ルノー アヴァンタイム
高く売却・買取

ルノー アヴァンタイムイメージ

外車王がお客様に選ばれる
3つの理由

  • 輸入車専門店のノウハウ

    輸入車専門だから高く売れる

    輸入車の専門知識があるから、仕様・装備などはもちろん、一台一台の個体差まで細かく評価し売却価格に反映できるノウハウがあります。また外車王独自の販売ネットワークも踏まえた高額査定で、お客様の“高く売りたい”に応えます。

  • 査定件数年間 15,000件以上

    手間なく安心の売却体験を実現

    外車王の厳格な基準をクリアした買取店がエリア1社限定で丁寧に対応しているほか、ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。輸入車の査定数年間15,000件以上と実績も豊富で、安心してご利用いただけます。

  • 即日買取可能なフットワーク

    素早い出張査定、即日買取可能

    日本全国どこでもスピーディーに。最短当日、無料で専門スタッフが出張査定にお伺いします。ディーラーや中古車販売店・整備工場と違い、買取専門だからできる専門スタッフによる素早いフットワークで、査定から契約後のご入金まで対応スピードに自信があります。

愛車の買取価格に満足していますか?ルノー アヴァンタイムとは

ルノーアヴァンタイムはルノーが販売していた3代目エスパス(ミニバンのようなMPV)をベースに作られたクロスオーバー3ドアクーペです。独創的なコンセプトとスタイルを持ちルノーが新たな挑戦をしたモデル。全長4,640mm全幅1,830mm全高1,635mmのサイズでありながら3ドア、2+2名、前輪駆動というスペック。スタイルはミニバンのようなワゴン形状をしていながら大きなサンルーフを持ち開閉ができるためオープンカーのような開放的なドライビングを楽しむこともできます。オープンカーにもなりクーペともとらえることができミニバンのような居住空間とラゲッジルームを備える独特な車でした。日本にも2002年から販売されるものの2003年に生産が中止となり正規輸入はわずか206台という希少な車です。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ルノーを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ルノー アヴァンタイムの買取相場の傾向

ルノーでなければ作れなかったであろうアヴァンタイムは製造期間はわずか2年で終了。日本への正規輸入は206台と少ないにもかかわらず中古車市場にはアヴァンタイムが数台出回っています。買取額は走行距離が短いほど高い傾向がありますが、中には要相談となっている車両もあります。具体性のある数字を知るためには実際に査定をしなければわかりません。希少価値すらあるアヴァンタイムを査定するなら外車王へお問い合わせください。

買取相場:約50万円~130万円以上

買取査定時のルノー アヴァンタイムのセールスポイント

アヴァンタイムは「ミニバン」でありながら「クーペ」でもあり「カブリオレ」でもあると謳われ登場したよく言えば良いところだけを寄せ集めて作った車です。ベースはミニバンであるため地上高はある程度確保されており日常使いでは段差などで困ることはなく、着座位置も高めで見通しが良いため運転もしやすいです。ミニバンと同様の長さと車高を持っているので荷物があっても問題はありません。しかしドアの枚数は2枚とバックドアの計3枚でクーペとしての要素も垣間見ることができます。さらには大きなサンルーフを備え、サンルーフとサイドウインドウを開ければカブリオレとしての解放感を味わうこともできる良いところをひとつにしたのがアヴァンタイムです。アヴァンタイムの魅力や独自性をちゃんとわかっているところで査定をしたい方はぜひ外車王へご連絡ください。

アヴァンタイムの
買取・売却満足度

お喜びの声がたくさん届いています!
かんたん30秒! 無料査定を依頼する

ルノーを
どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。