アイキャッチ画像
輸入車の選び方

更新2021.04.23

アウディにかかる税金がわかる。全ラインナップのモデル別の税金も紹介

ライター画像

外車王SOKEN編集部

外車王バナー

現在アウディは多くのモデルを国内に展開していますが、SUVにエコカー減税の対象となるクリーンディーゼルが車が導入されるなど、モデルによって税金が大きく異なります。ここでは、アウディの全モデルごとの税金ついて、実際に支払う金額を割り出して解説します。また、税金が高くなる原因についても紹介しますので、参考にしてください。



 


アウディにかかる税金の種類


アウディを購入する際は、次の税金がかかります。

・自動車税
・自動車重量税
・環境性能割

ここでは、アウディを取得するときにかかる自動車税、自動車重量税、環境性能割ついて、仕組みと特徴を詳しく解説します。


自動車税


自動車税は、毎年4月1日時点の所有者(所有権留保の場合は使用者)対して課される税金です。排気量に応じて翌年3月までの1年分が課税されます。5月初旬頃に納付書が届き、納付期限の5月末までに納付します。

自動車税の税額は、車種・用途・排気量に応じて定められています。2019年9月30日以前に購入した場合の自動車税額は以下のとおりです。

・軽自動車:10,800円
・1リットル以下 29,500円
・1リットル超~1.5リットル以下 34,500円
・1.5リットル超~2.0リットル以下 39,500円
・2.0リットル超~2.5リットル以下 45,000円
・2.5リットル超~3.0リットル以下 51,000円
・3.0リットル超~3.5リットル以下 58,000円
・3.5リットル超~4.0リットル以下 66,500円
・4.0リットル超~4.5リットル以下 76,500円
・4.5リットル超~6.0リットル以下 88,000円
・6.0リットル超 111,000円

2019年10月1日から、自動車税率の引き下げ(恒久減税)が実施されました。

自動車税率の引き下げは、排気量が小さいほど減税額が大きくなる仕組みになっており、最大で4,500円まで引き下げられました。なお、軽自動車税の税率は変更されません。2019年10月1日以降に購入した場合の自動車税は以下のとおりです。

・軽自動車 :10,800円
・1リットル以下:25,000円
・1リットル超~1.5リットル以下:30,500円
・1.5リットル超~2.0リットル以下:36,000円
・2.0リットル超~2.5リットル以下:43,500円
・2.5リットル超~3.0リットル以下:50,000円
・3.0リットル超~3.5リットル以下:57,000円
・3.5リットル超~4.0リットル以下:65,500円
・4.0リットル超~4.5リットル以下:75,500円
・4.5リットル超~6.0リットル以下:87,000円
・6.0リットル超:110,000円

現在のアウディは、自動車額が25,000~87,000円と税額の異なるモデルが幅広いラインナップで展開されています。しかし、SUVのフラッグシップモデルに3リッターのダウンサイジングターボが採用されるなど、全体的には小排気量化が進められ税額が抑えられています。


自動車重量税


自動車重量税は、自動車の重さに対して課せられる税金です。乗用車の場合は、0.5トンごとに税額が決められています。

3年自家用(新車新規登録等時)の自動車重量税は以下のとおりです。

・0.5t以下:12,300円
・0.5t超~1t以下:24,600円
・1t超~1.5t以下:36,900円
・1.5t超~2t以下:49,200円
・2t超~2.5t以下:61,500円
・2.5t超~3t以下:73,800円

自動車重量税は自動車税のように毎年支払うものではありません。乗用車の場合は新車登録時に3年分、継続検査(車検)時に2年分を車両代や車検代とあわせて支払います。


環境性能割


 環境性能割は自動車取得税の廃止に伴って導入された税金です。環境性能割は自動車取得税と同様に車の取得価格に応じて課税される税金で、燃費性能に応じて乗用車は0~3%、軽自動車は0~2%が課税されます。 また、環境性能割は新車だけでなく中古車にも課税されます。

アウディのラインナップでは、R8を除く全てのモデルが2020年度の燃費基準を達成していますので、新車購入時に1%以上の減税を受けることができます。


アウディのモデル別の税金


アウディの購入の際に多くの方が知りたいのは、実際にかかる自動車税や重量税などの税金ではないでしょうか。メーカーのホームページなどで紹介されているのはほとんどがエコカー減税などの減税額ですので、実際にいくら税金がかかるかを知るためには見積を取らざるを得ないのが現状です。

ここでは、アウディの全ラインナップの税金を搭載するエンジンごとに紹介しますので、参考にしてください。


A1


アウディA1は圧倒的なクオリティ誇るコンパクトカーです。

アウディA1の重量税、環境性能割、翌年の自動車税は以下のとおりです。

1.0TFSI

・自動車税:25,000円
・重量税:36,900円
・環境性能割:79,600~86,100円
合計:141,500~150,700円

1.5TFSI

・自動車税:30,500円
・重量税:36,900円
・環境性能割:90,500~96,900円
合計:157,900~164,300円


A2




アウディA2は、1999年から2005年まで製造していた895kgの軽量ボディが特徴のコンパクトカーです。

アウディはA1からA8までありますが、メーカーホームページを見ると1と3の間のA2が欠番となっています。

実は、アウディA2は当時日本への正規輸入はされておらず、並行輸入でしか手に入らないモデルでした。

税金については、自動車が13超の重課税対象のため40,000円と少し高めですが、重量税は軽量ボディの恩恵を受けて、同じく重課税にもかかわらず22,800~25,200円という現行世代並みの税額に抑えられています。


A3


アウディA3は、狭い街中でも扱いやすいサイズでありながら、⼗分な広さと使い勝⼿を備えた5ドアハッチバックと4ドアセダンの2種類のボディタイプを持つプレミアムコンパクトです。

アウディA3の重量税、環境性能割、翌年の自動車税は以下のとおりです。

1.4TFSI

・自動車税:30,500円
・重量税:16,800円(25パーセント減税)
・環境性能割:54,000~59,400円(1パーセント減税)
合計:101,300~106,700円

2020年度燃費基準達成車のため、環境性能割が1パーセント減税されています。また、重量税がエコカー減税により本則税率から5,700円減税されます。

2.0TFSI

・自動車税:36,000円
・重量税:36,900円
・環境性能割:108,100~119,100円
合計:181,000~192,000円


A4




アウディA4は、quattro(クワトロ)の遺伝子を受け継ぐ、アウディの中核を担っている代表的なモデルなモデルです。

アウディA4の重量税、環境性能割、翌年の自動車税は以下のとおりです。

2.0TFSI

・自動車税:36,000円
・重量税:36,900円
・環境性能割:116,100~139,800円
合計:189,000~212,700円

2.0TFSIクワトロ

・自動車税:36,000円
・重量税:49,200円
・環境性能割:142,200~153,900円
合計:227,400~239,100円


A5


アウディA5は、2ドア、4ドアという2つのボディタイプを持つスタイリッシュなクーペです。

アウディA5の重量税、環境性能割、翌年の自動車税は以下のとおりです。

2ドアクーペクワトロ

2.0TFSI

・自動車税:36,000円
・重量税:49,200円
・環境性能割:173,500~174,200円
合計:258,700~259,400円

TDI

・自動車税:9,000円(概ね75%減税)
・重量税:免税(100パーセント減税)
・環境性能割:免税(100パーセント減税)
合計:9,000円

TDIは、次世代自動車と呼ばれるクリーンディーゼル車のため、重量税と環境性能割が免税となるなど大幅な減税を受けることが可能です。

スポーツバック

TDI

・自動車税:9,000円(概ね75%減税)
・重量税:免税(100パーセント減税)
・環境性能割:免税(100パーセント減税)
合計:9,000円

TDIは、次世代自動車と呼ばれるクリーンディーゼル車のため、重量税と環境性能割が免税となるなど大幅な減税を受けることが可能です。

スポーツバッククワトロ

2.0TFSI

・自動車税:36,000円
・重量税:49,200円
・環境性能割:173,500~174,200円
合計:258,700~259,400円

TDI

・自動車税:9,000円(概ね75%減税)
・重量税:免税(100パーセント減税)
・環境性能割:免税(100パーセント減税)
合計:9,000円

TDIは、次世代自動車と呼ばれるクリーンディーゼル車のため、重量税と環境性能割が免税となるなど大幅な減税を受けることが可能です。


A6


アウディA6は、アウディのA4の上位モデルに位置するアッパーミドルセダン/ワゴンです。

アウディA6の重量税、環境性能割、翌年の自動車税は以下のとおりです。

2.0TFSIクワトロ

・自動車税:36,000円
・重量税:49,200円
・環境性能割:181,800~196,200円
合計:267,000~281,400円

TDIクワトロ

・自動車税:9,000円(概ね75%減税)
・重量税:免税(100パーセント減税)
・環境性能割:免税(100パーセント減税)
合計:9,000円

TDIクワトロは、次世代自動車と呼ばれるクリーンディーゼル車のため、重量税と環境性能割が免税となるなど、大幅な減税を受けることが可能です。


A7


アウディA7は、スポーツバックの理想形と言っても過言でなない美しい4ドアクーペです。

アウディA7の重量税、環境性能割、翌年の自動車税は以下のとおりです。

2.0TFSIクワトロ

・自動車税:36,000円
・重量税:49,200円
・環境性能割:201,000~267,600円
合計:286,200~352,800円

3.0TFSIクワトロ

・自動車税:50,000円
・重量税:49,200円
・環境性能割:265,800~267,600円
合計:365,000~366,800円

TDIクワトロ

・自動車税:9,000円(概ね75%減税)
・重量税:免税(100パーセント減税)
・環境性能割:免税(100パーセント減税)
合計:9,000円

TDIクワトロは、次世代自動車と呼ばれるクリーンディーゼル車のため、重量税と環境性能割が免税となるなど大幅な減税を受けることが可能です。


A8


アウディA8は、アウディの技術の粋を集めたフラッグシップモデルです。

アウディA8の重量税、環境性能割、翌年の自動車税は以下のとおりです。

3.0TFSIクワトロ

・自動車税:50,000円
・重量税:61,500円
・環境性能割:282,500円
合計:394,000円

4.0TFSIクワトロ

・自動車税:65,500円
・重量税:61,500円
・環境性能割:388,000円
合計:515,000円


TT


アウディTTは、初代TTからアイデンティティを脈々と受け継ぐピュア・スポーツカーです。

アウディTTの重量税、環境性能割、翌年の自動車税は以下のとおりです。

2.0TFSI

・自動車税:36,000円
・重量税:36,900円
・環境性能割:119,700円
合計:192,600円

2.0TFSIクワトロ

・自動車税:36,000円
・重量税:36,900円
・環境性能割:149,700~153,600円
合計:222,600~226,500円


Q2




アウディQ2は、アウディ初の1リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載するプレミアムコンパクトSUVです。

アウディQ2の重量税、環境性能割、翌年の自動車税は以下のとおりです。

1.0TFSI

・自動車税:25,000円
・重量税:36,900円
・環境性能割:76,500~94,800円
合計:138,400~156,700円

1.4TFSI

・自動車税:30,500円
・重量税:36,900円
・環境性能割:102,900円
合計:170,300円

TDI

・自動車税:9,000円(概ね75%減税)
・重量税:免税(100パーセント減税)
・環境性能割:免税(100パーセント減税)
合計:9,000円

TDIは、次世代自動車と呼ばれるクリーンディーゼル車のため、重量税と環境性能割が免税となるなど大幅な減税を受けることが可能です。


Q3


 



アウディQ3は、縦のラインを強調した八角形のシングルフレームグリル採用やスポーツバック導入など、よりスポーティシフトしたアウディの主力SUVです。

アウディQ3の重量税、環境性能割、翌年の自動車税は以下のとおりです。

1.4TFSI

・自動車税:30,500円
・重量税:49,200円
・環境性能割:107,700~126,600円
合計:187,400~206,300円

TDIクワトロ

・自動車税:9,000円(概ね75%減税)
・重量税:免税(100パーセント減税)
・環境性能割:免税(100パーセント減税)
合計:9,000円

TDIクワトロは、次世代自動車と呼ばれるクリーンディーゼル車のため、重量税と環境性能割が免税となるなど大幅な減税を受けることが可能です。


Q5


アウディQ5は、多くのライバルがひしめき合う激戦区で存在感を示す高級SUVです。

アウディQ5の重量税、環境性能割、翌年の自動車税は以下のとおりです。

2.0TFSIクワトロ

・自動車税:36,000円
・重量税:49,200円
・環境性能割:173,100~178,500円
合計:258,300~263,700円

TDIクワトロ

・自動車税:9,000円(概ね75%減税)
・重量税:免税(100パーセント減税)
・環境性能割:免税(100パーセント減税)
合計:9,000円

TDIクワトロは、次世代自動車と呼ばれるクリーンディーゼル車のため、重量税と環境性能割が免税となるなど、大幅な減税を受けることが可能です。


Q7


アウディQ7は、アウディの歴史を切り開いた元祖フラッグシップSUVです。

アウディQ7の重量税、環境性能割、翌年の自動車税は以下のとおりです。

3.0TFSIクワトロ

・自動車税:50,000円
・重量税:61,500円
・環境性能割:232,500~250,200円
合計:344,000~361,700円


Q8


アウディQ8は、SUVクーペのフォルムを持つアウディQシリーズのフラッグシップモデルです。

アウディQ7の重量税、環境性能割、翌年の自動車税は以下のとおりです。

3.0TFSIクワトロ

・自動車税:50,000円
・重量税:61,500円
・環境性能割:251,500~279,000円
合計:363,000~390,500円


R8




アウディR8は、620PSを発揮するV型10気筒エンジンを搭載するアウディのフラッグシップスポーツカーです。

アウディR8の重量税、環境性能割、翌年の自動車税は以下のとおりです。

5.2FSIクワトロ

・自動車税:87,000円
・重量税:49,200円
・環境性能割:743,900円
合計:880,100円

アウディR8は一切の減税を受けられないことに加えて、車両価格が3000万円を超えるため、他のモデルとは一線を画す税額になっています。


e-tron


アウディe-tronは、アウディ初となる量産型電気自動車(EV)です。

アウディe-tronの重量税、環境性能割、翌年の自動車税は以下のとおりです。

・自動車税:6,500円(概ね75%減税)
・重量税:免税(100パーセント減税)
・環境性能割:免税(100パーセント減税)
合計:6,500円

e-tronは、次世代自動車と呼ばれる燃料を一切使わない電気自動車のため、重量税と環境性能割が免税となるなど大幅な減税を受けることが可能です。


アウディ の買取相場についてチェックする >

アウディの税金が高くなる原因



アウディの税金が高くなるひとつの原因として、13年超のガソリン車にかかる重課制度というものがあります。

重課制度は別名クリーン化税制と呼ばれ、「排出ガス及び燃費性能に優れた環境負荷の小さい自動車は環境性能に応じて税率を軽減するのに対して、新車登録から一定年数経過した環境負荷の大きい自動車の税率を重くする」という税率の特例措置です。

そして、新車登録からディーゼルが11年超、ガソリン車が13年超で、自動車税が概ね15%の重課となります。また、自動車重量税は13年を超えると約39%増税され、18年を超えると13年未満と比べて約1.5倍の増税になります。


税金が高くなる前に売却するのがおすすめ



新車登録から10年以上経過したアウディを所有するユーザーは、13年超などの重課税が始まる前に車の売却を検討されることをおすすめします。

理由は、先述の通り新車登録から11年超、もしくは13年超で、自動車税及び重量税が重課されるためですが、ひと世代以上前のアウディは現在と違って大きな排気量のエンジンを搭載していたモデルが多く、より大きな影響を受けることになります。また、独自の4輪駆動システムであるクワトロを搭載するモデルは、重量が1.5tを超えている場合が多く、重課の影響を受けやすいと言えます。

もちろん、次のユーザーの心理を考えても、例えば重課税が始まるまでに2~3年期間がある車両と、既に増税が始まっている車両では全く価値が異なります。つまり、増税がはじまる前に売却するのがベストなタイミングと言えるのです。


アウディを高く売るなら外車王がおすすめ



アウディの購入する際に税金と合わせて考える必要があるのが、できる限り今乗っている車を高く売却して、アウディを購入するための資金を少しでも多く手に入れることです。

そこでおすすめしたいのが輸入車専門買取の外車王です。外車王は、高年式のアウディの買取はもちろんのこと、10年目を超えたぐらいの少し古いアウディの買取も得意としています。また、外車王は二重査定を行いませんので、安心感があるのはもちろんのこと短い時間で車を売却することが可能です。

ぜひ、希望額での買取が実現した際には、お洒落で人気のアウディのSUVを検討してみてください。


税金や他の維持費を踏まえて購入・売却を検討しましょう



ここまで、アウディの全ラインナップの税金について解説してきましたが、アウディのエコカー減税対象車が意外に多いことにおどろかれたユーザーも多いのではないでしょうか。また、車検時に重量税を納めるなど、車と税金は切っても切れない関係です。

税金も維持費の1つと考えてアウディの購入を検討しましょう。

アウディを高く買い取ってもらうには

アウディ を高値で売却したい場合は外車王がおすすめです。輸入車に精通した専門スタッフは アウディ の特徴及びセールスポイントを把握しているため、一般買取店では評価が難しい車種でも正確かつ高額査定を実現します。一般買取店で思った金額が出なかった方、ディーラー下取りに不安のある方、一括査定にうんざりの方など、愛車の価値を少しでも理解してほしいとお考えでしたら、ぜひ外車王にお任せください。

アウディ の買取専門ページはこちら >