シトロエン C2
高く売却・買取

シトロエン C2イメージ

外車王がお客様に選ばれる
3つの理由

  • 輸入車専門店のノウハウ

    輸入車専門だから高く売れる

    輸入車の専門知識があるから、仕様・装備などはもちろん、一台一台の個体差まで細かく評価し売却価格に反映できるノウハウがあります。また外車王独自の販売ネットワークも踏まえた高額査定で、お客様の“高く売りたい”に応えます。

  • 査定件数年間 15,000件以上

    手間なく安心の売却体験を実現

    外車王の厳格な基準をクリアした買取店がエリア1社限定で丁寧に対応しているほか、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。輸入車の査定数年間15,000件以上と実績も豊富で、安心してご利用いただけます。

  • 即日買取可能なフットワーク

    素早い出張査定、即日買取可能

    日本全国どこでもスピーディーに。最短当日、無料で専門スタッフが出張査定にお伺いします。ディーラーや中古車販売店・整備工場と違い、買取専門だからできる専門スタッフによる素早いフットワークで、査定から契約後のご入金まで対応スピードに自信があります。

愛車の買取価格に満足していますか?シトロエン C2とは

シトロエン C2は、同じプジョー・シトロエングループのプジョー206や1007と基本プラットフォームを共用するコンパクト3ドアハッチバックで、日本では2004年から2012年まで販売されました。エンジンは1.4L SOHCと1.6L DOHCの直4で、いずれも「センソドライブ」と呼ばれる5速セミATとの組み合わせが基本になりますが、ホットバージョンの「1.6VTS」は同じ1.6L DOHCでも高出力版を搭載し、トランスミッションも5MTのみとなるグレードです。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

シトロエンを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

シトロエン C2の買取相場の傾向

シトロエン C2の流通量は減少傾向にありますが、それでも安価な輸入中古車を求める層からのそれなりの人気は維持しているため、ある程度の流通量は今なお確保されています。といっても「1.4 VTR」と「1.6VTR」はさすがにもはや安値で、買取価格もかなり低めとなるのが現実です。しかしホットハッチである「1.6 VTS」はそのパンチ力と希少性により一定の層に人気がありますので、コンディション良好な個体であれば、まずまずのプライスで取引されることも多いクルマとなっています。

買取相場:約5万円~約45万円

買取査定時のシトロエン C2のセールスポイント

ベーシックなVTR系は1.4L SOHCも1.6L DOHCもおしなべて安値傾向で、走行距離少なめの美車であってもさほどの高値は付かないと思われます。そのため、VTR系を売却する際はある種の「あきらめ」も肝心となるはずです。しかし人気の「1.6 VTS」であれば話は別です。低走行で内外装のコンディションが悪化していない個体は高値傾向ですし、そうでなくても、それまでの整備履歴がびっしり記載されているような資料があれば、それなりの高査定材料にはなるはずです。メンテナンス関係の伝票や領収書などは捨てずに保管しておきましょう。

C2の
買取・売却満足度

お喜びの声がたくさん届いています!
かんたん30秒! 無料査定を依頼する

シトロエンを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。