自動車検査証を紛失したら必ず再発行!車検証は車に備え付けておかないと違反になる重要書類

車検証は、車を所有するときに必ず発行される書類です。車検証の正式名称は「自動車検査証」で、道路運送車両法が定める自動車保安基準を満たした車を証明する公的文書になります。もし、車検証をなくしてしまったときには、再発行しなければなりません。ここでは、車検証を紛失した際に速やかに再発行すべき理由や再発行の方法について詳しくご紹介します。

自動車検査証をなくしたときに再発行すべき理由


自動車検査証(車検証)を自動車に備えつけずに走行すると、道路運送車両法第66条の違反になるため、紛失時には速やかに再発行しなければなりません。

道路運送車両法の第66条「自動車検査証の備付け等」では、「自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない。」と定められており、車検証を紛失したまま公道を走行することができません。

また、車検証と共に発行されるシールは「検査標章」と呼ばれ、道路運送車両法の第66条の第2項で「国土交通大臣は、自動車検査証を交付するとき、使用者に検査標章を交付しなければならない。(一部抜粋)」と定められています。

自動車検査証(車検証)とシール(検査標章)は、両方とも揃っていなければ、公道を走らせることができません。



自動車検査証の再発行の方法2つ


汚染・紛失した自動車検査証を再発行する方法には2つのパターンがあります。自動車検査証の再発行方法について、詳しくみていきましょう。



自分あるいは代理人が申請する


自分か代理人が自動車検査証(車検証)の再発行を申請するときは、管轄の運輸支局または自動車検査登録事務所に必要書類を持参して手続きをします。代理人が申請をするときは所有者の印鑑を押印した委任状が必要です。

【再発行に必要な書類】
・申請書
・300円分の手数料印紙
・自動車検査証(汚損のとき)
・理由書(紛失や盗難のとき)
・使用者の印鑑(本人申請時)
・委任状(代理人申請時)
・使用者または代理人の本人確認書

店舗や整備工場に再発行申請を委任する


車検証の再発行は、ディーラーや整備工場に委任できます。ただし、本人以外が申請する際には、委任状が必要です。
「車検証の汚染」を理由に再発行する場合は、手続きを委任するディーラーや工場に現在所持している車検証を渡し、管轄の運輸支局または自動車検査登録事務所に返納してもらう必要があります。また、紛失や盗難により車検証が手元にない場合は理由書が必要です。ディーラーや整備工場に車検証の再発行を委任する場合は手数料がかかるため、事前に確認しておきましょう。



自動車検査証の再発行の流れ


本人または代理人が自動車検査証の再発行手続きをする場合は、必要書類を準備して、管轄の運輸支局または自動車検査登録事務所に申請します。自動車検査証の再発行の流れを詳しくみていきましょう。

1.再発行に必要な書類を用意する


本人が申請する場合には4種類または5種類、代理人が申請する場合には5種類または6種類の書類が必要です。必要書類の取得方法や作成方法について、詳しくみていきましょう。

申請書(必須)


自動車検査証の再発行手続きには、「OCRシート申請様式第3号様式」が必要です。運輸支局や自動車検査登録事務所の窓口で受け取るか、国土交通省のホームページから印刷しましょう。

手数料納付書(必須)


自動車検査証(車検証)の再発行には、300円の手数料が必要です。手数料は、手続き当日に運輸支局窓口で配布される手数料納付書に印紙を貼り付けて納めます。印紙は、運輸支局や自動車検査登録事務所の近くで販売しているため、当日に入手可能です。

委任状(代理人申請時のみ)


委任状は、代理人が申請する場合に必要です。委任状には、使用者の印鑑を押す必要があります。各運輸局のホームページからダウンロードして印刷しましょう。

理由書(紛失や盗難時)


理由書は、紛失や盗難など、車検証を返納できない理由を記入する書類です。紛失または盗難のどちらであっても届出をした警察署名・届出年月日・受理番号が必要になるため、車検証を紛失したときは警察に届け出てください。理由書に記載する項目は次のとおりです。

・自動車の登録番号または車両番号
・車台番号
・遺失または紛失した場所および捜索状況(紛失の場合)
・遺失または紛失年月日(紛失の場合)
・盗難にあった場所や状況(盗難の場合)
・ナンバープレートを外した場合は、外した理由、外した後の管理状況
・届出をした警察署名
・届出年月日および受理番号

車検証(紛失や盗難時は不要)


車検証は、汚損や破損などの理由で車検証の再発行を申し込む場合にのみ必要です。

身分証明書(必須)


本人、代理人のどちらが申請する場合でも、申請する人の身分証明書が必要です。身分証明書には、運転免許証、健康保険証、パスポート、外国人登録証明書、顔写真付き身分証明書などがあります。



2.陸運支局か管轄事務所で手続きをする


自動車検査証の再発行手続きは、管轄する運輸支局または自動車検査登録事務所で行います。車検証の再発行手続きの場所は、車の種類によって異なるため、注意しなければなりません。

再発行手続きをする場所は、普通自動車が陸運支局、軽自動車が自動車検査登録事務所です。手続きを行う場所がわからない場合は、「車のナンバープレートに記載されている地名+陸運支局(または自動車検査登録事務所)」でネット検索しましょう。

3.再発行の手数料を支払う


自動車検査証(車検証)の再発行にかかる手数料は、本人または代理人が申請する場合、普通自動車・軽自動車ともに一律300円です。しかし、ディーラーや整備工場に委任すると、代行手数料が発生します。代行手数料は、委任する業者によって異なるため、各ディーラーや整備工場に確認しましょう。

執筆者 :  外車王編集部


輸入車において総合的にサービス展開する外車王の知見を活かし、中古車の購入やお乗り換え、売却に関わる様々なノウハウをプロの視点でお届けしています。

お車の買い替え」を
検討中のオーナー様へ
  • 買い替え時のお車のご売却は、
    下取りより買取専門店が断然オトク
  • 外車王なら輸入車専門だから、
    価値を見極めるノウハウで高額査定