヘッドライトとともに空気抵抗を抑制し、「宇宙船」とまで評された当時としては先進的で前衛的な空力デザインと、油圧動力によるエア・サスペンション機構を中心とする「ハイドロニューマチック・システム」を搭載した特異なメカニズム構成で知られています。また、乗り心地と操縦安定性を高水準なものとし、エンジンは1.9L・OHVのロングストローク型直列4気筒で、1960年代中期に新しいショートストローク型に置き換えられ、排気量も2L~2.3Lに拡大されたが、OHV直列4気筒のレイアウトは踏襲されました。また、インテリアではダッシュボードにが連続した曲面デザインを用いていて、特徴的な1本スポーク支持のステアリングともどもモダンな印象となっていました。

アウディを
どこよりも高く売るなら

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。

  • 二重査定一切なし
  • 二重査定一切なし

    専門スタッフが丁寧に査定するので、中古車買取業界にありがちな契約後の減額は一切ありません。また、契約後の不当なキャンセル料請求もございませんので安心です。

  • JPUCに加盟

    買取業界の自主規制団体であるJPUCに加盟しているので、業界の健全化を推進し安全安心でクリーンな買取業務をおこなっています。

  • 監修 日本自動車購入協会

アウディ RS2アバントの買取相場の傾向

970~1975年までのDSが流通していることが確認できました。多くが価格応談となっていますが、価格が表にされている個体の推定買取価格は以下の通りです。故障の多い車種ですが、それだけに現存している個体はメンテナンスがしっかりとされていると考えていいのではないでしょうか。今見ても独創的なデザインは、注目されることも違いなし。もし所有されている方がいらっしゃれば、一度買取査定をされてみてはいかがでしょうか。買取相場:336~637万円(2019年9月現在)

アウディ RS2アバントのセールスポイント

フランスの富裕層や有名人たちに愛され、フランス大統領の公用車などにも選ばれ、数々の名作映画にも重要な脇役として登場しながら1975年まで生産を続けたDSは、「20世紀の名車ランキング」であるカーオブザセンチュリーにおいて、1位のフォード・モデルT、2位のミニに次ぐ第3位の「偉大な自動車」という評価を得ている名車です。ただの古いクラッシックカーではありません。その独特のエクステリアデザインは、他の最新モデルよりも目立つこと間違いなしで、映画やテレビでは見たことはあっても、実物を初めて見る人にとっては「デカイ」「カッコイイ!」という声が聞こえてくるはずです。

アウディを
どこよりも高く売るなら