はじめてのチャイルドシート。選び方のポイントを解説

子供を車に乗せるときに使うチャイルドシートは、6歳未満の幼児への使用が法律で義務づけられています。チャイルドシートには、後ろ向きに座らせるタイプや前向きに座らせるタイプなどがあります。チャイルドシートを選ぶときは、どのようなことを気を付ければよいのでしょうか。ここでは、チャイルドシートの種類や選び方のポイントを紹介します。

 



チャイルドシートの種類


チャイルドシートには、新生児から使えるタイプや1歳から使えるタイプがあります。それぞれどのような特徴があるのか詳しくみていきましょう。


新生児から使えるチャイルドシート


新生児から使えるチャイルドシートは、「ベビーシート」とも呼ばれます。対象年齢は0ヶ月~12ヶ月で、制限体重は13kg程度までです。ただし、成長の早さに応じて早期にチャイルドシートへの買い換えが必要になる場合があります。


1歳から使えるチャイルドシート


1歳から使えるチャイルドシートは、座席の幅が狭く、長さが短い子供用のシートです。多くのチャイルドシートは、背もたれが長くとられ、頭部まで保護するタイプとなっています。


チャイルドシートの選び方・ポイント


チャイルドシートを選ぶときは、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。チャイルドシート選びに失敗しないためにも、選び方のポイントを確認しておきましょう。


取り付け方式を確認する


チャイルドシートは、取り付け方の違いによって、「回転式」、「5点ハーネス式」、「インパクトシールド式」、「ISOFIX」の4つに分類されます。チャイルドシートは、シートの脱着が簡単で、軽量なものを選びましょう。手軽に脱着できれば、シートをこまめに掃除しやすいです。


ここからは、取り付け方式ごとの特徴やメリット・デメリットを紹介します。


回転式


回転式のチャイルドシートは、シートを360度回転できるため、容易に子供を乗せ降ろしできます。左右の幅が限られている駐車場でも乗降させやすいでしょう。ただし、シート本体が回転しないチャイルドシートよりも大きくて重いものがほとんどです。そのため、チャイルドシートを頻繁に脱着しなければならない場合には、あまりおすすめできません。


5点ハーネス式


5点ハーネス式のチャイルドシートは、両肩・左右のお腹まわり、股下をベルトで固定するタイプです。ベルトの数が多いため、体にかかる衝撃や負担を分散できるといったメリットがあります。しかし、ベルトの締め付け具合が緩すぎると子供が抜け出してしまうケースもあるようです。5点ハーネス式は、よく動く時期でもある1歳~4歳の幼児に最適でしょう。


インパクトシールド式


インパクトシールド式は、衝撃を緩和するクッションをお腹まわりにあて、シートベルトで固定する仕組みです。チャイルドシートへの乗降が容易なことと、5点ハーネス式に比べて価格が安い物が多いことがメリットです。首を支えないものが多いため、首が座った子供に使用した方がよいでしょう。


ISOFIX


ISOFIX(アイソフィックス)は、チャイルドシートを金具で固定する仕組みです。脱着が容易でありながら、確実な固定ができるといったメリットがあります。しかし、ISOFIX対応の金具がシートに装着されていなければ装着できません。ISOFIXはチャイルドシートの取り付けや固定が正しくできるか不安な場合に最適です。


シートの素材を確認する


シートの素材は、実際に触って確認しましょう。新生児や幼児は、汗をかきやすいため、吸水性が高く、早く乾くタイプが最適です。また、通気性に優れたメッシュタイプも選択肢の1つです。


クッション性を確認する


クッション性は、座り心地に影響するだけでなく、体を保護する大切な要素です。衝撃や振動を吸収しやすい素材を使用しているものをおすすめします。ベビーシートは、クッション性に優れ、新生児の体を包み込む形状の物を選びましょう。


サンシェードが必要かどうかを考える


サンシェードは、直射日光を防ぐための装備です。春から夏にかけては紫外線量が増加するうえに、日差しが熱くなるため、子どもが快適に過ごせなくなる恐れがあります。また、冬でも日差しがまぶしく感じることがあるでしょう。これらを踏まえ、サンシェードが必要かどうか考えてみてください。


安全基準を満たしているものを選ぶ


チャイルドシートには、安全基準が定められています。安全基準を満たし、認証を受けたチャイルドシートには、「Eマーク(E43)」または「R129」が付されるため、マークがあるかどうか確認しましょう。

執筆者 :  外車王編集部


輸入車において総合的にサービス展開する外車王の知見を活かし、中古車の購入やお乗り換え、売却に関わる様々なノウハウをプロの視点でお届けしています。

お車の買い替え」を
検討中のオーナー様へ
  • 買い替え時のお車のご売却は、
    下取りより買取専門店が断然オトク
  • 外車王なら輸入車専門だから、
    価値を見極めるノウハウで高額査定