FFのメリットデメリットとは?なぜ、ベンツとBMWは伝統を捨てFF化を図ったのか?

FFとは、フロントエンジン・フロントドライブの略したものです。近年では、国産車のほとんどのモデルで採用されているのはもちろんのこと、メルセデス・ベンツやBMWなどの輸入車でも目立つようになってきました。ここでは、FF車のメリット・デメリットやドイツ勢が伝統のFRを捨てた理由などについてご紹介させていただきます。

FF車のメリット

FF車のメリットは、室内を広く取れ車両重量も軽く抑えることが出来ることです。さらに、プロペラシャフトがなく簡素なリアサスペンションでも性能を発揮することが出来るため部品点数が少なくコストを抑えることが出来ます。昔よく言われフロントで車を引っ張るため雪道や雨でも強いという話しは、最近ではあまり聞かなくなりました。当然、FR車も年々進化してその差は徐々になくなってきておりますので、それがFF車は悪天候で強いと言われなくなった理由かもしれません。

そして、このメリットを無視出来なくなってきたメルセデス・ベンツやBMWが伝統のフロントエンジン・リアドライブ(FR)を捨てFF車のラインナップをどんどん増やしております。具体的には、メルセデス・ベンツのA/Bクラス、CLAクラスやBMWの1/2シリーズ、X1/X2などです。もちろん、Cクラスや3シリーズがFFに切り替わることはありませんが、今の勢いを見ていると10年後はわからない状況です。

参考:メルセデス、ベンツの買取については メルセデス・ベンツの買取専門ページ からお問い合わせ下さい!

FF車のデメリット

FF車のデメリットと言えば、重たいものがエンジンルーム内に集中しているため、アンダーステアが強いことです。あわせて、加速時は重心が後方に移動するためトラクションが不足します。しかし、現在FFでラインナップされているモデルでデメリットを探すことは不可能に近いかもせれません。強いて言うなら300ps以上のハイパワーには対応が難しいことと、テールスライドによりクルマの向きを変えることが出来ないことくらいです。つまり、公道においてはデメリットは存在せず、前述のメリットによる恩恵だけが残るわけです。

たしかに1980年代のFF車はクセが強く、乗り易さの点ではFR車に大きく劣っておりました。1990年代に入るとクセが強いモデルもなくなり、小型車の主導権を完全に握ることになりますが、交差点で少し多めにアクセルを踏み込むと内側のフロントタイヤが空転してまともに前に進まないというような、まだ運転する楽しさを欠いたモデルがほとんどだった時代でした。ところが、1990年代後半に入るとLSDや車体の改良でFR車を上回るハンドリングや速さを持ったモデルが登場します。その後もFF車の技術の進歩は目を見張るものがあり、それがメルセデス・ベンツのA/BクラスやBMWのX1/X2が、伝統のFRを捨てFF化図った理由ではないかと言われています。

BMWミニで培ったFF車のノウハウ

2019年にBMWの1シリーズがFF車となり話題になりましたが、試乗されたお客様は、おそらくその完成度の高さに言われなければFF車とわからないという感想を持たれたはずです。ではなぜ、FR車一筋で生きてきたBMWが急に完成度の高いFF車を造ることが出来たのでしょうか?理由は、グループ会社のBMWミニと共通のプラットフォームを採用したためです。実際FF車の技術は非常に難しい部分があり、BMWミニのデビュー当時はパワーユニットすらなく、なんとクライスラーとの合弁会社で製造されたエンジンを搭載しておりました。つまり、2001年からBMWミニによって開発が進められ、20年近く経ってやっとFR車と同等のレベルに達したということになります。そして、このことはBMWに限ったことではなく、初代 メルセデ・スベンツ Aクラス(1997年 ~ 2005年)の走行テスト時における横転事故はあまりにも有名です。

FF車の代表的モデル

FF車の代表的モデルといば、ニュルブルクリンク北コースにおいて、ホンダシビック・タイプRの記録を破り市販FF車世界最速タイムの7分40秒1を叩き出したルノー・メガーヌR.S.の最高峰モデル「トロフィーR」です。奇しくもFF車の最新技術は、F1でライバル関係だったルノーとホンダが争っていることになります。

そして、その「トロフィーR」のスペックは、先ずパワーユニットが、直噴1.8リッター直列4気筒ターボをベースにターボチャージャーや排気系を中心としたチューニングが施され、最高出力300ps/6000rpm/最大トルク40.8kg・mを発生しています。次に車体面の方は、ノーマル比8kgの軽量化を実現したカーボンボンネットの採用などにより、合計で130kgもの減量に成功しています。実は、5ドアにもかかわらず後部座席が存在しておらず、ルノーのFF車最速への執念を感じずにはいられません。

2019年12月には、谷口信輝のドライブにより、筑波サーキットにおいて1分3秒591を記録しておりますが、このタイムの凄さは最大出力480psのポルシェ911ターボ(Type 997)よりコンマ5秒速いと言えばおわかりいただけただけるのではないだろうか。

まとめ

今回は、FF車のメリット・デメリットを中心に色々とご紹介させていただきましたが、ルノー メガーヌR.S.「トロフィR」の筑波1分3秒台というタイムが示すとおり、FF車は最高出力300psまでであれば、最も優れた駆動方式と言っても過言ではありません。しかし、国産コンパクトカーのような単なるコスト重視のクルマ造りでは、この先もFR車の魅力に追い付くことは出来ません。そのコスト重視の象徴とも言えるトーションビーム式サスペンションもFF車世界最速のルノー メガーヌR.S.「トロフィR」にも採用されており、要は考え方次第なのです。メルセデス・ベンツやBMWのFF車には、まだまだ伸びしろがあるのは確実です。ぜひ国産メーカーにはFF車で世界の販売台数をリードしてきた意地を見せていただき、しのぎを削って国産車と輸入車が共にレベルアップを図っていただくことを願わずにはいられません。

[ライター/外車王編集部]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。 cta
twitterシェア facebookシェア