車を売却したときは自動車税が還付されるのか?車売却と自動車税について解説

車を売却するときは、自動車税が還付されるのかどうか気になる方は多いのではないでしょうか。自動車税は、還付されるケースとされないケースがあります。ここでは、車を売却するときに自動車税が還付されるケースと還付されないケース、還付を受けるときの注意点を解説します。

 



車を売却したときに自動車税が還付されるケース


車の売却手続きで自動車税が還付されるのは、抹消登録をしたときです。つまり、廃車に関わる手続きをしたときでなければ、還付を受けられません。車の抹消登録をすると、運輸支局または自動車検査登録事務所から通知が届き自動車税が還付されるのです。


また、車を買い取ってもらったときにも、自動車税の月割分の還付を受けられる場合があります。それは、運輸支局や自動車検査登録事務所からの還付ではなく、買取業者から受け取るものです。買取業者から受け取る自動車税は、売却したタイミングに応じて月割の自動車税が買取額に上乗せされます。


車を売却したときに自動車税が還付されないケース


廃車にする形で車を売却しても、次のケースでは自動車税が還付されません。


・月割額が0円になる3月に売却した
・自動車税の月割制度がない「軽自動車」を売却した


また、自動車税が未納の場合には車の売却ができません。車を売却するときは、納税証明書の提出が必要となるため、自動車税が未納の場合には車の売却そのものができないのです。


車売却時に自動車税の還付を受けたいときの注意点


車の売却時に自動車税の還付を受けるとき、気を付けなければならないことがあります。ここからは、自動車税の還付を受けるときの注意点を解説します。


自動車納税証明書が必要


自動車税の還付を受けるためには、自動車税の納付を証明する「自動車納税証明書」が必要です。


納税証明書は、コンビニや金融機関で支払った場合には書面で発行されます。自動車税をPay-easyやクレジットカードなどで支払った場合、納税証明書が書面で発行されません。書面で納税証明書を受け取らなかったときは、納付情報システムで照会して納税の確認をします。


自動車税の納付を請求される場合がある


車を売却する時期が3月頃の場合、手放した車の自動車税の請求をされる可能性があります。手元にない車の自動車税の請求をされるのは、名義変更のタイミングによるものです。


決算期かつ繁忙期にあたる3月は、車の売買が多く行われ、名義変更に時間がかかります。車の売却時期や手続きの状況によって、名義変更が完了するタイミングが、自動車税の納税義務者が確定する4月1日を過ぎてしまうことがあります。そのため、手放した車の自動車税の請求が来てしまうのです。


もし、手放した車の自動車税の請求書が届いたときは、速やかに売却先へ連絡しましょう。


自動車税が未納だと売却できない


車の売却には、自動車納税証明書の提出が必要です。そのため、自動車税が未納の場合には、車の売却ができません。車の売却ができなければ、自動車税の還付を受けることも不可能です。自動車税は、期日までに支払いを済ませましょう。また、期日を過ぎていても支払は可能なので、なるべく早く支払うようにしてください。

執筆者 :  外車王編集部


輸入車において総合的にサービス展開する外車王の知見を活かし、中古車の購入やお乗り換え、売却に関わる様々なノウハウをプロの視点でお届けしています。

お車の買い替え」を
検討中のオーナー様へ
  • 買い替え時のお車のご売却は、
    下取りより買取専門店が断然オトク
  • 外車王なら輸入車専門だから、
    価値を見極めるノウハウで高額査定