車を手放すメリット・デメリットとは。手放す際のポイントや注意点を解説

車は所有しているだけでも、税金や車検、駐車場代などの維持費がかかります。ここでは、車を手放すメリットやデメリット、車を手放すときの判断ポイントや注意点を説明します。車を手放そうか考えている人は参考にしてみてください。

 



車を手放すことのメリットとデメリット


車を手放すことによるメリットやデメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。ここからは、車を手放すメリット、手放すことによるデメリットを解説します。


メリット


車を手放すメリットには、「維持費の捻出が不要になる」、「高額売却ができれば臨時収入になる」、「健康増進に繋がる」ことが挙げられます。


「維持費の捻出が不要になる」とは、毎年かかる自動車税、法律で定められた点検・整備費用、車検時にまとめて支払う重量税や自賠責保険料など、維持費のことを考える必要がなくなるということです。車の維持費は、最低でも年間12万円以上、部品交換や整備をすればさらに多額の費用がかかります。車を手放せば、これらの維持にかかるお金の心配をする必要がありません。


「高額売却ができれば臨時収入になる」とは、車を売却することで得られる売却益が臨時の収入になるということです。中古車市場で人気があるモデルや台数限定車などの場合、購入したときの値段よりも、売却時の価格の方が上回ることがあります。人気車種であれば、予想以上の臨時収入を得られるでしょう。


「健康増進に繋がる」というのは、車を手放すことで徒歩や自転車などで出かける頻度が多くなり、適度な運動が日常生活に取り入れられることで、健康になるということです。また、車移動では気づかなかった新たな発見を得られるのも車を手放すメリットと言えるでしょう。


デメリット


車を手放すデメリットは、「移動に不便が生じることがある」、「大きな荷物の運搬に苦労することがある」、「緊急時の対応に時間がかかることがある」です。


住んでいる場所にもよりますが、車を手放したことで、日常の買い物や通勤・送迎など生活に影響を及ぼす可能性があるため、「移動に不便が生じること」があります。日常の生活に影響がある場合には、車を手放さない方が良いです。一方、日常生活圏内に公共交通機関が充実していれば、車を手放しても大きな影響はないでしょう。


「大きな荷物の運搬に苦労することがある」とは、ショッピングモールやアウトレットなどで、大量の買い物をしたり、家具や家電など大きな商品を購入したりしたときに、荷物を運ぶ手段を考えなければならないということです。車があれば、ラゲッジルームの容量に合わせて買い物できます。しかし、車がない場合、大きな荷物を配送したり、一時的な搬送用の車を借りたりしなければなりません。


「緊急時の対応に時間がかかることがある」とは、車がないことで、体調の急変など急を要するときの対応が遅れる可能性があるということです。例えば、小さな子どもがいる家庭など、急を要する事態が発生しやすい環境の場合は、車を手放さない方が良いでしょう。


車を手放すか迷った時の判断ポイント



車を手放すかどうか悩んだときは、何を基準に判断すれば良いのでしょうか。車を手放したときに後悔しないためにも、ここで解説するポイントを参考にしてみてください。


車がなくて困る家族がいないかを考える


車がないことによって、家族が困ったり、日常生活に支障をきたしたりする場合は、車を手放さない方が良いでしょう。一方、車の所有が生活に影響しない場合は、車を手放しても良いと考えられます。


本当に節約になるか計算する


車を手放すことで、維持費がかからなくなります。しかし、車や公共交通機関などによる移動が多く、バス、タクシー、レンタカー、カーシェアなどの利用が増えてしまうと、車の維持費と同等もしくは維持費以上のコストがかかってしまいます。タクシーやレンタカーなどを利用する頻度が多い場合には、車を手放さない方が良いでしょう。


例えば、1回のタクシー乗車で2,000円以上支払うケースが月に10回以上、レンタカー6時間5,000円を月に4回以上使うと、1年で24万円以上かかります。一方、車を所有する維持費は、1年間で12万円以上30万円以下がほとんどです。タクシーやレンタカーの使用頻度が多い場合には、車を所有し続けた方が安く済むこともあると言えるでしょう。


車を手放すことは、必ずしも節約になるということではありません。車の維持費と公共交通機関などを使った移動の費用を比較してから手放す決断をしましょう。


車を手放す方法


車を手放す方法には、売却と廃車の2つがあります。車の売却は、動く車だけを買い取ってくれるとイメージすることが多いですが、不動車や故障車・事故車を買取してくれる業者も存在します。そのため、どのような車であっても、ほぼ売却できると考えて良いでしょう。


車を手放す場合の注意点


車を手放すときは、注意しなければならないことがあります。ここからは、車を手放す手続きにおいて、注意すべき点を解説します。


自動車保険の手続きをする


自動車保険の手続きを忘れずにしましょう。自動車保険の解約手続きは、自分で行う必要があります。車を手放す際は、契約している保険会社に連絡をして、解約手続きを進め、次の車でも保険の等級を引き継げるよう「中断証明書」の発行をしてもらいましょう。


ローン残債を確認する


車をローンで購入した場合、残債がないか確認しましょう。一般的には、車を売却したときの売却益で、残債を相殺することがほとんどです。


車の売却額が残債額よりも上回った場合、ローンを完済でき、臨時収入を得ることができます。しかし、車の売却額が残債額よりも下回った場合、不足分を支払わなければなりません。


必要書類を準備しておく


車を手放すときには、書類が必要です。一般的な車売却に必要な書類は次の通りとなっています。


車検証(自動車検査証)
・自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証明書)
・リサイクル券(預託済みの場合)
・譲渡証明書(業者が用意してくれることが多い)
・委任状(業者が用意してくれることが多い)
・自動車税・軽自動車税の納税証明書
実印(軽自動車は認印でも可)
・印鑑証明書(普通車のみ)
・住民票や戸籍謄本(住所や氏名が変更になっている場合に必要)


自分で用意する必要がある書類は、売却前に準備しておきましょう。


売却する場合はタイミングを見極める


車を手放すタイミングは、高く売れる時期を狙った方が得られる売却益が多くなります。一般的に、年明けから年度末までの1月から3月に売却すると高く売れると言われますが、車の価値は日増しに下がっていくため、売却したいときに売却するのが良いといえるでしょう。


例えば、5月に手放すことを検討しはじめて、年度末(翌年3月)向けて売却しようとした場合、日増しに車の価値が下がるだけでなく、年を跨いだことで車の買取基本価格が下がってしまいます。この例は極端かもしれませんが、手放すタイミングは遅いより早い方が良いと言えるでしょう。

執筆者 :  外車王編集部


輸入車において総合的にサービス展開する外車王の知見を活かし、中古車の購入やお乗り換え、売却に関わる様々なノウハウをプロの視点でお届けしています。

お車の買い替え」を
検討中のオーナー様へ
  • 買い替え時のお車のご売却は、
    下取りより買取専門店が断然オトク
  • 外車王なら輸入車専門だから、
    価値を見極めるノウハウで高額査定