ルノー カジャー
高く売却・買取

ルノー カジャーイメージ

愛車の買取価格に満足していますか?ルノー カジャーとは

ルノー カジャーは、「人生に、アクティブヴァカンスを」というテーマで作られたCセグメント(フォルクスワーゲン ゴルフぐらいのクラス)のSUV。日本への本格導入は2018年初頭からの予定ですが、まずは先行導入として2017年8月に「カジャーBose」が100台限定で発売されました。ボディサイズはルノー キャプチャーより少し大きく、最低地上高は200mm。パワーユニットは最高出力131psの1.2L直4直噴ターボ+デュアルクラッチ式7速ATで、駆動方式はFFとなります。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ルノーを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ルノー カジャーの買取相場の傾向

ルノー カジャーの日本への本格導入は本稿執筆時点ではまだ始まっておらず、先行発売されたカジャーBoseの中古車もまだほとんど出回っていません。したがって予測の範囲でしか申し上げられませんが、今後のルノー カジャーの買取相場は、その新車価格と人気から考えるとおおむね以下のあたりになるのではないかと思われます。

買取相場:約200万~約220万円

買取査定時のルノー カジャーのセールスポイント

本格導入されるグレードの装備詳細がまだ不明であるため正確なことは申し上げられませんが、カジャーBoseの装備を見る限り、カジャーの特徴のひとつは、2台のカメラと12個のセンサーを活用したさまざまな先進安全装備です。カジャーBoseの場合はレーンディパーチャーワーニングやブラインドスポットワーニング、緊急ブレーキ、オートハイビーム、イージーパーキングアシストが標準で装備されていますので、このあたりがまずはセールスポイントとなりそうです。今後導入されるグレードに関しては、もしもこういった装備がオプション扱いになったとしたら、迷わず装着するべきでしょう。」これからの時代は安全装備なしでの高リセールは考えられません。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ルノーを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。