新車のお得な買い時とは。中古車が安い時期についてもご紹介

新車を購入する場合、誰もが少しでも安く購入したいと考えるのは当然のことといえるでしょう。とはいえ、いつ購入すれば安く買えるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。また、中古車についても、多少の違いはあるものの同じことがいえます。 ここでは、新車の価格交渉がしやすい時期と中古車を安く買えるタイミングを紹介します。


新車の価格交渉がしやすい買い時パターン4つ


新車は価格交渉がしやすい時期が1年に数回あります。そのため、何月に車をお得に買えるのかなどを理解して、買うタイミングを逃さないことが大切です。


ここでは、新車の価格交渉がしやすい買い時について、4つのパターンに分けて解説します。


1.決算期の3月と9月


新車の価格交渉がしやすい時期は、販売店が高い売上目標を立てる決算期の3月や9月です。特に年度末の3月は、1~3月で長期キャンペーンを行うディーラーも多く、需要が2倍程度に膨らみます。


決算というのは、ディーラーの1年間もしくは半年間の売り上げ台数が決まる大切な時期です。そのため、1台でも多く車を売るために積極的に値引きが行われます。つまり、好条件で新車を購入するチャンスといえるのです。


ただし、3月末もしくは9月末までに登録することが求められることが多いので、それぞれの月の初旬から中旬までに購入を決断しましょう。


2.ボーナスが入る7月と12月


ボーナス時期の7月と12月も価格交渉がしやすい時期といえるでしょう。


この時期は、ボーナスを新車購入の資金に充てる人が多いのはもちろんのこと、夏休みや冬休みなどの長期休暇にあわせて車を購入する人も多く、決算期の次に需要が盛り上がります。


当然、ディーラー側も、様々なキャンペーンやイベントを多く開催し、買い替えを促します。つまり、この時期に購入することを前提に商談を進めることで、大幅値引きが期待できるのです。


また、多くのディーラーは、6~7月や11~12月のように2ヶ月単位でキャンペーンを行います。そのため、ボーナスが出る前から値引き交渉を行うことができます。納車を長期休暇に間に合わせたいという方には、早めに商談をはじめることをおすすめします。


3.モデルチェンジのとき


モデルチェンジの直前も価格交渉がしやすいタイミングといえるでしょう。
新型モデルは、新しいデザインに加えて様々な先進安全装備が搭載されるので、例え値引きが少なくても選ぶだけの価値があります。しかし、在庫さえ残っていれば大幅値引きが期待できるモデルチェンジ間近の末期モデルも魅力的です。また、輸入車は毎年モデルチェンジを行う「モデルイヤー制」のため、新型モデルと旧型モデルの差が小さくなるケースがあります。
いずれの場合も、ディーラーは旧型モデルを値引きをしてでも売り切らなければならないため、末期モデルは価格交渉を有利に進めやすいのです。もちろん、旧型モデルを購入して飽きてしまったり、もしくは後悔したりしては本末転倒です。したがって、新型モデルと比較検討することはとても大切です。


4.月末


決算期やボーナスに商戦にかかわらず、月末は価格交渉がしやすくなります。


ほとんどのディーラーは、実績を登録台数でカウントしており、交付まで1週間程度かかる「車庫証明」が必要になります。


そのため、ディーラー側の登録の締め日の関係で、月末にかけて値引きが増える傾向があります。第3週の土日、もしくは第4週の土日が狙い目といえるでしょう。


中古車を安く買える時期とタイミング5つ



中古車の価格は需要と供給のバランスで決まります。その点が新車と大きく異なる点であり、中古車の購入を考えている方なら必ず知っておきたいことです。以上の特徴を踏まえた上で、購入するタイミングがいつがベストなのかを考えてみるとよいでしょう。


ここでは、中古車を安く購入できる5つのタイミングを解説します。


1.決算の3月・9月


3月と9月は、ディーラーの年度末決算の関係で未使用車などが多く出回るため、比較的安い価格で中古車を購入できます。ただし、3月は新生活の準備に向けて最も自動車が売れる時期であり、需要の高い人気車種は値上がりする場合があります。


2.供給過多になる4月・5月


4月と5月は、繁忙期の反動で需要が極端に落ち込みます。また、中古車の場合は、ディーラーが2~3月に下取りした車が大量に中古車市場に出回り、供給過多になります。そのため、販売業者は4~5月にかけて価格を下げる傾向にあるのです。


3.大型連休の後


中古車の購入は大型連休の後も狙い目です。


お盆やゴールデンウィークなどの大型連休といえば、離れて暮らす家族とゆっくり過ごしたり、友人・恋人とレジャーに出かけたりするのが一般的です。そのため、大型連休の前に車を購入する人が増加します。


一方で、大型連休が終わった後は車を購入する人が減るため、車が売りづらくなります。当然、販売業者は値下げなどを実施しますが、大型連休に買い替える必要がない人にとっては、欲しい車が安く手に入るので大きなメリットといえます。


4.年式が更新される1月


年式が更新される1月も、中古車をお得に購入しやすい時期です。年式が1年古くなることで在庫車の価値が下がるため、購入のタイミングが1ヶ月違うだけで数万~数十万円も安く購入できる場合があります。特に未使用車や高年式車は年式が古くなることによる価格への影響が大きい傾向があります。


5.外部要因で売れ行きが落ちたとき


中古車の価格は様々なことに影響を受けます。例えば、2020年に世界を襲った新型コロナウイルスは、最もわかりやすい例といえるでしょう。基本的には、消費者心理の冷え込みにより需要が落ち込み、中古車の価格が下落します。したがって、通常の時期よりも好みの車が安く購入できる可能性があります。つまり、外部要因などで売れ行きが落ちたときは、中古車の買い時といえるのです。

執筆者 :  外車王編集部


輸入車において総合的にサービス展開する外車王の知見を活かし、中古車の購入やお乗り換え、売却に関わる様々なノウハウをプロの視点でお届けしています。

お車の買い替え」を
検討中のオーナー様へ
  • 買い替え時のお車のご売却は、
    下取りより買取専門店が断然オトク
  • 外車王なら輸入車専門だから、
    価値を見極めるノウハウで高額査定