アイキャッチ画像
ドイツニュース

更新2022.05.17

ボルボ・カーズの4月販売24.8%減、電動車ブランドは18.7%増加

ライター画像

外車王SOKEN編集部

スウェーデン乗用車大手のボルボ・カーズが4日発表した4月の世界販売は前年同月比24.8%減の4万7,150台にとどまり、10カ月連続のマイナスとなった。中国・上海のロックダウンが物流やサプライチェーンに影響し、生産の減少を招いたことが大きい。1-4月期の販売は前年同期比21.3%減の19万5,445台だった。同社は4-6月期の生産状況が「特定の種類の半導体不足」により一時的に悪化するものの、下半期には改善すると予想している。


電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)など充電可能な車種の専門ブランド「リチャージ」は、4月の世界販売の38.4%、欧州販売の51.4%を占めた。



4月の販売台数はすべての市場でマイナスとなった。地域別にみると、主力の欧州市場が23.2%減の1万9,822台となったほか、中国市場も47.8%減の8,579台と落ち込み幅が最も大きかった。米国(9.2%減、1万22台)、その他の地域(7.5%減、8,727台)も振るわなかった。


一方、同月のリチャージブランドの世界販売は18.7%増の1万8,097台に拡大した。伸び率を地域別にみると、最も大きい米国が155.7%増(4,421台)で、その他の地域の45.5%増(2,802台)と続いた。一方、欧州は6.6%減の1万197台、中国は1%減の677台に後退した。リチャージの完全電気自動車(BEV)の伸び率は179.3%で、すべての市場で3ケタ台の伸び率(欧州125%、中国427.8%、米国138.1%、その他の地域865%)を記録している。


3月の販売台数をモデル別にみると、「XC60」(1万4,952台)を筆頭に、「XC40」(1万3,876台)、「XC90」(8,208台)のSUV3モデルが好調だった。


[画像/VOLVO 提供元/FBC Business Consulting GmbH]

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています
輸入車に特化して20年以上のノウハウがあり、輸入車の年間査定申込数20,000件以上と実績も豊富で、多くの輸入車オーナーに選ばれています!最短当日、無料で専門スタッフが出張査定にお伺いします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。