デトマソ
高く売却・買取

あなたは愛車デトマソの買取り価格に満足していますか?

デトマソの買取価格を確認するなら外車王。主な買取車種は、ヴァレルンガ、マングスタ、パンテーラなどが有名です。中古市場で見かける車種は、デトマソパンテーラGT5-S、パンテーラGT4、パンテーラSiディーラーなどもあります。愛車の買取価格をアップ出来るよう最大限尽力させていただきますのでお気軽にご相談ください。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

デトマソの買取や売却のポイント

デトマソというメーカーで一番最初に名前があがるのはパンテーラです。1970年代の車ですが、当時のライバルであるランボルギーニやフェラーリに負けない美しいデザインの名車と言えます。国内の知名度が低いメーカーですが、パンテーラのデザインは非常に美しく、市場ではいまだに数千万という価格で取引きされています。したがって売却価格にも期待が持てると言えます。

デトマソはフルレストアやフルリニューアルされて市場に出される事も多く、たとえ車体がボロボロになっていたとしても価値を見いだしてもらうことができ、売却できる可能性があります。

査定の際は現状にどれくらいの価値をつけてもらえるかがポイントです。もちろん状態がいい方が高値がつくので、査定の際に車の状態は重要です。デトマソ自体は2012年になくなっているため、今後パーツの入手はどんどん困難となることが見込まれます。いかにオリジナルパーツを残した状態で保存されているか。これが売却額に差をつけます。オリジナルパーツは査定の大きなポイントです。

デトマソまたはデトマゾ(De Tomaso)は、イタリアの自動車メーカーであり、アレハンドロ・デ・トマソがイタリアのモデナに設立され。「ドーヴィル」、「パンテーラ」といったスポーツカーの名車を生み出してきた。日本では、スーパーカーブームの時にフェラーリや、カウンタック、ランボルギーニなどと共にとても高い人気を博した。

デトマソは2003年にアレハンドロが亡くなった後、会社は2004年5月に解散され、2011年ジュネーブモーターショーにて「・トマソ」ブランドで新型車を発表し”新生デトマソ”として復活。そして、2011年12月SUV『ドーヴィル』の製造権を中国企業に売却、2012年7月初めには残念ながら破産申請をした。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。

デトマソの
オススメ買取強化車種一覧