シトロエン XM
高く売却・買取

シトロエン XMイメージ

愛車の買取価格に満足していますか?シトロエン XMとは

1989年に発売開始されて日本では2001年まで発売されていた、ハッチバック型およびステーションワゴン型の当時ではシトロエンの最上級車だったXM。1990年では欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しておりヨーロッパで人気があった車種だったことが伺えます。日本で輸入されていたのはトランスミッションが全てZF4速のATでしたが効率があまり良くなかった上に故障が多かったので、5速MTの取り寄せ換装が行われた車両もあると言われています。1991年からはハンドル位置が左右好きな方を選べるようになり、1992年からはXMブレーク、1993年からは右ハンドルのXM-Sがさらに輸入され、1994年はXMスクルーシブ、1995年からはXMブレークと年代により様々な車種が輸入されています。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

シトロエン XMの買取相場の傾向

シトロエン XMは、故障や修理などトラブルが多いという声が多いので、普段のメンテナンスをいかにしっかりしているかが買取価格に大きく影響するようです。しかし、熱烈なファンもいるので年式のわりにはそれなりの金額で買い取ってもらえる可能性もあります。修理や交換の部品は非常に高価だそうです。

買取相場:約20万円~130万円

買取査定時のシトロエン XMのセールスポイント

エクステリアは近未来的で前衛的なかっこよさを突き詰められているデザインで、流行りに流されていないシトロエン XMの確立されたエクステリアは今見ても古臭さは感じられません。また街中でもあまり見かけないので珍しいかっこいい車という優越感に浸ることができます。内装もオリジナルでシンプルなシートはゆったりと余裕があり座り心地も良いですが、車高が低いので座高が高い方は注意が必要です。運転に関してはハイドロでもスポーツとノーマルを変えたり、ソフィアを変化させることができたりできるので、様々な設定により乗り心地を細かく楽しむことができます。細かく気になる部分はあるようですが、ファンにとってはそれすら全然気にならないほど魅力的な車です。

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

どこよりも高く売るなら

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

かんたん30秒! 無料査定を依頼する

外車王からのお約束

外車王では、お客様に安心してご売却いただくため、査定員は「出社前の検温チェック・お客様接客時のマスク着用・査定前後の手の消毒」の安全対策を実施しています。