アイキャッチ画像
輸入車の処分

更新2021.07.09

ジャガーを委託販売する方法は?長所や短所、流れも紹介

ライター画像

外車王SOKEN編集部

外車王バナー

ジャガーは高級車やスポーツカーを販売する自動車メーカーです。歴史が長く価値が高いスポーツカーのため、売却を考えている場合は高額査定を期待している方も多いのではないでしょうか。今回は、ジャガーを委託販売で売却しようと考えている方のために、委託販売の長所や短所、流れを解説していきます。また、ジャガーを高額で売却するためにすべきことも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。この記事を読んで、満足できる価格でジャガーを売りましょう。



ジャガーの委託販売における長所と短所


委託販売には長所と短所があり、利用すべきかは人によって異なります。委託販売を利用すれば高額でジャガーが売却できる可能性がありますが、トラブル事例も多く報告されており、損をしてしまうリスクもあるのです。


しかし長所を充分に活かせば、ディーラーの下取りや買取業者より高額で売却できる可能性もあるでしょう。委託販売の仕組みをよく理解し、ジャガーを満足のいく価格で手放しましょう。


委託販売の長所


委託販売をはどのような長所があるのでしょうか。まずは3つの長所を解説します。


希望の価格で売れる可能性がある


委託販売を利用すれば、希望の価格でジャガーが売れる可能性があります。ディーラーの下取りや買取業者に売る場合は、年式や車の状態を考慮して、査定額が決まることがほとんどです。


一方で、委託販売では売り手の希望額を業者に伝えると、その金額で買い手を探してもらえます。自分が希望した価格で買い手を探してもらえれば、納得できる金額で、ジャガーを売ることができます。


しかし、ジャガーは高級車ですが、中古車になると買取相場が大きく下がることもあります。売れ残ってしまうことがないよう、適切な販売金額の設定が必要です。


ジャガーに乗りながら販売することができる


委託販売業者によっては、ジャガーに乗りながら買い手を探すことができます。売る予定の車の写真を撮影し、広告掲載という形でジャガーの買い手を探す方法です。諸事情により、車をすぐに預けられない場合や車がないと不便な人には嬉しいサービスでしょう。


しかし、店頭で実際に車を見てから購入を決める買い手も多いので、業者に預けた方が成約率は上がりやすいです。とても便利なサービスですが、余程の事が無い限りは、ジャガーを業者に預けることをおすすめします。


プロに愛車の営業を任せられる


買い手を探してもらえることに加え、愛車を営業のプロに任せられることも委託販売を利用するメリットの1つです。愛車であっても、自分でジャガーの魅力を買い手に伝えることは難しい場合もあります。


しかし、委託販売業者では、販売のプロに買い手探しや販売を安心して任せられるでしょう。


委託販売の短所


次は委託販売の短所を3つ解説します。短所も理解し損をしないようにしましょう。


すぐに売れるとは限らない


委託販売を利用したからといって、すぐにジャガーが売れるとは限りません。人気の車種の場合は需要が高いので、すぐに売れる可能性がありますが、マイナーな車種や人気のない車種などの場合は、すぐに売れる保証はないでしょう。


また、希望する価格で購入してくれる買い手を見つけるのも簡単ではありません。タイミング良く設定した金額で納得してくれる買い手が見つかれば、スムーズにジャガーを売れますが、そうでない場合には長期間買い手が現れるのを待つ必要があります。


長期間売れないと車の価値が下がる


長期間売れ残るとジャガーの価値が下がるので、高く売れずに損をすることになるでしょう。車の価値や買取相場は一般的には時間が経過するにつれて下がるので、売るならとにかく早く買取ってもらうことが、高く売るためのコツとも言えます。


業者によって接客のレベルが異なる


委託販売は業者によって接客のレベルが異なるので、業者選びが非常に重要です。委託販売では営業から車の整備まで、ジャガーを売る事に関して全部を任せてしまうため、良質な業者であれば高く売れる可能性が高まります。


しかし、業者によっては売れないような高額な金額設定を勧めて多く手数料を支払わせようとしたり、販売金額をごまかそうとする業者もいるのです。良店の見極めが難しいので、事前に業者のリサーチをきちんと行いましょう。


ジャガーの委託販売の流れ



ジャガーを委託販売する際の流れは、下記の通りです。


委託販売業者にジャガーを査定してもらう
ジャガーの状態と希望金額を元に販売金額を決める
ジャガーを預けて販売が開始される
買い手が見つかり売買契約を結ぶ
買い手にジャガーが納車され次第、手数料を引いた販売金額が振込まれる


業者によっては出張で査定に来てくれる場合もあります。都合が悪く現地に持ち込めない時は積極的に利用しましょう。その他にも業者によって、車が売れてから正式な売買契約を交わしたり、ジャガーを預けなかったりと、手順や方法が異なる場合もあります。事前に利用を検討している委託販売業者のHPをよく確認しておきましょう。


ジャガー の買取相場についてチェックする >

ジャガーを高額で売却するためにするべきこと


愛車のジャガーを手放すなら、少しでも高く売却したいと思っている方が多いはずです。次は、ジャガーを高額で売却するためにするべきことを紹介します。売却前にはぜひ、試してみてください。


ジャガーの販売実績がある業者を選ぶ


ジャガーを高額で売却するには、ジャガーの販売実績がある業者を選ぶと良いでしょう。
輸入車やスポーツカーに詳しい業者でないと、買い手にジャガーの魅力を充分に伝える事ができません。その結果として、成約率が下がってしまう恐れがあります。


また、業者によってはジャガーの買取相場や価値を理解していない可能性もあるでしょう。買取相場や価値を正しく理解していないと、高く売ることもできません。依頼をする業者がジャガーの委託販売実績があるかどうかを、事前にリサーチしておきましょう。


メンテナンスをしっかりしておく


ジャガーを売却する前は、メンテナンスをしっかりしておきましょう。車の状態は販売金額に大きく影響します。そのため、車の状態が良くないと高額で売却することが難しくなるのです。


また、大きい傷やへこみはわざわざ修理に出す必要はありませんが、自分で修理できる小さな傷や簡単に落とせる車内外の汚れは綺麗にしておきましょう。汚れや小さな傷も売却額に影響することがあるので、少しでも高く売却したい方は、内外装を綺麗にしておくことをおすすめします。


中古車の相場を把握する


ジャガーを高額で売却するには、中古車の相場も把握しておく必要があります。ジャガーの中古車相場から離れた販売金額に設定してしまうと、なかなか売れない可能性があるからです。


売れない期間が長く続くと、車の価値も下がってしまうので、中古車の相場を把握しておく必要があります。


接客が丁寧かをチェックする


委託販売を利用する際は、接客が丁寧かどうかもチェックしておく必要があります。接客が丁寧な業者は、顧客目線で営業をしている傾向があるので、安心してジャガーを預けられるでしょう。


また、買い手だけでなく売り手にも丁寧に接してくれる業者であれば、意思疎通ができるのでスムーズに契約が進みます。業者と売り手がしっかりと手を組むことによって、高額売却に繋がる可能性も高まるのです。


買い手だけでなく、売り手にも丁寧に対応してくれる業者を選びましょう。


満足できる価格でジャガーを売りましょう


委託販売には長所と短所があります。仕組みや流れを理解してから、利用しましょう。悪質な業者も中にはいるので注意が必要です。


また、ジャガーを少しでも高く売却したいなら、輸入車やスポーツカーの知識が豊富な業者に依頼することをおすすめします。上記のような業者は、ジャガーの魅力を充分に買い手に伝えられるので、成約率が上がります。


この記事を参考にして、満足できる価格でジャガーを売りましょう。

ジャガーを高く買い取ってもらうには

ジャガー を高値で売却したい場合は外車王がおすすめです。輸入車に精通した専門スタッフは ジャガー の特徴及びセールスポイントを把握しているため、一般買取店では評価が難しい車種でも正確かつ高額査定を実現します。一般買取店で思った金額が出なかった方、ディーラー下取りに不安のある方、一括査定にうんざりの方など、愛車の価値を少しでも理解してほしいとお考えでしたら、ぜひ外車王にお任せください。

ジャガー の買取専門ページはこちら >