ゲンバラ(GEMBALLA)
高く売却・買取

あなたは愛車ゲンバラ(GEMBALLA)の買取り価格に満足していますか?

ゲンバラの買取についてのご相談なら外車王。ゲンバラの中古車は市場では殆ど見かける事がないぐらい貴重な価値があり状態が良いものも大変少ないです。そのゲンバラを中古車として高額買取してもらうなら専門店である当社までお任せください。ご期待に沿えるよう丁寧に査定いたします。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ゲンバラ(GEMBALLA)の買取や売却のポイント

ゲンバラはポルシェのチューニンゲメーカーとして有名ですが、同じくポルシェのチューニングメーカーであるRUFとの一番の違いはゲンバラは自動車メーカーではなく、あくまでチューニングメーカーだということことです。 車を売るのではなく、ゲンバラの商品はチューニング自体ということになります。代表的なものとしてポルシェのチューニングで作られた「ExTREMO」や「ビターボGT500」があげられます。他にもフラットノーズなどは言わずもがな有名な作品になっております。これらはどちらもフルコンプリートカーとしてつくられ、市場に出る事はほとんどありません。

ゲンバラのポルシェはどれも中身や外装が極めて過激であることが特徴で、エンジンももちろん過激にチューニングされています。ゲンバラが得意とするのはエンジンのターボ化で、このエンジンカスタムが施された車は人気があり、売却の際の価格も高額になる事が多いです。売却を考えるならゲンバラの良さを崩さず、そのままの姿で綺麗に乗り続ける事がゲンバラの査定UPにつながります。車体は美しく保つ方が当然売却には有利です。整備手帳などのメンテナンスの記録も査定の際に役立つので、査定時にはできる限りの資料を用意することがおすすめです。

ゲンバラは、ドイツのチューニングメーカーで、RUFなどと共に主にポルシェのチューニングを得意としています。ウーヴェ・ゲンバラが創業し、1981年にはポルシェ911・924・928のオリジナルコンプリートカーを制作、販売しました。2003年にはドイツ・レオンベルク郊外に新工場を設置し、ゲームのマシンデータを協力したりもしています。その後2010年2月に破産申請をしてしまいましたが、同年8月には新しいゲンバラを設立しました。主なオリジナルコンプリートカーにはEXTREMOやビターボGTR500などがあります。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。