イベント 更新 2015.10.19 公開 2015.04.24

BMWやアルピナも展示!Techno Classica(テクノクラシカ)2015

4月17日にドイツ・エッセン市で開催されたTechno Classica(テクノクラシカ)2015の模様をお届けいたします。
SONY DSC
第2弾はBMW編です。メルセデス・ベンツ編も合わせてどうぞ!

真っ赤なボディカラーが美しい、BMW507。
BMWやアルピナも展示!Techno Classica(テクノクラシカ)2015
プライスタグが掲げられていないので、売り物ではなさそうです。
BMWやアルピナも展示!Techno Classica(テクノクラシカ)2015
最近、全世界的に人気が上昇しつつあるBMW2002も展示されています。
BMWやアルピナも展示!Techno Classica(テクノクラシカ)2015
エンジンルームの状態もご覧の通りです。
BMWやアルピナも展示!Techno Classica(テクノクラシカ)2015
こちらのモデルはBMW 3.0CSでしょうか。
BMWやアルピナも展示!Techno Classica(テクノクラシカ)2015
BMW Z1も展示されていました。”BMW Classic”の文字が見えます。Z1もいつまにかクラシックの仲間入りです。
BMWやアルピナも展示!Techno Classica(テクノクラシカ)2015
BMW Z1ならではの、ドアが上下して乗り降りするという機構に驚かされました。
BMWやアルピナも展示!Techno Classica(テクノクラシカ)2015
アルピナ・ロードスターV8!555台の限定モデルでした。わずかな数ですが、日本にも正規輸入されましたね。
BMWやアルピナも展示!Techno Classica(テクノクラシカ)2015
鮮やかなブルーとベージュのコントラストが美しい内装です。
BMWやアルピナも展示!Techno Classica(テクノクラシカ)2015
リアの眺めはご覧の通り。クルマを知らないひとが見たら、10数年前に発売されていたモデルとは信じられないかもしれません。
BMWやアルピナも展示!Techno Classica(テクノクラシカ)2015
BMWイセッタも展示されていました。しかも、リフトの上に。イセッタ用リフトなんてあるんですね。
BMWやアルピナも展示!Techno Classica(テクノクラシカ)2015
いかがでしたでしょうか?半世紀以上前のクルマでも、BMWと分かるデザインであることは一目瞭然です。時代が変わっても、BMWのデザインアイデンティティーは変わることなく息づいていくのだと実感いたしました。

[ライター/CL編集部・カメラ/ドイツ駐在員]

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。