ノーブル
高く売却・買取

ノーブルの高価査定・買取は外車王にお任せください!

ノーブルはイギリスのレスターシャー州 バーウェルに1999年に設立されました。幾多のロードゴーイングカーの設計に携わっていたリー・ノーブルによって設立されたノーブルは、職人によってハンドメイドされるスポーツカーの生産が主で、現在ではイギリスのスーパーカーメーカーとして、その地位を確立しています。リー氏がロードゴーイングカーに携わっていたことからも、生産される車種は非常に運動性能が高く、加えて現行M600では落ち着いたものの、アグレッシブなスタイリングも大変に魅力的でした。

このような特殊なラインナップですので、日本車の買取りがメインの業者では査定実績は皆無でしょう。そこで、価値が分かる輸入車買取専門店で査定してみてはいかがでしょうか。外車王では、オーナー様が大切に乗っていたノーブルを丁寧に買取査定させていただきます。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ノーブルの買取相場の特徴

ノーブルの生産は2シーターオープンの"M10"からスタート、数台しか生産されなかった伝説の1台です。その後"M12"が登場、そのスペックのたかさにノーブルの名前は一気に世界に広まることとなりました。その後、M12のトラックエディションにあたる"M400"、フラッグシップモデルであった"M14"をへてスーパーカー路線へと変更、現行モデルは"M600"でV8ツインターボエンジンを搭載する強力なモデルです。ノーブルが並み居るほかのスーパーカーと大きく異なるのは、強力なスペックを誇っておりながら、いわゆる電子制御などのアシスト装置が、ほぼ搭載されていないというのですから驚きですね。

そんなノーブルの買取相場は、国内で数台しか存在していませんので、基本的にはほぼ相場がございません。それだけに、相場の変動は読みづらいので、売却を検討されているのであれば早めにご売却いただくのが間違いないかと思います。

ノーブルを一括査定やディーラー下取りに依頼する前に

ノーブルで、査定金額の最も重要なファクターを占めるのが、"走行距離"です。できれば1万km以下の走行距離であればなお、高額査定が可能でしょう。特にノーブルの車は運動性能が高いため、機関系のトラブルや、飛び石などのエクステリアの損傷もできれば避けておきたいポイントです。

また、M400は2006年から数年間、新車並行にて輸入されていました。この当たりは、輸入時の通関証明や保障書などの保管状況により大幅に金額も変わりますので、合わせて気をつけたいですね。

また、特殊なお車であるが故に、一般買取店でのご査定はことわられてしまうことも多々あるかと存じます。ノーブルを買取で不安の方、買取査定金額に疑問をお持ちの方、その他どんなお悩みでも構いませんので、まずは一度外車王までお気軽にご相談いただけますと幸いです。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。

ノーブルの
オススメ買取強化車種一覧