フォルクスワーゲン ゴルフカブリオ クラシックラインの魅力

ジウジアーロデザインのコンパクトハッチバック、初代ゴルフの魅力を湛えた小粋なカブリオレ

あまりにも売れたビートルの後継車、フォルクスワーゲン・ゴルフの原点はやはり初代モデル。今回はそんな魅力溢れる最終型カブリオレをご紹介いたします。

フォルクスワーゲン ゴルフカブリオ クラシックラインとは

フォルクスワーゲン・ゴルフが生まれたのは1974年。それまで戦後売れ続けていた偉大な先代、タイプ1ビートルのせいで(?)フォルクスワーゲンはその頃新型車が出ず、市場に後れを取った形になっていました。そこで、時代に合わせたモダンなそして実用的なモデルを、ということで開発されたのがゴルフです。

タイプ1ビートルのRRとは真逆なFFのレイアウト、丸くてかわいいボディとは対極な四角く直線的なデザイン、モダンな水冷エンジン。もしかして、あえて全部逆に振ってみた?と言いたくなるくらいの変わりようですが、「とにかく頑丈で実用的でコンパクト」というコンセプトはまったく「フォルクスワーゲン」そのものと言えるでしょう。

フォルクスワーゲン ゴルフカブリオ クラシックラインの魅力


▲70年代を感じさせるモダンなメーター周り

ゴルフというと普通一番に思いつくのはスポーツのゴルフでしょう。しかしこの車名の由来は、「ドイツ語で「メキシコ湾流」を示す「Der Golfstrom」(デア・ゴルフシュトローム)から」(Wikipediaより)です。また、「ゴルフ」という車種は世界中で生産された台数でカローラに続く第二位というものすごいヒット作です。何回ものモデルチェンジを経て今も造られ続けていて、現行のゴルフは実に7代目です。


▲オリジナルのステアリングは、経年劣化も見受けられない。

ただし、当初はコンパクトな大衆車として生まれたゴルフも、モデルチェンジの度に大きく豪華になっていって、値段も上がっていきました。それで下にコンパクトなポロが出来て、さらにポロも大きくなってきたのでルポが出来て、という流れはちょっと日本車とかぶるような気がします。たとえば、最初は小粋なライト・ウエイト・スポーツだったホンダCR-Xがモデルチェンジの度に大きくなって、最後にデルソルになったように。さらに世界一の販売台数のカローラも、次のカローラスポーツでは横幅が1800に迫る大きなクルマになるようですし。モデルチェンジごとに新しく、より豪華にならないと売れない、という市場の要求がこういう流れを作っているのでしょうね。そう考えると、あえて前モデルよりも小さくしてきたマツダのロードスターはなかなかやるなあ、って気がしますが。


▲ゴルフGTIの流れを汲む四灯式ヘッドライト

話が逸れましたが、ゴルフの初代モデルはジウジアーロのデザインでした。1974年に発売されて、1983年には2代目にモデルチェンジされてしまうのですが、これは社内デザインであると言われています。

しかしカブリオレだけは、その後も1992年に3代目が出るまで、この初代のボディのまま生産され続けます。幌の設計はカルマンで、これは空冷ビートルのカブリオレから続くパートナーです。

カブリオレの最終は「クラシックライン」という限定モデルで、本革張りシート、アルミホイール、メタリック塗装、さらにボディ同色の幌を奢られたスペシャルバージョンでした。またこの時期にはエンジンも1800ccになっていて、軽量なボディと相俟って軽快な走りが期待できます。

3.7メートルちょっとの全長、1.6メートルの全幅。まさにコンパクトな車体を持ったフォルクスワーゲン・ゴルフ。この初代の素晴らしさの中に、2代目で進化した部分を採り入れた、まさにいいとこ取りのモデルと言っていいと思います。


▲最終生産型クラシック・ラインのプレート、幌の製作で永年のパートナーだったカルマンのプレート、特別仕様のアルミホイール

最後に、フォルクスワーゲン ゴルフカブリオ クラシックラインとは

今の交通の流れに乗るのにまったく不安のない性能を持った、初代ゴルフ・カブリオ。また、ドイツでは製造後30年以上でオリジナルを保ってる自動車はHナンバーとして税制上優遇されるので、今もゴルフは相当な数が現役と考えられます。つまり、部品の供給にあまり心配が無いだろうということです。この先もずっと長く乗れるのではないでしょうか。

いわゆる一生モノの夢を見られる、上がりのクルマになり得る魅力を湛えた、小粋で実用的でしかも楽しさを予感させるゴルフ・カブリオはいかがでしょうか。

[ライター/外車王編集部]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 高く売りたいなら一括査定サイトより専門店
  • 高く売りたいならディーラー下取りより専門店
  • 二重査定一切なし(中間マージンがありません)。
大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 30秒で簡単査定依頼、外車王ならしつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速にお伺い!外車専門店だからこそできる査定金額を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることがあります。 まずはお気軽に無料査定を。
お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。
カンタン30秒!
無料査定を依頼する