アイキャッチ画像
輸入車の処分

更新2021.08.19

ジープの委託販売とは。メリットとデメリットについて詳しく解説

ライター画像

外車王SOKEN編集部

外車王バナー

ジープは、世界で有名なSUVに特化したモデルで、とても人気があります。頑丈なボディに、大きいタイヤでどんな悪路も走破できるという特徴が魅力的です。個性が強いブランドのため、知名度も高くブランド力も強いジープを委託販売で売却に出すとどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。



ジープを委託販売するメリット


ジープは、第二次世界大戦の時にアメリカ軍が制作したオフロードモデルの自動車でとても人気があります。ジープを委託販売に出した時のメリットについて紹介します。


中古車販売店よりも高く売れる場合がある


委託販売では、希望金額で売却することが可能のため、相場よりも高い価格帯で売れる可能性があります。中古車販売店は、安く買って高く売るので、予想以上に高く売れるケースはほとんどありません。また、人件費や買い取った中古車をオークションなどで売却する時に発生する陸送費や会場費などを加味されることで、実際の価値よりも安く買い取られてしまう可能性があります。
委託販売では、預けている間の管理費などが発生しますが、トータルで見ると委託販売の方が有利な条件で売却できます。ただし、その逆も然りで、相場よりも安い値段がつく可能性があることも覚えておきましょう。


売れるまで乗り続けることができる


委託販売では、業者によって異なりますがジープが売れるまで乗り続けられる利点があります。


委託販売は、ジープを預けて売りに出すか、乗り続けたまま広告掲載して売りに出す方法の2パターンがあります。ジープが売れるまでの間に次に乗る車を探しておいたり、売りに出したいけどすぐに手放したくなかったりする時は、広告掲載で売りに出せる委託販売業者を利用しましょう。


ジープを委託販売するデメリット


ジープを委託販売で、売りに出すか悩んだ時にはデメリットについても確認しておきましょう。ここでは、ジープを委託販売に出すデメリットについてご紹介します。


値下げ交渉をされる場合がある


ジープを委託販売で出した時に、値下げ交渉される可能性があります。


委託販売では、自分の希望する金額で売りに出せる魅力がある一方で、希望金額に納得がいかない場合は買い手から価格交渉の希望が出ることがあります。その結果、値下げ交渉に応じてジープを安く売ることになる恐れがあるのです。


駐車料金がかかる場合がある


委託販売を利用した時に、遠方に住んでいる場合は、車を預ける時に駐車料金が発生する可能性があります。


委託販売では、売るジープを預け買い手がつくまで待つ必要があります。保管料や管理費などが発生するのは一般的ですが、中には、遠方に住む利用者に駐車場代の負担も求める業者があります。いつ買い手がつくのかわからないため、その間、他の車を預けられないなどの理由から駐車料金として費用が発生するという点がデメリットです。


ジープ の買取相場についてチェックする >

委託販売の前に知っておきたいジープの買取相場



ジープを委託販売に出す前に、相場を調べておきましょう。


ジープは、世界的に見てもとても人気が高く高額査定が期待できるメーカーです。ジープのモデルには、コンパクトモデルのレネゲードやフラッグシップモデルのグランドチェロキーなどがあります。基本的にどのモデルも人気があり、モデル差による買取価格の差は生じません。ただし、年式によっては価格差が生じる可能性があります。


高く売るために選ぶべき委託販売業者とは


ジープを高く売るためには、どのような委託販売業者を選択すればよいのでしょうか。ここでは、委託販売車を選ぶポイントについて3点ご紹介します。


ジープの委託販売実績が豊富


ジープの販売実績が豊富な業者を選びましょう。


ジープの販売実績がある業者は、自信をもって魅力を買い手に伝えられるので成約率が上がる可能性があります。モデルによっての魅力などをしっかりと明確に伝えられるので、販売実績が豊富な業者を探すことをおすすめします。


早く売ることを重視していない


早く売却することを重視していない委託販売業者を選びましょう。


委託販売に出した車は、すぐに売れるとは限りません。売れない期間が長いと、他の車を預かる為の場所がなくなるので、早く売ろうとする業者もいるのです。少なくとも、早く売ることを重視しない業者を選ぶことが大切です。
ただし、売れるまでは広告掲載料や駐車料金などが発生し続けることになるので、得られる利益が少なくなる恐れがあります。


車がより魅力的に見える工夫をしている


預けたジープが、魅力的に見える工夫ができる委託販売業者を探しましょう。


例えば、店内証明によってジープが映える見え方の展示をしている業者や、掲載しているホームページが見やすい業者は、成約率が高い可能性があります。


委託販売業者の工夫によって、買い手がついたり興味をもってくれる人が増えたりすれば、ジープが売れる可能性が上がります。そのため、魅力的に見える工夫をしている業者を探しましょう。


ジープを手放すときの委託販売以外の選択肢


ジープを委託販売で売却する方法を紹介しましたが、委託販売以外で売却する方法についてもご紹介します。


中古車販売店に売却する


ジープなどの外車やSUVモデルの専門知識を豊富にもっている業者であれば、より高額で売却できる可能性があります。また、できるだけ早く車を現金化したい方にもおすすめです。


オークションやフリマに出品する


オークションやフリマなどでの売却についても、自分の希望する金額で売りに出せるメリットがあります。その反面で、自分たちで名義変更などの手続きをする必要があったり、金銭面でのトラブルが生じたりするので、デメリットに感じる売却方法かもしれません。


ジープの価値を正当に評価できる業者を選びましょう


ジープは、SUVに特化したモデルなのでとても人気があり、高額査定が期待できます。趣味性の高いモデルが多くあるジープは、歴史があるメーカーです。委託販売で自分の価値観の元、売りに出すのであれば、ジープの価値を正しく評価できる業者を探しましょう。

ジープを高く買い取ってもらうには

ジープ を高値で売却したい場合は外車王がおすすめです。輸入車に精通した専門スタッフは ジープ の特徴及びセールスポイントを把握しているため、一般買取店では評価が難しい車種でも正確かつ高額査定を実現します。一般買取店で思った金額が出なかった方、ディーラー下取りに不安のある方、一括査定にうんざりの方など、愛車の価値を少しでも理解してほしいとお考えでしたら、ぜひ外車王にお任せください。

ジープ の買取専門ページはこちら >