輸入車のアフターサービス 更新 2020.08.04 公開 2020.08.04

メルセデス・ベンツ車検の費用や特徴とは?

メルセデス・ベンツの車検について


高級車の代名詞として知られるメルセデス・ベンツですが、初めてメルセデス・ベンツを購入するユーザーが気にするポイントは購入後の維持費。維持費の中でも高いウェイトを占める費用が、初回3年、2回目以降2年ごとに受けなければならない車検です。また、車検時にかかる費用は、メルセデス・ベンツの上質な乗り心地や走りを支える重要な点検であるため、それなりの費用がかかり、ユーザーが購入時に注視する要素のひとつといえるでしょう。

メルセデス・ベンツの車検にかかる費用の傾向


“”
メルセデス・ベンツの車検は、国産車よりも高いといわれています。しかし、車検費用のうち1/3が法定費用といわれる重量税や保険であるため、車検を受ける場所により法定費用の差が生じることはありません。一言でメルセデス・ベンツといっても、コンパクトなAクラスからショーファーカーとして法人で使うこともあるSクラスまで幅広いラインナップがあります。また、スポーツモデルのAMGまで視野に入れると、法定費用にもかなりの差が発生することもあるのは事実。車両重量が重たいメルセデス・ベンツは、国産車と比較をすると法定費用の重量税がひとクラス上の部類になる場合があります。

肝心なのは、車検整備や交換部品の費用。整備費用は、ディーラーや整備工場で価格が異なります。また、交換部品に関しては、同じ部品であっても、入手ルートが本国から直接輸入しているか否かで部品費用が異なる場合があるといえるでしょう。さらに、電子制御が行われている車種の場合、専用コンピュータでなければ診断ができなかったり、整備を実施することができなかったりすることがあります。よって、メルセデス・ベンツに特化している整備工場や輸入車を専門に扱っている場所で車検を通す方が、結果として早く賢く余計な費用がかからずに済むといえるでしょう。

メルセデス・ベンツの車検の相場、初回・2回目以降


メルセデス・ベンツの車検は、回数を重ねるごとにかかる費用が上がっていく傾向があります。その理由は、ブレーキのローター交換やブッシュ・マウントなどの交換部品が増えたり、交換サイクルが走行距離や年数によって違ってくるためです。新車購入であれば、各種保証などにより、2回目(5年目)までの車検費用は比較的安く抑えることができるといえるでしょう。12ヶ月点検を含めると6年目、車検でいうと3回目(7年目)は、整備箇所が増えたりメーカー保証が切れたりしてしまうため、費用が高くつくことがあります。

車種によって車検の相場は異なってきますが、法定費用だけであれば、どのモデルであってもおおよそ60,000円前後。この法定費用に、車検整備代や交換部品代が上乗せされていきます。また、近年日本にも導入が始まったディーゼルモデルに関しては、「AdBlue(アドブルー)」と呼ばれる尿素水を補充しなければなりません。しかし、「AdBlue(アドブルー)」に関しては、ユーザー自らで補充することも可能であるため、少しでも車検時のコストを抑えたいのであれば、「AdBlue(アドブルー)」をはじめ、冷却水やウィンドウウォッシャー液などを自身で気にして補充すると良いでしょう。

メルセデス・ベンツの買取専門ページはこちらです!

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。