輸入車の選び方 更新 2020.11.05 公開 2020.11.05

アウディのメーターが特徴的?デザイン性・機能性・メリットを解説

アウディのメーターは、「機能やデザインが革新的」と評価されています。アウディのメーターには、どのようなアイデアが組み込まれているのでしょうか。アウディのメーターは多くの人から人気を集めているため、その理由について確認しておくことをおすすめします。ここでは、世界が驚愕したと言われるアウディの革新的なメーターの特徴についてご紹介いたします。


そもそもメーターパネルとは


メーターパネルは、運転をするうえで重要なパーツです。車の様々な情報を視覚的に確認できます。どれくらいの速度で走っているのか、燃料があとどれくらいでなくなってしまうのかなどの情報を把握するために欠かせません。
近年、メーターパネルはアナログ仕様のものからデジタル仕様へと進化を遂げつつあります。同時に、デザイン性にも注目されています。また、すぐに情報を把握できるように、視認性に優れていることも求められるポイントの1つです。

アウディのメーターの特徴


アウディのメーターにはどのような特徴があるのでしょうか。アウディに搭載された「革新的」といわれるメーターの特徴についてご紹介します。

車両の情報表示


車両の情報表示では、ドライバーのほしい情報が確認しやすいデザインになっています。エネルギー消費装置、走行情報や燃料消費率などが一目でわかるので、瞬時に車の状態を把握できます。

また、自動運転技術サポート機能の「アダプティブクルーズコントロール」が作動している間も、必要な情報をメーターに表示してくれます。

地図表示


地図表示機能がメーターに組み込まれています。ナビの地図をアウディコネクトと接続して連動できるので、地図を確認しながら走行できます。また、ステアリングに付属したスイッチで地図の拡大・縮小ができるので、安全に使用できるでしょう。

また、Bluetoothを接続すれば、電話帳を開いたりラジオやTVをつけたりできます。

Classicalモードへの切り替え機能


Classicalモードは、デジタルメーターの表示サイズを変える機能です。デジタルメーターの方がデザイン性に優れていますが、アナログなデザインの方が見やすいと思う人もいるでしょう。

Classicalモードへの切り替え機能は、用途に合わせてサイズや表示方法を変えることで、その人にとって快適なドライブを実現してくれます。

アウディメーターの故障の種類




アウディのメーターの故障には様々な種類があります。ここでは、具体的にどのような故障があるのかご紹介します。

物理的な破損


物理的な破損とは、メーター内部が経年劣化でもろくなり、物理的な衝撃によって破損してしまうことです。コードが断線したり、内部機構の寿命が来てしまったりしたときに正常に作動しなくなります。

また、何かの不注意でメーター本体を傷つけてしまったり、破損してしまったりする可能性もあります。このような場合は、メーターを交換してもらいましょう。

計器の数値が動かない(異常な数値になる)


計器の数字が動かなかったり、異常な数値になったりすることがあります。これは、メーター内の基板上にある情報が間違えていたり、プログラムに異常が起きたりしたことが原因です。

このような場合はメーターの交換が必要なため、早めに修理工場やディーラーに持ち込みましょう。

数字が点滅する


数字が点滅する原因は、バックライトが点灯しなくなることです。年式が新しい車のメーターは電気式ため、電気系統に問題が起こるとバックライトが消えて数字が点滅します。スピードメーターの表示がわかりにくくなってしまったり、見えなくなったりするため、事故に繋がる恐れがあります。

エンジンが作動しなくなる


エンジンが作動せず、メーターも表示されない原因は、バッテリー上がりです。
バッテリーに通電してエンジンスタートができれば充電可能なため、まずはロードサービスを呼びましょう。

警告画面が表示される


警告画面が表示されることがあります。警告画面が表示される時は、車に異常が起きているために表示されます。起きてしまっている異常を修理・点検に出して解消してもらいましょう。

もし、何も異常がないのに警告画面が表示された場合は、メーターの故障かもしれません。

バーチャルコックピットのメーターが表示されない


バーチャルコックピットのメーターが表示されない症状が起こります。これは、「ブラックアウト」という現象です。バーチャルコックピットをアップデートすることで改善が期待できます。

液晶画面のドット抜け


ドット抜けは、液晶部分の文字が欠けてしまうトラブルです。ディスプレイに何が表示されているのか分からなくなるため、早めに修理しましょう。

たとえば、大事なエラーメッセージを表示しているのに何が書いてあるのかわからず、異常を早期発見できない可能性があります。

液晶画面のドット抜けの原因は、基盤の不良です。そのため、基盤の交換や分解修理で改善が期待できます。

アウディのメータートラブルの対処法




故障しても、対処法がわかっていれば慌てずに済むでしょう。そこで、アウディのメータートラブルが起こった場合の対処法についてご紹介します。

ディーラーに連絡する


まずは、ディーラーに連絡をしましょう。ディーラーであれば、コンピューターのアップデートのほか、修理部品の発注、修理作業などを迅速に行える可能性があります。

外車修理専門工場に持ち込む


外車修理専門工場に持ち込むのもよいでしょう。外車修理専門工場は、ディーラーと比べて低コストで修理・点検をしてもらえる場合があります。
ただし、部品発注に時間がかかる可能性があるため、時間の余裕をもって修理を依頼しましょう。

自分で修理する


自分で修理する方法もあります。必要な部品を取り寄せて交換や修理をしましょう。ただし、ご自身で整備・修理をする場合は専門知識の習得が必要です。逆に、事態が悪化する可能性もあるので、できれば専門知識のある修理工場やディーラーなどで修理・点検をしてもらいましょう。

メーターの修理費用が高い場合は売却も検討


メーターの修理費用が高くなってしまった場合は、お乗りの車を売却することも検討しましょう。メーターの交換・修理に多額の費用がかかってしまう可能性があります。そのため、メーターを修理したり交換したりせず、車を買い替えてしまった方が良い場合もあるのです。

外車を高く売却したいなら外車王がおすすめ




外車を高く売却したいとお考えであれば、外車王での売却がおすすめです。外車王では、専門知識を持ったスタッフがいるので、どこよりも高く買取ってくれるでしょう。また、親身に対応してくれるので安心して査定を出すことができます。

アウディの革新的なメーターを試乗で体験してみましょう


アウディの革新的なメーターは、デザイン性と機能性を両立したメーターです。ドライバーが、車の運転を快適に行えるよう、メーターがサポートをしてくれます。今後、様々なメーターが発表されていくと思いますので、メーターパネルがどのように進化していくのか期待したいところでしょう。

[ライター/外車王SOKEN編集部]

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。