ライフスタイル 更新 2020.03.14 公開 2020.03.14

なぜ、旧いクルマのデザインは秀逸なのか?[part4:ディーノ206GTと246GTの違いとは?]

妖艶な美しさを放つディーノ。このクルマのヒストリーは、あまりに有名であるがゆえに改めて事細かに書く必要もないだろう。また、スペックを並べてみたり、インプレッション記事を書くこと自体が野暮な行為のようにも思えてくる。そうだとは知りつつも、今回はこれまでと趣向を変えて、ディーノ206GT(以下、206GT)にスポットをあてつつ、ディーノ246GT(以下、246GT)との相違点を解りやすく解説してみることにした。

大人になってから気づく「ディーノの魅力」


フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95
▲ディーノの魅力に気づいたということは、自分自身が大人になったことを知ることを意味するのかもしれない…


幼少期にスーパーカーブームを経験した著者、当時はランボルギーニ カウンタックやイオタ、フェラーリBB,ランチア・ストラトス…などなど、やはり派手目のクルマが好きだった(カウンタックは当然のことながらウイングのついたタイプね。やはり見た目にも迫力ある方が好きだったのかな?)。子どもながらに胸をときめかせて写真を眺めていた。

ところが大人になるにつれて「カウンタックは何が何でもLP400!」と、初期の無駄がなく、シャープなデザインが好きになり、子どものころにはあまり興味のなかったミウラにも惚れ惚れするようになり、そしてディーノの美しさに見るにつれてため息が出るようになっていった。

上京したばかりの頃、走っているディーノを初めて見たときは、バイクでしばらく追いかけた記憶がある。ずっと眺めていても飽きないほどに完成されたデザインは、子どもの頃はそこまで傾倒しなかったのか、今となっては不思議でしかたがない。

フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95

そんなディーノであるが、一般的に知られている「246GT」以外にも、2Lエンジンを搭載する「206GT」があるのをご存知だろうか?

「206GT」は、ホモロゲーション取得用に生産され、152台しか作られていない「超」がつくほどの希少車なのである。

幸運なことに、筆者のまわりには何人かのディーノオーナーがいる。さらにそのなかには、希少な206GTのオーナーもいるので、色々と話しを聞く機会も多い。せっかくなので、206GTと246GTの違いを写真とともにその違いを見ていこう。

なお、246GTの初期型(ティーポL)は、206GTとほぼ同じ仕様で、エンジンの排気量は2418cc、生産台数は357台…といったクルマも存在するため、すべてにおいて確実な相違点と言えないことを先に記しておきたい。

[解説]ディーノ206GTと246GTの違いとは?


フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95
▲これだけのディーノが一堂に会する光景は「壮観」のひと言に尽きる


■基本スペック(以下、写真はすべてイエローが206GTでレッドが246GT)

206GTのエンジンはV型6気筒1987cc。アルミ鋳造のエンジンで、最高出力は185馬力(あくまで公表?)、ボディーもハンドメイドのアルミ製となっている。

フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95
▲ディーノ 206GTのエンジンルーム


一方、246GTは同じV6でもエンジンは2418ccまでスープアップされ、最高出力は195馬力まで引きあげられている。

フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95
▲ディーノ 246GTのエンジンルーム


ここでおそらく「え?10馬力しかアップしていないの?」と思う読者がいるだろう。もしかしたら、この公表は案外正確なのかもしれない。なお、246GTのエンジンは鋳鉄ブロックに、ボディーは鉄製へと変更されている。

筆者は206GTと246GT、いずれの助手席にも乗せてもらったことがあるが、206GTは高回転までキッチリとエンジンを回して楽しめる印象だ。さらに車体の軽さも相まって、まるでレーシングカーのような味付けとでも言うべきなのであろうか…。一方、246GTは重量の増加を感じさせず、低速トルクがしっかりしていて乗りやすい印象だった。特に、コーナーリング性能に関しては(筆者のあまり豊富でない経験のなかではあるが)ロータス・ヨーロッパを唯一上回るのではないかと感じるほどであった。

ディーノ 206GTとディーノ 246GTの細かな相違点とは?


フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95

今回は写真で比較しながら、見た目の違いを見ていこう。当然ながら一番わかりやすいのはナンバープレートだ。5ナンバーであれば206GT、3ナンバーであれば246GTである。確実に見分けられる分かりやすい方法といえるだろう。

ディーノ 206GTとディーノ 246GTをホイールで見分ける


フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95
▲筆者注:5穴のホイールを履くのは246GT(手前)、センターロックの個体は246GTS(奥)である


車両の見た目で、もっともわかりやすいのはホイールだ。206GTはセンターロック、246GTは5穴のホイールだ。

ただ、これに関しては初期の246GT(ティーポ L)にも見られるように、センターロック仕様の個体が存在する。これは海外の話だが、206GTの事故車を「起こ(再生)した」際、センターロックの部品が見当たらず、やむなく5穴に変更して、現在に至るまで部品を探しているオーナーもいるようだ。

他にも、あえてセンターロックに変更している246GTも存在するようで、一概に確実な見分け方とは言えないのかもしれない。

ディーノ 206GTとディーノ 246GTの給油口およびエンジンフード、ドアキーの相違点とは?


フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95
▲ディーノ 206GTの給油口


フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95
▲ディーノ 246GTの給油口


206GTと246GTの決定的にわかりやすい相違点といえば「給油口」「エンジンフード」「ドアキー」だろう。206GTは給油キャップが剥き出しのタイプなのに対して、246GTは給油口に蓋がついている。また、エンジンの熱を排出する排出口の数が206GTは6×2に対して、246GTは7×2と数が増えている。さらに、ドアキーの位置が206GTはエアインテークの内側にあるのに対して、246GTは外の下側に位置している。

いずれも、走っているときに発見した際に見分けるのは至難の業ではあるが…。

ディーノ 206GTとディーノ 246GTのフロントまわり


フロントから見ると、両車にはほとんど相違点が見当たらない。

フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95
▲ディーノ 206GTのフロントまわり


フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95
▲ディーノ 246GTのフロントまわり


ルームミラーが違うかな?と思ったら、オーナーいわく「ディーノにはルームミラーがないので、後からつけたんです」とのことであった。…ということで、前から見た場合に見分けるのは至難の業かもしれない。

*筆者注:246GT最終型のティーポEのみフロントのバンパーの形状が異なる。グリルに回り込んでいないのが分かるはずだ

ディーノ 206GTとディーノ 246GTをリアテール側から見た相違点


206GTと246GTではバンパーの薄さが異なる。206GTの方が薄く、ナンバー灯が埋め込まれている。

フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95
▲ディーノ 206GTのリアテールまわり


フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95
▲ディーノ 246GTのリアテールまわり


また、バックランプは、206GTがバンパー下部分に左右対称に2個つくのに対して、246GTはセンター下に1個へと変更されている。写真では解りづらいがマフラーの排気口も246GTの方が細い。

フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95
▲ディーノ 206GTのリアまわり


フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95
▲ディーノ 246GTのリアまわり


一方で、246GTはホイールベースが60mm長くなっている。その結果、屋根から流れるルーフのフィンが延長された分、リアエンドまで流れずに途中までで終わっている。

さらに、トランクオープナーが室内に変更され、キーで開けるボタンからノブのような形へと変更されている。それに伴い、ナンバー灯の位置も変更されている。

ディーノ 206GTとディーノ 246GTの室内の相違点


室内で特に変更があった部分はヒーターのコントロールスイッチ系だ。

フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95
▲ディーノ 206GTの運転席まわり


フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95
▲ディーノ 246GTの運転席まわり


206GTではコンソール部分に位置していたスイッチ類が、246GTではダッシュボード右側へと移されている。

またボンネットオープナーやペダルのオフセットなど細かな変更も行われている。

最後に


フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95

今回は、調べてもなかなか詳細が見つからない206GTと246GTの細かな相違点をマニアックに解説してみた。

フェラーリ 206GT 246GT ユダ会長 HCC95

ディーノの美しさに魅せられたファンは数多く存在するので、熱心なマニアにとっては今さら…と思う項目があるだろう。ディーノに対する思い入れは人それぞれだろうが、間違い探しのように、写真を隅々まで眺めながら相違点を見比べてみること自体が楽しい行為だし、思わぬ発見や気づきがあるかもしれない。

なぜ、旧いクルマのデザインは秀逸なのか?過去の記事はこちら



https://current-life.com/column/yuda-columm-part1/

https://current-life.com/column/yuda-columm-part2/

https://current-life.com/column/yuda-columm-part3/

[ライター・撮影/ユダ会長]

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。