アイキャッチ画像
中古車の魅力

更新2021.05.10

高級車メルセデス・ベンツの面目躍如。メルセデス・ベンツ 500SEの魅力

ライター画像

外車王SOKEN編集部

高級車メルセデス・ベンツの面目躍如、ドライバーズ・セダンの正統を具現化した500SEとは



これまでのSクラスの中で一番売れたW126。生産終了から四半世紀の時が過ぎても高い人気を誇る、その魅力とは何なのでしょうか?


メルセデス・ベンツがまだまだ神話だった頃。なんて書くといろいろと問題がありそうなんですが、実際にコストをあまり意識しないでよいものを造っていた時代のベンツはよかったと、いまでも言われてますよね。


「最善か無か」(Das Beste oder nichts.)っていうことで、妥協しない車造りの理念を掲げていたメルセデス・ベンツ。たとえばものすごく手の込んだシート一つをとっても「ああ、あの頃のベンツにはドイツ車の良さが溢れていたよねぇ」なんて語り継がれたりしているわけです。


メルセデス・ベンツ 500SEの魅力



▲シンプルかつ視認性の高いメーター。ドイツ車はやっぱりVDO


そんなベンツが1979年から1991年まで生産していた、W126と呼ばれるシリーズがあります。これはいわゆるSクラスの二代目にあたります。その中で、ドライバーズセダンとしてのフラッグシップがこの500SEでした。


値段でいうと500SELの方が高いのですが、この「L」はロングということで、つまりボディが14センチ長くて後席が快適ですよ、っていう以外とくに変わるところもなく、いわゆるショーファードリブンのクルマがSELという棲み分けであって「どちらがより高級か」というものでもないからです。


生産終了からもう四半世紀以上経つW126ですが、一説(って、Wikipedia情報なんですが)によると、今もワンオーナーで乗り続けられている個体が二割も居るのだそうです。ここ「要出典」とか書かれてませんので、たぶん本当なんでしょう。 



▲最上級グレード500、560に標準装備されていたヘッドライトワイパー


全長5020ミリ、全幅1820ミリのサイズのわりに、重さは1.7トンで意外と軽いです。いや、決して軽いとは言えない数字ですが、次期モデルのW140型では2トンを超えてきますので、それを考えると軽いと言ってよいでしょう。R35型のGT-Rと同じくらいですね。比較対象としてなんでやねん感はありますが、ちょっと意外な感じで。


排気量5リッターのV型8気筒OHCエンジンは255PSを発生し、見かけよりもクイックなハンドリングと相俟って「ドライブが楽しいクルマ」です。シンプルで上質な内装、過剰なところのない装備、「正しくまじめに造られたドライバーズセダンというのはこういうものだ」というメルセデス・ベンツの主張がそこかしこに見えるような気がします。



▲非常にわかりやすく操作性のよいパネル。過剰な装備はなくあくまで上質


このモデルが発売された頃には、日本ではまだ珍しかったABSやトラクションコントロールも、しっかり装備されていました。また、エアバッグやプリテンショナー付きシートベルトは火薬取締法に抵触するということで、当初は日本仕様車では外されていましたが、1987年に認可されて以降装備されるようになりました。この辺り、近代の自動車の歴史を感じますね。



▲押し出しの強い「顔」。これがミラーに写ったら速やかに道を空けること


W126は13年間で89万2123台売れました。Sクラスとしてはトップの人気です。売られていた時期の後半、日本ではバブルの時代だったので、とくに良く売れたと思われます。実際、街でよく見かけました。しかしこの500SEは、その中でもちょっと珍しいモデルでした。やはりこのクラスのクルマを買う層となると、自分で運転しない人が多く、どうしても500SELや560SELが選ばれることが多かったのでしょう。また、選択肢に560があるとあえて500を選ばない、という「一番高いやつを買っとこう」的な傾向もあったんじゃないかと思います。


そう考えるとこの500SEは「しっかりと目的を持って選ばれるモデル」と言えるかも知れません。



▲ボディ同色ドアミラー。ドイツ車らしい造形


メルセデス・ベンツ Sクラス の買取相場についてチェックする >

最後に、メルセデス・ベンツ 500SEとは


機動力、居住性、耐久性。その高品質でメルセデス・ベンツが高級車としての地位を確立した、そんな時期に生まれた至高のドライバーズセダン。ドイツ車がまだコストダウンとは無縁だった時代、しっかりお金をかけて造られた500SEは、この先もずっと乗り続けられる「一生モノ」の夢を見せてくれることでしょう。 

メルセデス・ベンツ Sクラスを高く買い取ってもらうには

メルセデス・ベンツ Sクラス を高値で売却したい場合は外車王がおすすめです。輸入車に精通した専門スタッフは メルセデス・ベンツ Sクラス の特徴及びセールスポイントを把握しているため、一般買取店では評価が難しい車種でも正確かつ高額査定を実現します。一般買取店で思った金額が出なかった方、ディーラー下取りに不安のある方、一括査定にうんざりの方など、愛車の価値を少しでも理解してほしいとお考えでしたら、ぜひ外車王にお任せください。

メルセデス・ベンツ Sクラス の買取専門ページはこちら >