ルノー サフラン
高く売却・買取

ルノー サフランイメージ

愛車の買取価格に満足していますか?ルノー サフランとは

サフランは1992年から1998年までルノーが製造販売していたフラッグシップカーです。見た目はセダンですが実はハッチバックといういかにもフランス車らしい実用性まで考慮した車種です。駆動方式は前輪駆動でV6ガソリンエンジン、直列4気筒ガソリンやディーゼルのラインナップがありました。1994年にはチューニングメーカーであるハルトゲによる高性能四輪駆動バージョン「Biturbo」の追加や本革シート、専用スーツケース、エアサスペンションを装備したラグジュアリーバージョン「バカラ」もラインナップされました。1996年にマイナーチェンジを行いエンジンの変更が行われ、1998年に生産が終了しました。またサフランはフランス大統領公用車にも採用され名実共にフラッグシップとして時代の車になった一台です。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ルノーを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ルノー サフランの買取相場の傾向

サフランは輸入期間が短く高価であったため販売された台数は少なかったようです。そのため中古車市場にもほとんど出回っておらずフランス車ファンにとっては希少価値の高い車です。サフランの場合、販売台数が少ない=不人気ではなく、欲しくても買えなかったという方が正しいでしょう。このような事情まで知っているのは日本で外車を専門に扱ってきたからこそ知っているのです。サフランのことは外車王にお任せください。

買取査定時のルノー サフランのセールスポイント

サフランがデビューした当初はフランス車らしくないといった批判も受けましたが販売はそれなりに成功しました。本国では多彩なエンジンラインナップやグレード展開、高性能バージョンなどのバリエーションがありましたが日本へは導入されませんでした。日本への導入はマイナーチェンジが行われたタイミングの1996年。最上級ラグジュアリーグレードの「バカラ」が導入されました。3L V6エンジンを搭載しオールレザーインテリアの豪華バージョンは当時の価格でも500万円以上であったためごくわずかしか輸入されませんでした。1998年には廉価版の「RXE」も導入されましたが、同年に生産が終了したためわずか2年しか販売されていない貴重な車両となってしまいました。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ルノーを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。