ケーニグセグ
高く売却・買取

ケーニグセグの高価査定・買取は外車王にお任せください!

スウェーデンには、世界基準のエンジニアが数多く存在し、その理由は自国の戦闘機開発のためでした。その技術の多くは、インフラ整備などに応用されました。若き日のクリスチャン・フォン・ケーニグセグ氏は、その技術の高さを用いて、究極のモビリティを開発するために、自身の情熱で仲間をあつめてプロジェクトをスタート、""CC8S""から量産化をスタートし、いまでは世界最高の性能を誇る""ハイパーカー""メーカーとしての立ち位置を揺ぎ無いものへと確立しました。

世界最高峰の性能をもつケーニグセグ、日本車の買取りがメインの業者では査定実績は皆無でしょう。そこで、価値が分かる輸入車買取専門店で査定してみてはいかがでしょうか。外車王では、オーナー様が大切に乗っていたケーニグセグを丁寧に買取査定させていただきます。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ケーニグセグの買取相場の特徴

ケーニグセグを大きく有名にしたのが"CCR"で2005年、イタリアのナルドサーキットで当時最速の395km/hを記録したことで、一躍世界中にその名が知れ渡ることとなりました、その後は、後継車種の"アゲーラ"さらには"レゲーラ"と続いて現在に至ります。2005年ケーニグセグCCRで達成した、"世界で最も早い公道走行可能な市販車"というギネス記録を取り戻すため、"アゲーラRS"で再挑戦、見事ブガッティシロンの記録を塗り替え、"時速277マイル/446キロ"の大記録を達成しました。

ケーニグセグが他メーカーと大きく違うところは、全てのコンポーネントに対して自社で開発を行うところです。後発のスーパーカーメーカーは、他メーカーのエンジンやギアボックスなどを流用するのが一般的ですが、世界最高基準を追求するケーニグセグは、すべて自社で先端技術を開発、数多くの特許登録にもつながっています。

ケーニグセグの買取相場は、ハイパーカーだけに安定することが見込めますが、後継車種の登場とともに大幅な相場の動きも考えられますので、このあたりは十分に注意しておくことが必要でしょう。

ケーニグセグを一括査定やディーラー下取りに依頼する前に

重要なのはまず買取査定に出して自分の車の価値を知ることが大切です。ケーニグセグで、査定金額の最も重要なファクターを占めるのが、"走行距離"です。スーパーカーだけにできれば1万km以下の走行距離であればなお、高額査定が可能でしょう。

また、2005年にケーニグセグ・ジャパンが設立され正規輸入されていましたが、2008年の経済不況を境に一度撤退、再び2014年よりデリバリーを再開していますので、このあたりは正規輸入の経路とそれ以外の経路では大きく価格差の出るポイントになってくるでしょう。

先端技術の塊であるケーニグセグだけに、メンテナンスは万全にしておくことが必須です。不具合がある場合も、査定額には影響しますので、気をつけたいポイントです。また、特殊なお車であるが故に、一般買取店でのご査定はことわられてしまうことも多々あるかと存じます。ケーニグセグを買取で不安の方、買取査定金額に疑問をお持ちの方、その他どんなお悩みでも構いませんので、まずは一度外車王までお気軽にご相談いただけますと幸いです。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。