アイキャッチ画像
ドイツニュース

更新2022.01.18

ボルボ・カーズの条件付自動運転機能、米加州にて先行導入へ

ライター画像

外車王SOKEN編集部

スウェーデン自動車大手のボルボ・カーズは5日、条件付き自動運転機能「ライドパイロット」を、米カリフォルニア州の顧客向けに先行導入する予定だと発表した。高速道路での安全性を確認した後、年内発売予定の完全電気自動車(BEV)のSUV旗艦モデルにサブスクリプション機能として搭載する。同社によると、同機能の動作中は「ボルボ・カーズが運転に責任を持ち」、ドライバーが運転以外のことに時間を使えるようになる。



ライドパイロットは同社が自動運転ソフト子会社のゼンスアクト(Zenseact)および提携する米ルミナ―と共同で開発した。ルミナ―の最新のライダー(LiDAR)センサー「イリス(Iris)」など20を超えるセンサー部品で構成され、ゼンスアクトのソフトで制御される。ソフトの更新は無線通信により行う。ボルボ・カーズによると、発売予定のSUVモデルには5つのレーダー、8つのカメラ、16の超音波センサーが搭載されており、ルミナ―のライダーと連携して動作する。


ライドパイロットの機能検証の一環として、同社とゼンスアクトは共同でスウェーデンにて実証走行試験を実施しており、今年半ばにはカリフォルニア州の道路で試験を開始する。機能の安全性が確認され、必要な許認可を取得した後にカリフォルニア州で導入を開始し、その後段階的に世界展開していく方針という。


[画像/Adobe Stock 提供元/FBC Business Consulting GmbH]

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています
輸入車に特化して20年以上のノウハウがあり、輸入車の年間査定申込数20,000件以上と実績も豊富で、多くの輸入車オーナーに選ばれています!最短当日、無料で専門スタッフが出張査定にお伺いします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。