MV背景

輸入車買取No.1* 外車王

アウディ Q3
高く売却買取

アウディ Q3イメージ

※2018年8月〜9月 Fastask調べ 買取価格納得度・また利用したい・友人に紹介したい第一位(実査委託先:株式会社ジャストシステム)

アウディ Q3の買取相場価格

最高買取価格 ¥1,845,000
最安買取価格 ¥86,000
平均買取価格 ¥671,268
平均走行距離 79,633km
最高買取価格 ¥1,845,000
最安買取価格 ¥86,000
平均買取価格 ¥671,268
平均走行距離 79,633km

アウディ Q3の 買取相場一覧表

グレード 年式 買取相場価格
2.0TFSIクワトロ170PS 2015年式 ~ ¥1,409,000
2014年式 ~ ¥1,267,000
2012年式 ~ ¥995,000
2.0TFSIクワトロ170PS_Sラインパッケージ 2015年式 ~ ¥1,550,000
2014年式 ~ ¥1,396,000
2012年式 ~ ¥1,102,000
2.0TFSIクワトロ180PS 2019年式 ~ ¥1,805,000
2018年式 ~ ¥1,704,000
2016年式 ~ ¥1,576,000
2.0TFSIクワトロ180PS_Sラインパッケージ 2019年式 ~ ¥2,110,000
2018年式 ~ ¥1,995,000
2016年式 ~ ¥1,735,000
2.0TFSIクワトロ211PS 2012年式 ~ ¥892,000
2.0TFSIクワトロ211PS_Sラインパッケージ 2012年式 ~ ¥977,000
Sラインコンペティション 2014年式 ~ ¥1,600,000

※このページに掲載している相場情報は、外車王が独自に算出・分析した値で、実際の査定額を保証するものではありません

アウディ Q3の
高価買取実績

  • 買取時期:2019年11月

    アウディ Q3 1.4 TFSI スポーツ

    アウディ Q3 1.4 TFSI スポーツ実績画像

    買取額10万円 UP!

    • 他店の買取価格

      190万円

    • 外車王の買取価格

      200万円

    年式
    2016年
    走行距離
    1.5万km
  • 買取時期:2019年05月

    アウディ Q3 1.4 TFSI

    アウディ Q3 1.4 TFSI実績画像

    買取額30万円 UP!

    • 他店の買取価格

      220万円

    • 外車王の買取価格

      250万円

    年式
    2018年
    走行距離
    0.7万km
  • 買取時期:2019年01月

    アウディ Q3

    アウディ Q3実績画像

    買取額10万円 UP!

    • 他店の買取価格

      210万円

    • 外車王の買取価格

      220万円

    年式
    2016年
    走行距離
    距離不明

※このページに掲載している買取実績は、実際の買取額を保証するものではありません。あくまで過去の実績であり、実際の買取額は相場等により日々変動いたします。

外車王の利用者に
聞きました!

  • Q1また外車王を利用したいと
    思いましたか?

    YES96%

    利用者の96%が 「また利用したい」と答えました。

  • Q2査定スタッフの対応はいかが
    でしたか?

    良い/丁寧
    分かりやすい96%

    利用者の96%が 「とても良い」「とても丁寧」「とても分かりやすい」と答えました。

  • Q3外車王をご選択いただいた
    理由をお聞かせください

    王冠1
    買取金額が高かったり、
    価値をわかってくれたから
    王冠2
    電話や査定時の対応が良かったから
    王冠3
    ホームページの記載内容が良く、信頼できそうだったから
    王冠4
    すぐに出張査定をしてくれたから

    ※2020/1 ~ 2020/6 利用者アンケートより

外車王がお客様に選ばれる
3つの理由

  • 輸入車専門店のノウハウ

    輸入車専門店の
    ノウハウ

    仕様・装備などを細かく評価し売却価格に反映。高額査定でお客様の“高く売りたい”に応えます。

  • 査定件数年間 15,000件以上

    査定件数年間
    15,000件以上

    国内最大級のネットワークを誇る外車王。
    多数の実績がありますので安心してご利用いただけます。

  • 即日買取可能なフットワーク

    即日買取可能な
    フットワーク

    日本全国どこでもスピーディーに。最短当日、無料で専門スタッフが出張査定にお伺いします。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

愛車の買取価格に満足していますか?アウディ Q3とは

アウディ Q3は、小さなボディにアウディ Qシリーズの魅力を凝縮したプレミアムコンパクトSUV。ベースとなっているのは先代A3スポーツバックで、シングルフレームグリルが目を引くエクステリアは、クーペ的なダイナミックとSUVらしさを両立させた独自のスタイリングを実現しています。当初は2L直4直噴ターボ搭載のクワトロ(フルタイム4WD)のみでしたが、2014年には1.4Lのダウンサイジングターボエンジン搭載のFF版を追加しました。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

Q3
お客様の総合満足度

お喜びの声がたくさん届いています!

    • 査定対応4.0
    • 満足度4.0
    東京都 40代 女性 M.T様

    東京都 40代 女性 M.T様

    2016年式 アウディ Q3

    信用ようできますよ いろいろあります。

メディア掲載事例

テレビ東京「日曜ビッグバラエティ」や、新聞「日刊自動車新聞」WEBメディア「レスポンス」「オートックワン」「マイナビニュース」など、様々なメディアに外車王を掲載いただきました。

ニュースメディア画像

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。

  • 二重査定一切なし
  • 二重査定一切なし

    専門スタッフが丁寧に査定するので、中古車買取業界にありがちな査定後の減額が一切ありません。また、契約後の不当なキャンセル料の請求など一切ございません。

  • JPUCに加盟

    買取業界の自主規制団体であるJPUCに加盟しているので、業界の健全化を推進し安全安心でクリーンな買取業務をおこなっています。

  • 監修 日本自動車購入協会
かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

買取までの流れ

  • STEP1査定依頼のお申込

    メールフォーム、フリーダイヤル、お好きな方法でご依頼ください。お急ぎの場合はお気軽にフリーダイヤル0120-1960-350120-1960-35までお電話ください。

  • STEP2担当者より連絡

    お電話またはメールにて、外車王・公式パートナーの担当者より連絡いたします。必要に応じておクルマの詳細の確認を行わせていただきます。

  • STEP3買取額の算出

    お客様のご希望の場所まで無料で出張査定、またはご来店による査定もご相談いただけます。

  • STEP4売却のご成約

    査定額にご納得頂ければ、提示した金額で買取りをさせていただきます。諸手続きまでサポートいたします。

かんたん
30秒!

無料査定フォーム

お急ぎの場合はお気軽に 0120-1960-35 までお電話ください。

アウディ Q3の買取相場の傾向

都市部の混み合った道路状況でも扱いやすいサイズのアウディ Q3は、主に都会派のユーザーから支持を集めているSUVですが、その初期モデルは比較的値下がり傾向です。初期の2.0TFSIには最高出力170psの仕様と211psの仕様があるのですが、走行距離多めの170ps仕様の買取相場は比較的安め。とはいえ211ps仕様の低走行物件は初期年式であってもまずまずの相場をキープしています。1.4TFSIが追加され、2.0TFSIも180ps仕様と220ps仕様になった後期型は、好条件な個体に関してはなかなかのプライスで取引されています。

買取相場:約100万円~約320万円

買取査定時のアウディ Q3のセールスポイント

同じ2L直噴ターボ搭載グレードでも高出力版(前期型は211ps、後期型は220ps)のほうが高値が付きやすい傾向はありますが、「高出力版だから」というだけで査定額が上がることはあまりありません。走行距離の数値や内外装のコンディションが年式なりの適切なもので、なおかつ人気のオプション装備が付いているなどの理由もプラスされて初めて高査定となります。これからQ3の売却を考える人は、少なくとも内外装を今以上に劣化させないよう気をつけてください。またモデルライフ的にも後半に入っているQ3ですので、後期型であっても売却は早めのほうがいいでしょう(もちろん、売らずにそのまま愛用するのも決して悪くないです)。