アポロ
高く売却・買取

アポロの高価査定・買取は外車王にお任せください!

ローラント・グンペルト氏が設立した、ドイツのスーパーカーメーカー、グンペルト・シュポルトヴァーゲン(現:アポロ)が製造していたスーパーカーが「グンペルト・アポロ」です。非常にレーシングカーに近いルックスで、各種細かくセッティングの変更ができることからも、まさにサーキットを走るためにうまれたスーパーカーです。2006年に発売され、2009年にはドイツ ニュルブルクリンク北コースで当時の市販者最速記録を樹立、その後2013年まで約4年間にわたってその記録を保持し続けていたことからもその性能の高さは疑いようがありません。

このような特殊な車ですので、日本車の買取りがメインの業者では査定実績は皆無でしょう。そこで、価値が分かる輸入車買取専門店で査定してみてはいかがでしょうか。外車王では、オーナー様が大切に乗っていたアポロを丁寧に買取査定させていただきます。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

アポロの買取相場の特徴

車名の「アポロ」からもわかるように、アポロは宇宙船をイメージして作られました。設立者であるローラント氏が元アウディのエンジニアだったことから、アウディのV8ターボエンジンが搭載され650PSを発生します。また、レーシングカー同然のスタイルは、ガルウイングドアと大きなリアスポイラーなどまさにレーシングカーそのものです。しかしながら快適装備は残されており、バックカメラ、エアコン、トランクなど、意外なことに公道での使用も十分可能な装備となっています。

残念ながらアポロのセールスは思うようにいかず同社は経営破綻しますが、その後中国企業によって買収され復活し、アポロのアップデート版の「アポロN」、コンセプトモデルの「アロー」、現在はハイパーカーの「IE」を発売に向けて製作をつづけています。アポロの買取相場は、非常に希少なスーパーカーだけに安定することが見込めますが、後継車種の登場とともに大幅な相場の動きも考えられますので、このあたりは十分に注意しておくことが必要でしょう。

アポロを一括査定やディーラー下取りに依頼する前に

重要なのはまず買取査定に出して自分の車の価値を知ることが大切です。アポロで、査定金額の最も重要なファクターを占めるのが、「走行距離」です。スーパーカーだけにできれば1万km以下の走行距離であればなお、高額査定が可能でしょう。

サーキット使用を前提に設計されているアポロですが、買取査定の面からすると、サーキット走行での使用はできれば避けておきたいポイントになります。サーキット走行では、通常走行よりも強大な負荷がかかりますので、メンテナンス不足による不具合や、エクステリアの傷につながりやすいので、あまり好ましくないとされています。もちろん、サーキット走行歴のお車であっても買取かのうですのでご安心くださいませ。

また、特殊なお車であるが故に、一般買取店でのご査定はことわられてしまうことも多々あるかと存じます。アポロを買取で不安の方、買取査定金額に疑問をお持ちの方、その他どんなお悩みでも構いませんので、まずは一度外車王までお気軽にご相談いただけますと幸いです。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。