アストンマーティン DB5
高く売却・買取

アストンマーティン DB5イメージ

愛車の買取価格に満足していますか?アストンマーティン DB5とは

アストンマーティンDB5 は、DB4の後継車種として1963年~1965年に製造したスポーツカーです。エンジンは、3,995ccの水冷直列6気筒全軽合金製DOHCエンジンを搭載。標準型は3基のSU製キャブレターを装備し282hpを、高性能版のヴァンテージ仕様は3基のウェーバー製キャブレターで314hpを出力しています。2年余りの間に1,023台が製造されています。歴代のアストンマーティンの中でもDB5の人気が高いのは、映画007シリーズで主役のジェームズ・ボンドが乗る「ボンドカー」として使用されたことが大きいでしょう。DB5は多くの007シリーズに登場しますが、初代ボンド役のショーン・コネリーが「ゴールドフィンガー」で操るDB5が最も人気があります。また、2018年8月にその1964年公開 された「007ゴールドフィンガー」に起用されたボンドカー、アストンマーティンDB5を25台限定で復刻生産し、販売することを発表しています。そして、顧客への引き渡しは、2020年を計画しています。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

アストンマーティン DB5の買取相場の傾向

アストンマーチンDB5を買いたいという方もいると思いますが、探しても見つかりません。博物館か世界中のファンが所有し、オークション以外で手放されることは滅多にないでしょう。相場も世界中の名車オークションに出品された価格がある程度ですが、現在では5,000万円~1億円が相場らしく、しかも現存する台数も少なく、出品される台数も増える可能性もないため、まだ高値から値崩れする気配がないのが現状です。高いとお思いでしょうが、ご紹介した復刻版は3奥苑以上とされていますから、あながち常識外れの高値とは言えません。買取相場:応談(2019年9月現在)

アストンマーティン DB5のセールスポイント

DB5のセールスポイントは、魅力的なデザインや4リッターのハイパワーエンジンもさることながら、ボンドカーであることにつきます。英国クラシックカーの代表格でもありながらも、古い映画を観て、走行シーンを確認出来る車はこのDB5ぐらいしかないでしょう。新しいアストンマーティンも素晴らしい車ですが、DB5以上の価値を見出せる車種は残念ながら見当たりません。今後、復刻版を購入できるラッキーなオーナーと知り合いになれればいいのですが。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。