US三菱
高く売却・買取

US三菱の買取相場の特徴

米国三菱の買取相場は、2004年スパイダーのみが左ハンドルのまま日本で発売されたエクリプスがUSDM仕様として取引されています。

日本仕様は本革シートとAT車のみの設定で、車輌側面のウインカーランプ装着等の変更以外は、ほぼ米国仕様となっております。エクリプスはUSDMのオープンモデルとして希少性はありますが、15年以上経過している過走行車が多く、買取相場としては厳しいと言わざるを得ない状況です。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

US三菱の高価買取のポイント

米国三菱の高価買取のポイントは、ほとんどがUSDM仕様のエクリプススパイダーのため、カスタマイズの内容と内外装のコンディションです。しかし、15年以上経過した過走行車が多いため、状態さえ良ければフルノーマル車が高く評価されるケースも十分考えられます。そして、少しでも高く売りたいのであれば、オープンモデルや左ハンドルの希少価値がわかる買取専門店に査定を依頼するのがお勧めです。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。

US三菱の
オススメ買取強化車種一覧