自賠責保険証明書(自賠責保険証)を紛失したときはすぐに再発行しないと違法になる

自賠責保険証明書(正式名称:自動車損害賠償責任保険証明書)は、自動車を運転するときに必ず備え付けておかなければならない書類です。万が一、自賠責保険証明書を紛失したり汚損したりした場合は、再発行する必要があります。ここでは、自賠責保険証明書を紛失したらすぐに再発行すべき理由や、再発行の方法を詳しくご紹介します。

自賠責保険証明書の再発行が必要な理由


自賠責保険証明書は、車両に備え付けておくことが法律で義務付けられています。自賠責保険証を不携帯で運転すると、30万円以下の罰金が科されます。さらに、自賠責保険に加入せず、自動車を運転してしまうと、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に加え、違反点数6点(免許停止)と厳しい処分を受けます。そのため、自賠責保険証明書を紛失した場合にはすぐに再発行しなければならないのです。



自賠責保険証明書の再発行の方法


自賠責保険証明書の再発行は、保険会社に依頼します。加入した保険会社がわからない場合は、車を購入したディーラーや販売店に確認しましょう。

ただし、個人売買などにより自身で手続きした場合には、どの保険会社に加入しているか、自賠責保険を取り扱う保険会社に問い合わせるしかありません。

該当車両を探す際には、「ナンバープレートの番号(登録番号)」や「車体番号(フレームナンバー)」が必要です。自賠責保険を取り扱う保険会社は、自賠責保険ポータルサイトに掲載されています。

自賠責保険ポータルサイトはこちら



自賠責保険証明書を再発行する際の必要書類


自賠責保険証明書の再発行には、さまざまな書類が必要です。また、再発行の理由が「紛失や盗難」と「汚損や損傷」で必要書類が異なります。それでは、自賠責保険証明書の再発行手続きに必要な書類について、詳しくみていきましょう。

自賠責保険証明書を紛失した場合


紛失や盗難などにより、自賠責保険証明書を再発行する場合は、次の書類が必要です。また、保険会社によっては契約内容の確認のために、車検証情報が必要になる場合もあるため、念のため車検証も準備しておきましょう。

・印鑑(シャチハタ不可)
・保険契約者本人であることの確認書類(運転免許証、健康保険証、住民基本台帳カード、 印鑑証明書の原本、パスポート、公的な証明書など)
・再発行申請書(保険会社の窓口やホームページにて用意)

自賠責保険証明書を汚染・損傷した場合


汚損や損傷をしてしまい、識別できなくなってしまった自賠責保険証明書を再発行するためには、次の書類が必要です。

・印鑑(シャチハタ不可)
・損傷した自賠責保険証明書

自賠責保険証明書の再発行にかかる費用


自賠責保険証明書の再発行には、基本的に費用はかかりません。しかし、保険会社によっては、費用がかかる場合があるため、事前に確認しておきましょう。主要保険会社の自賠責保険証明書の再発行費用は次のとおりです。

東京海上日動:無料
三井住友海上:無料
損保ジャパン:無料

自賠責保険証明書の再発行にかかる期間


自賠責保険証明書の再発行にかかる期間は、即日~3週間程度です。窓口で手続きする場合は、即日発行されることもありますが、1週間前後かかることが多いでしょう。郵送の場合には、2~3週間程度かかります。

執筆者 :  外車王編集部


輸入車において総合的にサービス展開する外車王の知見を活かし、中古車の購入やお乗り換え、売却に関わる様々なノウハウをプロの視点でお届けしています。

お車の買い替え」を
検討中のオーナー様へ
  • 買い替え時のお車のご売却は、
    下取りより買取専門店が断然オトク
  • 外車王なら輸入車専門だから、
    価値を見極めるノウハウで高額査定