ベンツの処分方法を教えます。ベンツを処分するよりもお得な方法

日本国内において、メルセデスベンツは普遍的な人気があり、長い歴史の中で培われてきた技術とひと目みるだけでわかるデザインコンセプトなどによる個性の強いデザインは、日本では特に価値を感じる方も多いと思います。しかし、その一方で、日本国内でベンツに乗っていると、不便こともあるようです。

ベンツを手放す人が増えている!?

ベンツは、実際に乗ってみるといろいろなデメリットに気が付きます。これあくまでも一例ですが都心部は別として、国産車に比べてディーラーが少なく、購入後のアフターサービスに不安が残るということがあります。故障してしまったときには地元の修理工場でも国産車と変わらずに対応してもらえ〇すが、古いモデルなどではなかなか純正パーツが手に入らないことにも不便さを感じるかもしれません。また、とりわけ並行輸入車である場合は、メーカー保証を受けることができないかもしれない点も大きなデメリットとなります。

また、ベンツに乗るなら「左ハンドル」だらうと思って購入したものの、実際に運転してみると、駐車券を取りづらいなど、細かな点で不便さを感じるという声もよく聞きます。さらには、ガソリン車の多くが無鉛プレミアム仕様(ハイオク)であり、ランニングコストの面で負担が大きく、次第にメルセデスベンツを重荷に感じてしまうケースもあるようです。

これらのデメリットが積りに積もってベンツを手放したいと考える人がいるのも事実です。せっかく手に入れたベンツですが、どのように処分するのがベストなのでしょうか。

ディーラーの下取りでは高値は期待出来ないという事実

では、実際にベンツを処分するには、どのような方法があるのでしょう。まずは、新車に買い替える際に、ディーラーの下取りに出すことが考えられます。新車の購入を検討している場合には、もっともオーソドックスな方法で、手間もかからず一番負担が少ない方法ですが、ベンツのような輸入車の場合はそれなりのデメリットもあるのです。

ディーラーは、あくまでも新車の販売が重点を置いており、下取った車を売ることで利益を出そうとしている訳ではなく、下取り額は一般的な中古車業者の買取額に比べて、通常は低めとされています。査定の際には、マイナスポイントは重視されるわりに、プラスポイントは査定に汲み取ってくれないことも多いのが現状です。せっかく高いお金を出して買ったベンツなのに、これではちょっと残念。しかも国産車ディーラーであればモデルごとの仕様や特徴、そしてセールスポイントも理解できない場合もあり、できるだけ高い値段で売ろうと考えている場合に下取りは不向きだといえます。

ベンツは買取業者に買い取ってもらうのがおすすめ

乗らなくなったベンツを下取り以外で処分方法する方法としては、中古車買取業者に買い取ってもらうというのがベストとなります。今、日本には無数の中古車買取業者が存在し、一昔前と違い、海外にも販路を築くことができていることを背景に中古車買取市場は活況になっています。

買取では、下取りに比べて、より細かな点まで査定してもらえることと、中古車買取業者は、とにかく「売れる車」を探しています。このため、マイナスポイントだけではなく、プラスポイントも重用視しています。特にベンツのような人気車種である場合、その魅力は高く評価されます。また、新車での輸入車人気が高まってきていることもあり、国産車と比べて割高感があるベンツを中古で購入したいという人も多く、買取業者では人気のあるベンツを歓迎する傾向にあります。

特に外車を専門に扱うような業者では、改造して付加価値を付けてから中古車として売り出すような専門店もあり、下取りなどでは敬遠される古い年式のメルセデスベンツでもそれなりの金額で売れる可能性は十分にあると見ています。また、国産車にはないベンツの特徴として、モデルチェンジが少ないことも買取に対してはアドバンテージとなり、すぐに新しいモデルが出てこないため、買取金額が長く安定しているのも特徴となります。

ベンツに適した業者を見つける

ただし、ベンツは、国産車よりも扱うのが難しいことが多く、通常の中古車買取業者よりも専門性が問われる部分もあります。そのため、常にベンツを得意としている業者を効率よく探すことが重要になります。方法として、一括簡易査定サイトを使ってみるのも一手ではないでしょうか。国産車と比べてベンツはこうした専門の業者間で査定額の幅が広がりやすく、専門性を持たない業者と大きく分かれるので、こうした一括査定サイトはそれらを判別するのに役に立つのです。ただし、一括査定サイトは、車の売却にあたって、複数の業者に査定を依頼することになるので、多くの業者から営業電話やメールが入り、それに対応しなければならないことも覚えておきましょう。また、見積もりは、多くの業者で出張であっても無料で行ってくれますが、無用なトラブルを避けるためにも事前にネットや電話で確認しておいた方がいいでしょう。

不要になったベンツを高額買取に繋げるポイントとは

人気の車種であれば、当然価値は上がるのはベンツでも国産車も同様です。また、車の年式と走行距離も重要なので、処分を思いついたらなるべく早く買取業者への売却を考えるようにするのが高額買取のポイントとなります。

また、車の外観を傷つけないようにするのは当然のことですが、車内も普段から清潔な状態を保つように心がることが、ベンツのような高級車には外観以上に重要となります。本査定に出す前には、洗車や室内の掃除などをするようにし、査定インの印象をよくするのも必要です。

さらに、室内の異臭も大きなマイナスなポイントになります。禁煙車というだけでプラスになる時代は過去のもので、喫煙者は例えわずかな残り香であってもマイナスされます。販売する際には喫煙者であることを明記するルールがあるからです。なお、ペットの匂いに関しても同様ですので、こまめな換気を日常的に心がけるだけでも売却時に大きな金額の差が出る可能性があります。

また、外車専門の買取業者では、通常の買取業者ではなかなかプラスにならないどころかマイナスされるケースもある非純正パーツを政党に評価してもらえることも多く、業者によっては、むしろそれがアピールポイントへつながることもあるので、あきらめずに評価してくれる業者を見つけましょう。

自分で廃車にするより業者に頼む方が得

古くなったり、動かなくなってしまって乗らなくなったベンツを、自分で解体業者に持ち込んで、解体してもらい廃車にしてしまう方法もありますが、他に運輸局での廃車の手続きなど非常に手間がかかることになります。自分ではもう価値がないと思っても、買取業者に引き取ってもらえば買取金額が発生する場合もあったり、引き取り料金も手続きの費用もいらない業者もあり、どんな状況であっても数万円の買取金額を提示してくれる業者もいます。自分で廃車にするメリットはなく、金銭や手間の面でも買取業者に売却するほうがメリットがあると言えます。 もし、近場に買取業者がないというような場合でも、全国ネットで出張査定サービスを行っている業者も数多くあるので利用してみた方がいいでしょう。

まとめ

安全性が優れているベンツは、年式が古くても根強いニーズがあるので、あきらめずに適切で納得のいく業者を選ぶ必要があります。そして、もう一度ベンツに乗るのも国産車にするのもあなた次第ですが、少しでも多くその足しになるように高額買取をあきらめずにアピールしてみましょう。

[ライター/外車王編集部 画像/fotoAC]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。 cta
twitterシェア facebookシェア