輸入車のアフターサービス 更新 2020.08.04 公開 2020.08.04

ミニ車検の相場とかかる費用の国産車との違いとは?

ミニの車検について


ミニの車検は、コンパクトなサイズであることから重量税などの法定費用が輸入車のなかでも安い部類に入ります。しかし、時間の経過とともにブッシュやマウントなどの消耗品や小気味良い走りを維持するための交換部品、修理する箇所が増えてくるため、年々車検にかかる費用は高くなっていく傾向です。ランニングコストのひとつである車検は、ミニを維持する上で重要なポイントとなり、一般的な国産コンパクトカーの1.3倍~1.5倍程度を見積もっておくと安心です。

ミニの車検にかかる費用の目安


“”
ミニの車検にかかる費用は、同クラス国産コンパクトカーの1.3倍~1.5倍程度がひとつの目安になります。輸入車であるため、整備代やパーツ代が国産車よりも若干高くなり、結果として車検費用が高くなってしまうのです。しかし、日本国内でも人気の輸入車であることから、優良部品(社外品)の流通も多く、大きなトラブルがなければ10万円前後で車検を通すことも可能です。

また、近年のミニは電子制御によりコントロールされているため、専用テスターが必要な場合もあり、専用テスターを用意しているディーラーや整備工場でなければ整備ができないこともあるでしょう。輸入車の検査費用を削減するためにも、工場選びを慎重に行うことがユーザーに求められます。

ミニの車検の相場、初回・2回目以降


ミニの車検の相場は、10万円前後~が相場となっています。コンパクトなボディと小排気量のエンジンであることから、輸入車のなかでも法定費用を割安に抑えることができるメーカーです。新車で購入し3年後に訪れる初回車検は、不具合やトラブルがなければ、法定費用プラス整備費用のみで済んでしまうため、10万円程度で車検を通すことが可能。2回目や3回目の車検は、ブレーキローターなどの部品交換や、大がかりな整備をしなければならない不具合があると、車検費用が高くなってしまいます。

エンジンやトランスミッション、サスペンションなど走行に関わる整備を実施すると数十万円の車検代になることもあるため、日々のメンテナンスや定期点検を欠かさないようにしましょう。2010年代の後半からミニのディーゼルモデルも日本市場に導入されています。ディーゼルモデルは、走行距離が伸びてくるとDPF(ディーゼル排気微粒子除去フィルター)交換をしなければなりません。DPF交換が発生すると大きな出費になってしまうため、車検費用も大幅に高くなるときがあることを覚えておきましょう。

ミニの買取専門ページはこちらです!



新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。